SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

マウスウォッシュで清潔に!携帯用は薬局でも気軽に購入可能

2018.7.30

自宅で使用することが多い「マウスウォッシュ」ですが、コンパクトなサイズになっている製品を持ち歩けば、外出先でもお手軽に口内ケアをすることができます。

特に出張が多い男性や、旅行が好きな男性にはおすすめのアイテムです。

今回は、そんなマウスウォッシュについての知識や、薬局でも気軽に購入ができる、便利な「携帯用マウスウォッシュ」をご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

舌の筋肉を発達させる運動をして滑舌改善効果を狙う!

コミュニケーションが円滑にできると相手の人に好印象を抱かせやすくなりますし、信頼関係を築くこ...

歯ブラシの消毒は保育園でしてる?子供が使うものは清潔に!

共働きが当たり前になりつつある時代ですね。 それに伴い、子育てに協力的なパパさんも増えてきてい...

男性向け歯ブラシ収納術!吊るすのはアリ?役立つアイディア

歯ブラシをどのように収納したり、置いておくかは人それぞれですが、なるべく衛生的に保っておきたいです...

歯ブラシを清潔に保つことが出来る優れもの!「除菌ケース」

健康な歯を維持するためには、毎日の歯磨きは欠かせません。 しかし、保管の仕方によっては、その歯...

たっぷりついた舌苔の嫌な臭い!その原因と対策を知ろう!

年齢を重ねていくうちに、気になり始める口の臭い。 特に、飲酒が多かったり、喫煙をしている男性に...

マスク姿で接客するのは失礼?マスク許容派が増える理由

以前、接客業をしていたときに、風邪をひいてマスク姿で出勤したら先輩に注意されたことがありました。...

歯ブラシが当たるだけで歯が痛い?それは知覚過敏の症状かも

「歯ブラシが当たっただけで、歯がキーンと痛い!」 日頃、習慣的な歯ブラシをしている中で、そうい...

マウスウォッシュにアルコールの含有の理由!飲むのは危険?

普段、歯磨きの後にエチケットや口内トラブルを防ぐために、マウスウォッシュを使っている人も多いので...

両親の歯並びは子供に遺伝するの?しないの?どっち?

歯並びで悩んでいるかたの多くが、子供に遺伝しないか気になるところですよね。 父方も母方も歯並び...

舌に内出血があるときは放っておいて大丈夫?噛んだ後の処置

歯で舌を間違って噛んでしまった場合、涙がでるほど痛い経験をした男性もいらっしゃいますよね。 そ...

臭い玉を口の中に発見!気になる正体と対処法

疲れが溜まっているとき、口の中、喉の奥に何か詰まっているような違和感を感じて咳ばらいをしたら、白い...

前歯の隙間が黒いのは本当に虫歯?歯と歯の間が黒くなるワケ

男性の皆さん、日頃から歯のチェックをしていますか? 会話中や笑った時など、口元から覗く前歯は、...

歯磨き粉は掃除に使える優れもの!風呂の頑固汚れも落とす!

風呂掃除をちゃんとしていますでしょうか。 「女性に風呂を見られることはないから汚れていても...

高級歯ブラシ「みそか」って!?その実感できる効果とは

歯ブラシといったら、せいぜい高くても300円程というのが一般的なのではないでしょうか。 しかし、...

歯磨き粉のオシャレな収納方法!100均アイテムを駆使しよう

毎日何回も使う歯ブラシの相棒といえば? 歯磨き粉ですよね。 男性のみなさんは、歯磨き粉をただ...

スポンサーリンク

マウスウォッシュには目的別の種類があった?!

