SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

髭剃り後の嫌な臭いはどこからくる?その原因と対策を知る!

2018.7.3

男性の髭剃りには、一般的にT字カミソリや電気シェーバーが使われていることがほとんどです。

しかしながら、髭剃り後に髭からする嫌な臭い、そしてT字カミソリや電気シェーバー自体からも独特な臭いがするようになり、スッキリするはずの髭剃りも、良い気持ちにはなりません。

なぜ嫌な臭いがするようになるのでしょうか?

そこでこの記事では、その臭いの原因から対策まで、詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りは夜、朝どちらに行う?髭剃りのベストな時間について

男性の場合は、毎日髭剃りを行うのが日課、という方も多いでしょう。 そんな男性の方たちは、朝と夜ど...

髭剃りに使うシェービング剤は泡かジェルどちらがいい?

髭剃りに使用するシェービング剤には、いくつか種類がありますが、代表的なのは「泡タイプ」と「ジェル...

クリームが無くて髭剃りできない!泡立つアレで代用できる?

旅行や出張の際に、普段使っているシェービングクリームをうっかり持っていくことを忘れてしまって、ど...

髭剃りは「ジレット」と「シック」どちらの製品を選ぶべき?

髭剃りで使用するカミソリのメーカーとして、人気を二分しているのは「ジレット」と「シック」ですよね...

髭剃りに使うシェーバーが臭い原因は?重曹で臭いは消える?

髭剃りに使用する「電動シェーバー」がありますが、使用しているうちに臭うことありませんか? また...

髭剃りのオイルに代用できるものは?便利なオイルを知ろう!

「髭剃りのオイルに代用できるものはあるのだろうか?」 毎日の髭剃りに、手軽な電気シェーバーを使...

髭剃りするなら深剃りしたい!電気シェーバーでもできる?

今までは、深剃りをしたいから、髭剃りをする時にはカミソリを使っていたけど、「カミソリ負けをするこ...

髭剃りにシェービングクリームは必要?代用できるものとは?

毎日髭剃りをする男性にとって、シェービングクリームは必需品という方も多いことでしょう。 しかし...

髭剃りで根強い人気!T字カミソリの選び方と剃り方のコツ

あなたは「T字カミソリ」を使って、髭剃りをしていますか? 利便性の高い電気シェーバーが流通して...

髭剃りを飛行機内でしたい!スーツケースでなく持ち込める?

飛行機の出発時間が朝早かったり、忙しくて髭剃りをする時間がない場合に、「飛行機内で髭剃りをしたい...

髭剃りの正しいやり方をご紹介!電動シェーバー派の人必見!

電動シェーバーでの髭剃りは、カミソリに比べて「肌に優しく安全」と言われています。 しかし、正し...

髭剃りの費用を抑えたい!安い価格でおすすめな製品をご紹介

男性にとって、欠かすことができない「髭剃り」ですが、毎日おこなうシェービングには、どうしても費用...

肌に優しい髭剃りには「シック クアトロシリーズ」がおすすめ

毎日の髭剃りでシックのカミソリを使っている方は多いと思います。 世界シェアではジレットに大きく...

髭剃り用カミソリの刃を復活させて長く使おう!その方法とは

髭剃りに使うカミソリ、すぐに切れないと感じることありませんか? 実は、カミソリの刃の寿命は2週間...

肌を傷めずスムーズに髭剃りするコツとは?カミソリ派必見!

男性にとって、毎日欠かせない習慣となっている、「髭剃り」ですが、カミソリを使用している方は多いの...

スポンサーリンク

髭剃り後の髭から嫌な臭いが!この臭いの原因とは?

髭剃りをした後に、髭からする嫌な臭いは一体何なのでしょうか?

髭が臭くなることには、主に二つの原因が挙げられます。

それについて、早速ご説明していきます。

①皮脂

そもそも顔自体は、皮脂が分泌されやすいと言われており、その中でも、特に髭は毛穴の多い場所で、多くの皮脂が分泌されています。

皮脂の分泌量が多い髭では、髭剃りをすることで皮脂が酸化され、それが髭に付着することで嫌な臭いを発生させる場合があります。

また、髭の臭いの原因が皮脂である場合、髭のみならず、特に皮脂を分泌する皮脂腺が最も多い、頭皮からも同様の臭いが発生している可能性もあります。

②傷ついた肌

髭剃りによって傷ついた肌が、嫌な臭いを発生している場合があります。

肌が傷ついてしまうと、その細かな傷から侵入した細菌が、内部で繁殖していき、悪臭の発生源になります。

以上が、髭剃りをすることで発生する、嫌な臭いの原因です。

また、男性の皆さんはご存知の通り、この悩まされる臭いは、T字カミソリや電気シェーバーからも発生してしまいます。

では、なぜ髭を剃る道具からも臭いがしてしまうのでしょうか?

次項で詳しくご説明していきます。

嫌な臭いは髭剃り機からも!臭いがしてしまう原因は?

髭剃りをする上では、基本的にT字カミソリや電気シェーバーを使うことが多いでしょう。

肌の傷つきから考慮すれば、T字カミソリよりは電気シェーバーの方が肌に優しく作られています。

しかしながら、いずれにしても、髭を剃ることによる嫌な臭いは、T字カミソリでも電気シェーバーでも発生してしまいがちです。

では、その原因をご説明してきましょう。

T字カミソリや電気シェーバーの髭剃りは、髭だけでなく、同時に皮膚表面の汗汚れや皮脂を剃っていきます。

そのため、それらが付着したまま放置してしまうと、髭剃りをした刃に菌が繁殖する、更に皮脂汚れも酸化することで、独特な嫌な臭いを発生させます。

特に、顔を洗った後の、肌が濡れている状態で髭剃りをしてしまうと、付着した皮脂汚れが柔らかくなり、いっそう臭いが強くなる傾向があります。

髭剃りは、毎日使うことで皮脂や汚れが蓄積されていくので、T字カミソリの場合は定期的な交換、電気シェーバーの場合には、こまめなお手入れが必要です。

では続いて、まずはT字カミソリの交換についてご説明していきます。

T字カミソリの交換は定期的に!

