成人でも後頭部の形が変わる?頭蓋骨の歪みは姿勢にあり!

髪をセットしていると「なんだか後頭部が平らな気がする」「頭の形がいびつだ」と感じたことがある人はいるでしょうか?

それは、「生まれつき頭の形が悪いから」ではなく、姿勢によって、成人男性でも、頭の形が変わる可能性があるのです。

今回は、後頭部が平らになる理由と、姿勢により頭の形がいびつになってしまうお話や、正しい姿勢の立位・座位をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

頭皮のコメド(角栓)はどうして詰まる!?正しい取り方

「頭皮のコメド(角栓)が気になる」、という男性も多いのではないでしょうか。男性は女性に比べると、...

アデノバイタル アドバンストスカルプエッセンスの効果!

資生堂といえば「化粧品」を取り扱っているイメージですが、薄毛・抜け毛予防として、アデノバイタルシリー...

ばれたくない!つむじはげを隠すためのセットのしかたは?

多くの男性の悩みの1つでもある「薄毛」。特に背があまり高くない男性の方は、つむじから薄くなってい...

つむじ近辺や頭にあるツボを押すと得られる効果とは?

突然ですが「頭をほぐす習慣」は、日頃からありますか?私達が私生活を送っていると、スマートフォンや...

いつまでも若々しく!白髪のリタッチをセルフでやってみよう

男性でも白髪が生えていると老けて見えてしまいます。白髪がなければもっと若く見えるという人もいます...

白髪の対策法は?使ってみる価値あり!クリーム業界初の商品

男女ともに、30歳前後になると、白髪が徐々に生えてきた…という方が多いことでしょう。気になる白髪...

髪の毛がいい匂いだと女性からの好感度アップ?正しい洗い方

女性からすると、ナチュラルにいい匂いがする男性って、それだけで好印象に思えることがあります。よく...

白髪に頭皮美容液をプラス!業界初の頭皮ケアで改善しよう

白髪が気になって白髪染めやカラートリートメントを繰り返していませんか?確かに白髪は隠せますが、薬...

見えない後頭部の刈り上げをセルフカットしてみよう!

最近、男性の方に人気の後頭部の刈り上げ。刈り上げてもらうためだけに、毎回美容室や理容室へ通うこと...

頭皮をやわらかく保つにはコラーゲンを増やすことが大切

健康的な頭皮というものは、やわらかい状態です。頭皮が硬くなってしまうと、健康的な髪の毛が生えにく...

頭皮マッサージの効果とは?顔のたるみだけでなく薄毛にも

男性のみなさんは頭皮マッサージをしたことがありますか?美容室などで受けたことがある方もいるかもし...

髪の毛を増やす頭皮マッサージの効果とやり方をご紹介!

髪の毛が薄い男性にとって、少しでも増やすために効果的な頭皮マッサージを行いたいと思っている方も多いこ...

ストレス性白髪の実態!20代の若者に白髪が増えている原因

仕事や人間関係で、ストレスを抱えている方は多くいらっしゃいます。実は、ストレスによって白髪が発生...

白髪は切るのが良い!?白髪を切ってくれるサービスがある?

ある程度の年齢になると、白髪が生えてきたことを悩んでいる方も多いでしょう。白髪を見つけたら、抜く...

白髪染めで厄介な色落ち!タオルに色がついたらどうする?

ある程度、白髪が目立つようになると「白髪染め」が習慣になりますよね。中でも、美容室へ足を運ぶ必要...

スポンサーリンク

平らな頭は幼少期の頃と関係あり!

後頭部や、側頭部など頭の形が、前とはちょっと違うことに気づいたことはありますか?

頭の形が他の人に比べて、いびつであったりすると「赤ちゃんの頃にずっと仰向けで寝かせられていたから」とよくいわれたりもしますね。

しかし、どうして仰向けで寝ていると、頭の形がいびつになるといわれているのでしょうか?

それには理由があり、まず幼少期の頭蓋骨はとても柔らかく、産道を通るために変形できる程だということです。

さらに、仰向けの体勢で長時間寝ていると、後頭部ばかりに重さがかかってしまい、後頭部の丸みを帯びた部分が、平らな形に変化してしまうのです。

そのまま成長が進むと、平らな状態のまま、頭蓋骨の形が決まってしまうことで起こります。

そのため、赤ちゃんの頃は、枕選びやうつ伏せの体勢にすることが大切とされています。

しかし、成人になってからでも、頭の形が変わる可能性があるのです。

それは一体、どういうことなのでしょうか?

成長と一緒に頭蓋骨のパーツの数が変わる!

先ほど「赤ちゃんは、産道を通るために、頭蓋骨の形が変わる」とお話ししました。

赤ちゃんが生まれてくるときは、45個のパーツにわかれている頭蓋骨が、重なり合うことで、産道を通れるようになってます。

一方、成人男性の場合、45個あった頭蓋骨のパーツは、成長する過程でパーツ同士がくっ付き合います。

そして、成長と共に、各パーツの間に隙間を残しながら、28個にまで減ります。

しかし、この頭蓋骨の隙間は、生活習慣によって、ズレや偏りが生じてしまうことがあるのです。

そうなってしまうと、後頭部などの頭の形が変わり、他の体の不調も、一緒に引き起こす可能性もあります。

それでは、どんな生活習慣が原因で、頭の形が変わるのでしょうか?

