SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

肌を傷めず髭剃りをするために!替え刃の交換時期を知ろう!

2018.8.24

男性のみなさんが、毎日の習慣として行なっている髭剃りですが、髭剃りに使っているカミソリや電気シェーバーの「替え刃の交換時期」を意識しながら使っているでしょうか。

交換時期を過ぎた替え刃を使い続けていると、どんなことになり得るのでしょうか。

ここでは、替え刃の交換時期の目安のお話から、替え刃の捨て方、刃を長持ちさせるための方法など、普段何気なく行なっている髭剃りの「替え刃」についてのお話をしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りの疑問「電動カミソリは髭が濃くなる」って本当!?

髭剃りをしているときに「髭の濃さ」が、気になることはありませんか。 朝しっかり髭を剃っても夕方...

深剃りが出来る「髭剃り用カミソリ」正しいやり方はこれ!

毎日の髭剃りにカミソリは欠かせません。 特に髭の濃い方は、電気カミソリではなく、手動カミソリで...

前髪や髪が剛毛・量が多い男性必見!それぞれの解消方法

男性の髪の悩みで「髪が少ない」「薄毛にならないか心配」というのはよく聞きますね。 一方で「前髪...

髭剃り用シェーバーの人気機種はこれ!プレゼントにも最適

男性にとって、髭剃りは日課です。 そんな髭剃りに使う電動シェーバーは、カミソリに比べると価格も高...

髭剃りでおすすめなのは電動?手動?髭が濃い方の悩みを解決

男性の中には、「髭が濃い」というコンプレックスを抱えている方もいますよね。 髭が濃いと、どうし...

種類別髭剃りランキング!おすすめのT字カミソリはコレだ!

毎日の髭剃りに欠かせないT字カミソリですが、どんなものを使っていますか。 年齢とともに、髭の濃...

髭剃りを毎日すると肌によくない?正しい方法で肌を守ろう!

「髭剃りは、毎日するのが日課」という男性は多いと思います。 しかし、髭を剃ったあとに肌がピリピリ...

髭剃り論議!「シック」か「ジレット」か?果たして結論は?

「シック」と「ジレット」の髭剃り論議は、繰り返し行われていて尽きることがありません。 「好みの...

髭剃りするなら深剃りしたい!電気シェーバーでもできる?

今までは、深剃りをしたいから、髭剃りをする時にはカミソリを使っていたけど、「カミソリ負けをするこ...

髭剃りに両刃のT字カミソリはいかが?高級感な見た目が人気

髭剃りに使うT字カミソリといったら、使い捨て、またはカートリッジ式が多いですよね。 しかし、昔カ...

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。 しかし、シェーバーはカ...

「髭剃りについて考える」 あなたは電動派?それとも手動派?

男性の身だしなみである「髭剃り」ですが、あなたは電動派ですか?手動派ですか? それぞれこだ...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。 あなたは普段どちらを使って...

髭剃りの正しいやり方をご紹介!電動シェーバー派の人必見!

電動シェーバーでの髭剃りは、カミソリに比べて「肌に優しく安全」と言われています。 しかし、正し...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか? 剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と...

スポンサーリンク

髭剃りに必須!カミソリやシェーバーの替え刃の交換時期は?

毎日、髭剃りに使っているカミソリや電気シェーバーですが、替え刃を交換する必要があるということはみなさんご存知だと思います。

しかし、ご自分の使っているカミソリの替え刃の交換時期が、どのくらいなのかはわかりますか?

T字カミソリの場合は、長くても「2週間」とされています。

2週間と言っても、1日1回使用することを考えてのことです。

回数で数えるとすると、「14回髭剃りに使ったら交換をする」こととなります。

そして、電気シェーバーの替え刃の場合は、毎日使用している場合は、1年に1回で、長くても2年に1回は交換した方が良いでしょう。

電気シェーバーは、メーカーによっても違いが出てきますし、1回における使用時間によっても変わってきます。

電気シェーバーで髭剃りをする時間が、人よりも倍かかる場合は、替え刃の交換時期も、その半分になるということです。

それでは、カミソリにしても電気シェーバーにしても、替え刃の交換時期が過ぎたのに、古い刃を使い続けていると、どんなことが起こるでしょうか。

そのことについて、次章で詳しくお話ししていきます。

交換時期が過ぎてる?!古いままの替え刃で髭剃りをしていると?

先ほどお話ししたように、カミソリやシェーバーの替え刃には、交換時期があります。

カミソリは、2週間という短期間で、替え刃の交換時期がやってきてしまいます。

毎日忙しく、慌ただしい生活を送っていると、2週間などあっという間に過ぎてしまうものです。

電気シェーバーの場合は、1~2年という年単位なので、なおさら交換時期のことなど忘れてしまうでしょう。

長い間、替え刃を替えずに髭剃りをしていると、肌に影響が出てきてしまいます。

切れ味の悪い刃で、無理に髭を引っ張って剃っていることになるので、肌にダメージを与え始めます。

肌の表面に、小さな傷をつけてしまい、毛穴が広がることにより、色素沈着やニキビができる原因となります。

また、長く使っていた替え刃には、雑菌がたまっているので、そんな刃のカミソリで髭剃りをしたら、傷のついた肌にまで雑菌が入ってしまいます。

その結果、炎症を起こし、肌荒れが悪化することにつながります。

交換時期が過ぎたまま髭剃りを続けることで、肌へのダメージが大きいことはわかりましたが、交換時期を毎回覚えているのは大変なことです。

そこで、替え刃の状態から、交換時期を見極める方法はないものでしょうか。

髭剃りをしている時に、「そろそろ交換時期かな」ということがわかるポイントをご紹介します。

髭剃りをしながら替え刃の交換時期を判断できる?!