電気シェーバーよりも、比較的きれいに剃ることができるT字カミソリは、その反面、肌へダメージを与えやすくもあります。

また、電気シェーバーとは違い、交換して使っていく消耗品でもあります。

では、T字カミソリの交換頻度はどれくらいなのか、皆さんはご存知でしょうか?

T字カミソリは、1日1回を目安に使った場合、長く使えても約2週間が限度と言えます。

一般的に、T字カミソリの刃は2~5枚付いており、毎日使っていくうちに、刃は磨耗されていきます。

髭は私達の想像以上に硬い性質をしているので、毎日髭を剃れば、刃にはかなりのダメージが溜まっていきます。

その証拠に、刃こぼれをしたりもするので、そういった場合はすぐに刃を交換することが大切です。

刃こぼれをしたまま髭剃りをしてしまうと、肌に傷を付けてしまい、その傷から汚れや細菌が侵入し、それがまた髭からの悪臭に繋がります。

また、T字カミソリには、毎日の皮脂汚れも溜まっていくので、長く使い続けると臭いの原因にもなります。

T字カミソリは、2週間を目安にした定期的な交換を心がけ、刃こぼれがしたらすぐに交換をしていきましょう。
では次に、電気シェーバーのメンテナンスについて、ご説明していきます。

髭剃り後はこまめに掃除!電気シェーバーの洗い方

前項では、T字カミソリの交換目安についてご説明しました。

では引き続き、電気シェーバーの洗い方のコツについて、見ていきましょう。

電気シェーバーの嫌な臭いを予防するためには、髭剃りをしたらそのつど念入りに掃除することが大切です。

基本的に、電気シェーバーには掃除ブラシが付属されており、刃の間に挟まった髭を取り除くことが可能です。

しかし、臭いの原因である皮脂汚れを、そのブラシで落とすことは難しいので、頑固な皮脂汚れは、十分に水で洗い流すことがベターです。

そして、水で洗い流す際は、できるだけ刃やカバーを取り外して、一方向だけ流すのではなく、多方向から水を流し、お手入れをしましょう。

また、電源を入れながら水で洗い流していくのも、よりきれいに洗える方法の一つです。

ただ、単に水できれいに洗い流すだけでは、臭いの元を防ぐには不十分なので、洗い終わった電気シェーバーを、しっかりと乾燥させる必要があります。

では次に、電気シェーバーの乾かし方をご説明していきます。

半乾きも臭いの原因!電気シェーバーの乾かし方

洗い終わった後の乾かし方と言っても、その方法は、電気シェーバーを強く振って水を切るだけです。

電気シェーバーによっては、刃やカバーを取り外さずに、水洗いするだけでOKとされているものもありますが、分解せずにそのまま放置してしまうと、うまく乾燥されずに内部に水分が溜まってしまい、嫌な臭いの原因になります。

では、順に追ってご説明していきましょう。

①電気シェーバーを振って水分を飛ばす

この際、刃が飛んでいかないように注意しましょう。

②電気シェーバーの電源を入れる

電源を入れて振動させることで、細かく残った水分を飛ばしていきます。

③風通しのよい場所で乾かす

ただし、日光の当たる場所は極力避けましょう。

以上が、髭剃り後の臭いを防ぐ電気シェーバーの乾かし方です。

また、出張先や旅行先で電気シェーバーを使用した際は、ドライヤーの冷風で乾燥させるのが良いでしょう。

しかし、注意してもらいたいのは、電気シェーバーの中には、水洗いが禁止されているものもありますので、必ず付属されている取扱説明書を読んできましょう。

嫌な臭いを徹底的に!重曹を使った電気シェーバーの洗い方

前項では引き続き、電気シェーバーの日頃のお手入れ方法をご説明してきました。

しかしながら、髭剃りはほとんど毎日するものですし、長年使っていると、どうしても頑固な皮脂汚れが付着してしまいます。

そこで、臭いの原因である皮脂汚れを徹底的に落とすために、重曹を使うことがおすすめされています。

その理由として、重曹には、臭いの元である皮脂汚れを分解する作用があり、更に消臭効果も備わっています。
では、重曹を使った、電気シェーバーのお手入れ方法をご紹介していきます。

①電気シェーバーの水洗い後、まずは、分解した刃が全て浸かる量の重曹水を作ります。

【重曹水の対比目安】

・水:コップ1杯
・重曹:小さじ1杯

できるだけ、皮脂汚れが落ちやすいように、ぬるま湯を使いましょう。

③作った重曹水の中に、取り外した刃を浸からせます。

浸けておく時間は、5~10分程度で、汚れ具合を見て調節してください。

④時間が経ったら、重曹の洗い残しがないようにしっかりと水で流し、水分を飛ばして乾かしてください。

以上が、より効果的な重曹を使った洗い方です。

重曹は、100均などでも安価で手に入れることができますので、是非使ってみてくださいね。

気持ちの良い髭剃りをするために

T字カミソリや電気シェーバーの嫌な臭いを予防するには、定期的な交換、日頃のこまめなお手入れが重要であることが分かりました。

これをすることで、髭剃りの肌へのダメージを減らし、また、髭の臭いも比較的抑えることができます。

特に、電気シェーバーの場合は、少しお手入れが面倒かもしれませんが、長くより気持ち良く使うには、できるだけメンテナンスをしていきましょう。

 - 髭の悩み