知らない方のほうが多いかもしれませんが、マウスウォッシュの種類は、大きく二つに分けることができます。

①洗口液タイプ

主に、歯みがきができないときの代用品として使用します。

口の中をさっぱりさせたいときや、就寝前などに仕上げ剤として使用することもあります。

口臭対策や口内洗浄に効果を発揮し、携帯用としても薬局でよく目にする、一般的なタイプです。

②液体歯みがきタイプ

練り歯みがき粉を液体化したものなので、歯みがき前に使用することが前提です。

研磨剤を含まないので、歯にやさしいのが特徴です。

洗口液タイプと使用方法は同一ですが、ブラッシングをすることにより、はじめて効果を得ることができます。

それぞれのタイプについてご紹介しましたが、目的に合わせて製品選びをしていくことが重要だとわかりましたね。

お口の爽快感を求める方や、「手軽に口内ケアをしたい」という方には、洗口液タイプが適しています。

一方で、「歯にやさしいブラッシングがしたい」という方は、液体歯みがきタイプを選ぶと良いでしょう。

今回の記事では、洗口液タイプの製品をご紹介していきます。

さらなる違い!「医薬部外品」と「化粧品」のマウスウォッシュ

先ほどは、「マウスウォッシュには2種類ある」というお話をしましたが、もう一つ注意していただきたいポイントがあります。

マウスウォッシュは、薬用成分を配合した「医薬部外品」と、一時的な効果しかない「化粧品」に分類することもできるのです。

歯周病予防を目的とした方が、化粧品のマウスウォッシュを使用していては、意味がないのですね。

「虫歯や歯肉炎を防ぎたい」「口内環境を改善したい」という方は、パッケージに「薬用」と表記されている製品を選びましょう。

反対に、厚生労働省から医薬部外品としての承認を受けていないマウスウォッシュは、化粧品の扱いになります。

口臭予防や、口内の爽快感を得るための目的で使用する場合は、化粧品のマウスウォッシュでも問題はありません。

薬局では、比較的安く売られていることが多いので、気軽に試すことができますが、薬用成分の効果を求めている方は、間違って購入しないよう注意してくださいね。

それでは次項から、おすすめの携帯用マウスウォッシュをご紹介していきます。

薬局で購入可能な携帯用マウスウォッシュ~薬用ミニボトル編①~

冒頭でもお話ししたように、携帯用のマウスウォッシュを使用することで、外出先においても気軽な口内ケアが可能になります。

そこで今回は、出先の薬局でも手に入りやすいミニボトルの製品からご紹介していきます。

まずは、歯周病への効果が期待できる、薬用成分を配合したマウスウォッシュを見ていきましょう。

●薬用 リステリン クールミント(100ml)

強力な殺菌効果が期待できる、洗口液タイプのマウスウォッシュです。

「口臭」「歯肉炎」「歯垢」といった、代表的な口内トラブルに対応しています。

さっぱりとしたクールミントのフレーバーで、爽快感を求めている方におすすめです。

●薬用 モンダミン プレミアムケア ミニボトル(80mL)

モンダミンから発売されているミニボトルシリーズには、化粧品に分類されているものもありますが、こちらは薬用成分を配合している、医薬部外品です。

「虫歯」「歯肉炎」「口臭」「歯垢付着」などの予防効果があり、さらには口内の浄化までおこなうので、トータルケアをすることができます。

アルコール成分を含んでおり、刺激は強めですが、ほどよいミントの香料で後味が好評です。

薬局で購入可能な携帯用マウスウォッシュ~薬用ミニボトル編②~

引き続き、薬局でも手に入りやすい、携帯用のマウスウォッシュをご紹介していきます。

使用するタイミングが指定されている製品もありますので、参考にしてみてください。

●薬用 クリニカ クイックウォッシュ(80mL)

歯みがきができないシーンで活躍するマウスウォッシュです。

口に含んですすぐだけで、さまざまなトラブルの原因となる「歯垢」を分解することができます。

携帯歯ブラシを忘れてしまったときや、忙しくて歯をみがいている時間がないときにおすすめです。

天然素材の甘味剤である「キシリトール」を配合しており、虫歯予防の効果も期待できます。

●薬用 GUM デンタルリンス ナイトケア ナイトハーブタイプ(80ml)

歯みがきを終えた就寝前に使用するマウスウォッシュです。

起床後に発生しやすい「口内の不快感」や、「口臭」などのトラブルを防ぐことができます。

さらに、薬用成分による殺菌効果は、「歯肉炎」の改善にも効果的です。

また、アルコール成分が配合されていないので、刺激が苦手な方におすすめです。

出張や旅行の宿泊先で活躍しそうなタイプのマウスウォッシュですね。

薬局で購入可能な携帯用マウスウォッシュ~使い切り編~

ここからは、小分けになっていて便利な、使い切りの携帯用マウスウォッシュをご紹介していきます。

今回も、薬局で気軽に購入することができる製品を選びました。

さっそく見ていきましょう。

●プロポリンス ハンディーパウチ(6包入り)

パウチになっているので、かさばらない上に、使用後すぐに捨てられるのが便利なマウスウォッシュです。

歯みがきだけでは落とすことが難しい、食べカスや汚れを落とすことができます。

口から吐き出すと、汚れが黒く固まった状態で出てくるのが特徴です。

洗浄力が強いだけでなく、「プロポリスエキス」「リンゴ酸」「チャ葉エキス」「キシリトール」などの、歯にやさしい成分を多く含んでいることも嬉しいポイントでしょう。

●ダイト リフルージュ(10個入り)

こちらは携帯に便利な、カップタイプになっています。

5種類のフルーツフレーバー(イチゴ・グレープ・青リンゴ・レモン・ピーチ)があるので、味を変えながら楽しむことができます。

医薬部外品ではありませんので、気分をリフレッシュしたいときに使用してみると良いかもしれません。

自宅用のマウスウォッシュを持ち運ぶには?

これまで、薬局で携帯用に発売されている、コンパクトサイズのマウスウォッシュをご紹介してきましたが、中には「自宅で使っているマウスウォッシュを持ち運びたい!」という方もいるでしょう。

そういった場合、100円均一ショップなどで購入することができる、小さい容器に移し替えてみるのはいかがでしょうか。

やわらかい素材や、蓋がしっかりと閉まらないタイプの容器は避けて、なるべく頑丈な容器を見つけてください。

中には、200mlのペットボトルや、乳酸菌飲料の112mlボトルで代用する方もいるようですが、使用済みの容器を再利用する場合には、衛生面に気をつけてください。

よく洗浄できていないと、カビなどが発生してしまう可能性があります。

マウスウォッシュは、飲み込まずに吐き出しますので、内服するわけではありませんが、口の中に含むものですので、注意したほうが良いでしょう。

携帯用のマウスウォッシュを持ち歩いてみよう!

気軽に持ち運ぶことができる、便利なマウスウォッシュは、忙しい男性におすすめです。

今回は、身近にある薬局でも扱っていることが多い製品をご紹介しました。

これからマウスウォッシュを購入するという方は、よくパッケージや成分表示を確認してから、自分の目的に合わせてチョイスしてくださいね。

 - 口臭の悩み