姿勢が一番頭の形が変わるとされる理由

果たして、どのような生活習慣が、頭蓋骨の隙間に、ズレや偏りを招いているのでしょう。

後頭部などの頭の形が、いびつに変わる前に、原因を知ることが大切です。

一番影響を与えているのが「姿勢が悪い」ことです。

普段、椅子に座っている時は、どのような姿勢を保っていますか?

足を組んだり、頬杖をついていたり、猫背になっていたりなど、姿勢がよくないと頭蓋骨へ変わった力が加わります。

変な力が加わった頭蓋骨のパーツは、間隔が偏ってしまい、頭の形が変わるのです。

さらに、後頭部や頭だけでなく、顔が大きくなってしまったり、顎が出たりなど、顔の形にも影響しかねません。

しかも、体にも影響し、肩こりや腰痛の他に、太りやすい体質になってしまう可能性もあります。

しかし、このような姿勢の悪さからくる頭蓋骨の歪みは、姿勢を正すことで改善されるといわれています。

次項で、正しい立位と座位の姿勢をご説明します。

正しい姿勢を心がけると後頭部などの頭の形が改善される!【立位編】

正しい姿勢を心がけることで、後頭部などの頭の形をきれいに保ち、シルエットのかっこいい男性でいられるようにしましょう。

最初に、立位からご説明していきます。

①肩幅くらいに両足を広げます。

肩の力を抜いて、リラックスしましょう。

②足の裏を床につけたまま、前後に体を揺らします。

最初は、大きく前後に揺れ、次第に小さくしながら、前後へ均等に体重が掛かる所を探しましょう。

③次は、左右に大きく体を揺らして「②」と同じように重心が中央にくる所を探します。

④左右、前後で感じた中心に頭がくるように立ち、頭だけを左回りに小さな円を描くように回します。

頭の重さを利用して回すようなイメージで、次第に全身を使いながら、円を大きくしていきます。

その後、同じように右回りも行ってください。

⑤頭のてっぺんから、天井に引かれるイメージで、背筋を伸ばします。

次に、頭の上に重い物を置かれていることをイメージして、背筋を戻します。

この背筋の伸び縮みを何度か繰り返すと、正しい立位の姿勢となります。

しかし、ずっと意識して正しい姿勢を保つと、最初は体が慣れないせいか「辛い」と感じる人もいることでしょう。

それは、今までの姿勢をキープするために使っていた筋肉と、正しい姿勢に使う筋肉が変わるために生じます。

体が慣れるまでの間は、1日に10分程度でも、正しい姿勢を作るようにしましょう。

正しい姿勢を心がけると後頭部などの頭の形が改善される!【座位編】

姿勢を正すことは、後頭部などの頭の形をきれいに保つこと以外にも、集中力の向上にも繋がるといわれています。

猫背など、良くない姿勢のまま座っていると、肺の広がりが完全ではありません。

呼吸も深くなく、浅い呼吸になってしまい、酸素を多く摂りこむことが難しくなります。

そうなると、体への酸素供給量が減ってしまい、ぼーっとしやすく、集中力が低下することになります。

正しい姿勢で座り、仕事や勉強の集中力を向上させましょう。

①まず、椅子に深く腰掛けます。

②座骨が、椅子の座面にしっかりと当たる位置を見つけ、キープします。

イメージとしては、少し背筋を反るようにして、骨盤をしっかりと立てて座ると、体への負担が少ない上に、正しい姿勢になれます。

椅子に座る前に、少し意識することで、この座位で座る習慣へと変わるでしょう。

その他の後頭部などの頭の形が変わる要因

他にも、頭蓋骨が歪んでしまう原因はいくつかあるので、改善方法と一緒にご紹介していきます。

●噛み癖

食べ物を咀嚼をするときに、頭蓋骨に大きな力が加わります。

きちんと左右の歯で、均等に咀嚼をしなければ、頭蓋骨が歪む原因になります。

そのため、食事の時は左右の歯でしっかり噛み、頭蓋骨への圧力を均等にしましょう。

●ストレス

ストレスもまた、頭蓋骨を歪ませる原因の1つになります。

ストレスを感じることで、交感神経が活発になり、血圧が上昇したり興奮状態へ神経が偏ります。

交感神経が活発な時間が長いと、休息をきちんと取ることができず、常に心身が緊張状態のままになります。

そうなれば、自然と肩こり・腰痛はもちろん、他の体の不調も出てくるのです。

結果として、頭蓋骨にも影響し、後頭部などの頭の形が変わることに繋がります。

しかし、交感神経の働きを抑え、副交感神経を活発にさせることができれば、改善されるといわれています。

主に半身浴、ヘッドスパ、ヨガなど、リラックスできることをすると、交感神経を抑制し、副交感神経を活発にすることができます。

または、軽い運動を定期的に行うとリフレッシュされます。

たくさんの酸素を取り入れるためにも、段差昇降運動や、ウォーキングなどもまたオススメです。

姿勢を改めて健康的な生活を

頭の形が歪んでいる原因は、姿勢が一番大きく関係しています。

そのため、毎日少しずつ、従来の姿勢から、正しい姿勢へと体を慣れさせ、変えていく必要があります。

そうすることで、頭の形はもちろん、肩こりや腰痛など、他の体の不調も改善されることでしょう。

日頃から、意識して姿勢を正し、頭蓋骨の歪みを予防するのもよいでしょう。