白髪は切るのが良い!?白髪を切ってくれるサービスがある?

ある程度の年齢になると、白髪が生えてきたことを悩んでいる方も多いでしょう。

白髪を見つけたら、抜くのと切るのではどちらが良い対処法なのか、白髪の予防法はあるのかについてをご紹介していきます。

また、自分では対処できない白髪を目立たなくしてくれるようなサービスがあることをご存知でしょうか?

白髪をどうにかしたい方に嬉しいサービスについてもお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛の量を減らすカットをしてもらうときの注意点!

髪の毛の毛量が多い方は、毎回カットの時にたくさん量を減らすようにします。しかし、ただやみくもに減...

つむじが右巻きか左巻きかで何が違うの?ウワサの真相は?

頭の上、自分で見えないところにあるもの、それがつむじです。つむじには、右巻き・左巻きがあるという...

ビジネスで好印象の髪型は?アラフォーはツーブロックボブに

「周囲に好印象な髪型はどんなものだろう?」や「白髪や抜け毛・薄毛が増えてきた」といった、髪に関する様...

髪の毛をサラサラに!トリートメントの使用方法をご紹介

「サラサラの髪の毛になりたい」と願うのは女性だけではありません。男性でも、ダメージのないサラサラ...

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利ですよ...

あなたは髪の毛が細い?太い?一本一本を強くする方法を伝授

髪の毛一本一本が細いと、髪全体が薄く見えるような気がしませんか?男性からしてみると、髪の毛が細い...

髪の毛がいい匂いだと女性からの好感度アップ?正しい洗い方

女性からすると、ナチュラルにいい匂いがする男性って、それだけで好印象に思えることがあります。よく...

いつも髪型が気に入らないのはなぜ?人気の短い髪型もご紹介

みなさんは髪の毛を切るとき、美容師さんにどのように髪型を伝えていますか?雑誌の切り抜きを持って伝...

前髪はどこまで?プロに聞いたセルフカットの横の幅!

誰もが1度は経験あるかもしれないセルフカット。男性で多いのが「美容室に行くのがめんどくさい」とい...

髪の毛が浮くのをどうにかしたい!サイドが浮く原因と解消法

美容室などでせっかくカッコよくカットしてもらっても、だんだんサイドが浮いてきてしまうということはあり...

髪型のセットはコツを覚えよう!メンズも悩む必要なし!

「朝から髪型がうまくきまらない」と悩む毎日を送っていませんか?メンズの見た目の8割は髪型と服装と...

薄毛改善にサプリが効果的って本当?一部サプリをご紹介

世の健康ブームの到来とともに、市場に出回るサプリの種類も随分と増えたように思われます。「ウコンの...

髪の毛がはねるのが片方ばかり!対処法は?

髪の毛をどんなにストレートにブローしても、いつもなぜか片方だけ外側にはねる人はいませんか。実は、...

汗や湿気で前髪がうねる!改善策やアレンジ方法をご紹介!

汗をかいた日や、湿気が多い日に前髪のセットをしても「崩れてしまった」そんな経験はありますか?男性...

髪の毛の量が多い!量が多くて悩んでいる男性はこれで解決!

男性は女性と違って、「ハゲたらどうしよう」と1度くらいは心配したことがあるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

白髪が生えてしまう原因とは?

年齢が進むにつれて、体のあらゆる所に老化を感じてくるものですが、髪にも白髪が生えているのを見つけてとてもショックを受ける方は少なくないでしょう。

では、白髪が生えるのは、老化だけが原因なのでしょうか。

じつは、そうではなく、白髪が生えるには様々な原因があります。

【加齢によるもの】

白髪が生える原因としては、髪を黒く見せるためのメラノサイトという細胞が年齢とともに減少してしまうためとされています。

【頭皮の血行が悪い】

頭皮が固くなってしまっていると、血流が滞ってしまい、髪にまで栄養が行き渡らなくなるため、白髪になると考えられています。

【ストレス】

精神的なストレスが重なると、自律神経が乱れ、毛細血管が縮小することから血行が悪くなります。

そのため、頭皮や髪へも栄養が行き渡らなくなるため、白髪が生えるとされています。

【睡眠不足】

成長ホルモンが活発になる時間帯(22時~2時までのゴールデンタイム)に睡眠をとれていないと、黒い髪になるための色素の補給ができず、白髪へとつながってしまいます。

【食生活の乱れや栄養不足】

偏ったものを食べていたり、ダイエットなどによる食生活の乱れにより髪に必要な栄養が届かずに白髪になると言われています。

主にこれらのことが白髪の原因とされています。

次からは、白髪は抜くのと切るのではどちらが良いのかということや、白髪を抜いたり切ったりしてくれるサービスについてのお話をしていきます。

白髪を抜くのは良くないこと?!

黒い髪の中に白髪を見つけると、衝動的に抜きたい気持ちになる方が多いことでしょう。

白髪を抜くと増えるという噂は真実ではないとされていますが、抜くことは良いことではないと言われています。

無理に白髪を抜いてしまうと、毛穴や毛根が傷ついてしまい、かゆみや炎症を起こす原因となる可能性があります。

髪の毛は、一つの毛穴に数本が密集して生えているので、毛根のダメージが強すぎると、次に生えてくる髪がくせ毛になって生えてきたり、そこから二度と髪が生えなくなる恐れもあります。

それを繰り返していくと、薄毛になったり、ハゲてしまう可能性も出てきてしまいます。

そのため、たとえ1本白髪を見つけたとしても、1本だけだからと言って抜いてしまうことは毛根や頭皮のためには良くないことなので、避けた方が良いでしょう。

それでは、白髪は抜くことが良くないとしたら、切るのはどうでしょうか。

そして、白髪のためのサービスを行なうようなお店はあるのかどうかということは、後ほどお話しします。

白髪の良い対処法としては「切る」ことが良い?

先ほど、白髪を見つけた場合には、抜かない方が良いというお話をしました。

それでは、白髪をそのまま放置したくない時には、どうしたら良いものなのでしょうか。

白髪を目立たなくさせたい場合の良い対処法としては、「根元から切る」か白髪染めをすることをおすすめします。

白髪が鏡を使用して見える所にあれば、自分でカットすることも可能ですが、身近に頼める家族や友人がいる場合は、頼んで切ってもらうのも良いでしょう。

白髪を上手くカットするには、次のようなやり方がおすすめです。

①見つけた白髪を持ち上げる

②ハサミを適度に開いたまま白髪の根元まで下げていく

③ハサミの刃元に白髪を合わせて、そっとハサミを閉じて切る

※③でハサミを閉じる時には、白髪以外の髪まで切らないように気をつけてください。

この方法で自分で白髪を切ることもできますが、美容院などで白髪を切ってくれるサービスをしてくれるのかどうかについて、次にお話をしていきます。

美容院や理髪店でも白髪を切るサービスはある?

前章では、自分で白髪を切る方法をご説明しましたが、自分では見えない後頭部などに生えている白髪を切るのは容易ではなく、まだ黒い髪の毛まで切ってしまう可能性も大いにあります。

そこで、普段通っている美容院や理髪店で通常のカットをしてもらう時に、ついでにサービスで白髪を切ってもらうことはできないだろうか、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たいていの美容院では、お店のメニューとして白髪のカットというのはありません。

もし、顔なじみの美容師さんがいる場合でしたら、気になっている白髪を切ってもらうことも可能でしょう。

しかし、白髪を切ることをお願いできるのは、1、2本など本数が少ない場合でしょう。

白髪が数十本以上になってくると、手間がかかりますし、美容師さんの通常のサービスにはあたらなくなってきます。

たとえ慣れ親しんだ美容師さんだとしても、その辺りはわきまえた方が良いでしょう。

白髪を切る・抜く専門のサービスを行なう店もある!

お話ししてきたように、白髪の本数が少なければ、自分で切ることや、美容師さんにお願いすることもできるでしょう。

しかし、それができないほど白髪が生えてしまった場合や、人に頼めない方のために、白髪を切ることや抜くことを専門にしたサービスを行なっているお店が都内などにあります。

1時間5,000円~6,000円程の料金で、10分あたり50本~60本を切ることや抜くことができると表示しています。

白髪抜き専門のお店で、プロの方が抜くとは言っても、何本も白髪を抜くことにより、毛根を傷つけたり、炎症を起こす可能性は低くはないでしょう。

そして、切るよりも抜いた方が白髪が目に見えない期間としては長くはなります。

しかし、先ほどお話したように、抜くことによるデメリットもあるので、抜いてもらうには、それを理解してから施術をしてもらいましょう。

頭皮を傷つけたくないという方は、白髪を抜くのではなくて、切る方を選ぶことがおすすめです。

白髪を切るサービスに頼るだけでなく、予防改善をしよう!

白髪を切ることや抜くサービスを利用するだけではなく、白髪対策として、白髪を予防するためにできることもあります。

①食生活を改善する

白髪を防ぐためには、バランスのとれた食事をすることが大切です。

また、白髪の予防に効果的だとされている食材をご紹介します。

1.メラノサイトの活性作用を持つ「ヨード」を含む食品

・昆布、わかめ、ひじき、のりなど
・かつお、さば、いわし、ぶりなど

2.メラニンの生成を促す「チロシン」が含まれる乳製品や魚介類

・チーズ、ヨーグルト、牛乳など
・かつお、まぐろ、ぶり、しらすなど
・アーモンド、大豆、ゴマなど

3.チロシナーゼに必要なミネラルを含む「銅」を含んでいるもの

・ほうれんそう、きゅうり、ごぼうなど
・かつお、ぶり、はまちなど
・さつま芋、そば粉、小麦など

この他にも、ビタミンや亜鉛を含む食材なども白髪の予防に良いとされていますので、それらを含めてバランス良く栄養を補給すると良いでしょう。

②規則正しい時間に睡眠をとる

成長ホルモンが活発になるゴールデンタイム(22時~2時)を含めた時間に眠ることにより、自律神経のバランスを保ち、血行を良くすることへつながります。

③頭皮マッサージをする

頭皮の血行が悪いことも白髪の原因となりますので、頭皮をやわらかくするためにマッサージをしましょう。

シャンプー前やシャンプーをしている時に行なうと効果的です。

④ストレスを解消する

ストレスがたまってくると、自律神経が乱れ、血行や新陳代謝が悪くなりがちです。

自分の好きな趣味に夢中になったり、ウォーキングなど、体を軽く動かすことなどをして、ストレスを軽減しましょう。

白髪を上手く対処し、増えないように予防をしていこう

白髪の原因や対処法、白髪が生えないようにするための予防法についてのお話をしてきました。

白髪を見つけたとしても、無理に抜くことは避け、切るようにすることが、頭皮や毛穴のために良い対処法と言えるでしょう。

白髪の対処法を知るだけではなく、白髪が今後も生えてしまうのを予防するために、自分で日常生活のなかで気をつけられることも実行し、健康な黒髪と頭皮を保っていきましょう。