毎日使用している、カミソリの替え刃の交換時期を、毎回覚えていくのはなかなか大変なことです。

そこで、カミソリの替え刃の交換時期がわかるポイントもありますので、参考にしてみてください。

【切れ味】

髭剃りをする上で、カミソリの刃の切れ味というのは一番大切なことです。

切れ味の良い刃の場合は、力を入れずに1ストロークすることで、きれいに剃ることができます。

しかし、切れ味の悪い刃になると、力を入れたり、何度か剃らなければなりません。

少しでも、切れ味が悪く感じたり、剃り残しが多くなったと感じたら、すでに交換時期は過ぎている証拠です。

すぐに替え刃を交換しましょう。

【サビ】

替え刃がサビることによって、髭剃り時の切れ味はもちろん悪くなります。

サビてしまった刃で剃り続けていたら、肌はすぐに傷つき荒れてしまいます。

サビを見つけたら、もう交換時期ですので、すぐに交換しましょう。

【ニオイ】

T字カミソリを使用して髭剃りをすると、髭だけではなく、表面の皮脂まで剃られています。

そのため、替え刃に付着した髭や皮脂を取らずに放置していると、菌が繁殖してしまい、ニオイがつくことになります。

どんなに洗ってもニオイが消えないようなら、切れ味はまだ悪くないとしても、交換をした方が良いでしょう。

髭剃りをしている時に、この中の一つでも気になった時には、交換時期が来ているサインですので、新しい替え刃に交換することをおすすめします。

交換時期が過ぎた替え刃の「安全な捨て方」とは?

髭剃りによって、肌を傷つけることのないように、替え刃の交換時期がきた場合は、すぐに新しい替え刃に取り替えることが必要です。

それでは、今まで使っていたカミソリの刃は、どのように処分をしたら良いのでしょうか。

替え刃を捨てる際には、金属ゴミとして、「燃えないゴミ」に分別できます。

刃の周りに、プラスチック製の留め具などが使われている場合も、分解は不要です。

そして、燃えないゴミの日に捨てる際の捨て方ですが、刃をむき出しのまま捨てることは避けましょう。

安全に捨てる状態にするには、次のような方法があります。

●ガムテープで巻く

ガムテープで、刃の部分をぐるぐると巻いて捨てる方法です。

そうすることにより、ゴミの回収業者の方などが手に取った時に、けがをすることを防ぐことができるでしょう。

●紙や布で包む

新聞紙や古布などにより、刃の部分を包んで捨てる方法です。

刃の大きなものは、ガムテープで巻いてから新聞紙などで包むと、より安全です。

また、これらのように巻いた後には「刃物」や「危険」などと記載するようにしましょう。

業者の方が中身を開封して確認する時に、手を切ってしまう恐れがあるためです。

もし、直に書いても見えづらい場合は、白い紙などに記載したものをテープで貼っておくと良いでしょう。

カミソリの替え刃が長持ちする?!髭剃りの仕方と扱い方に注意!

髭剃りの仕方によって、カミソリの替え刃を長持ちさせることができます。

それは、髭をそのままの状態でそるのではなく、髭にシェービング剤をつけてから剃るという方法です。

何もつけずにそのまま髭を剃ったのでは、替え刃も肌も傷つけることになります。

シェービング剤を使用して、髭を湿らせ、毛をやわらかくしたから剃ることを心がけましょう。

また、替え刃を長持ちさせるために行なった方が良いことがいくつかあります。

●髭剃りの後は洗い流す

髭剃りに使った後のお手入れをしっかり行なうことが必要です。

刃についたシェービング剤や、石けんなどをきれいに洗い落としましょう。

シェービング剤だけではなく、刃には、剃り落とした皮脂や髭がついていますので、水やぬるま湯でしっかりと洗い流すことが大切です。

●しっかり乾かして保管する

お風呂場などは湿気が多いため、サビや雑菌のつく原因となります。

洗い流した後は、きちんと水気をきり、湿気の少ない場所に保管しましょう。

髭剃り前にシェービング剤を使用し、使用後はしっかりと洗い流して自然乾燥させることで、カミソリの替え刃の交換時期を早めてしまうのを防ぐことができるでしょう。

カミソリと電気シェーバーはどちらがお得?

替え刃の交換時期については、最初の章でご説明したように、カミソリの場合は約2週間で、電動シェーバーは1年~2年と違いがあります。

電気シェーバーは、本体購入時のコストは高いものが多ので、初期費用の安いカミソリを使っているという方が多いのではないでしょうか。

しかし、カミソリと電気シェーバーを、それぞれ2年間使用した費用の計算すると、場合によっては電気シェーバーがお得な場合があります。

また、それぞれには、メリットとデメリットがありますので、今後使用していく参考として、ご覧ください。

【T字カミソリのメリット・デメリット】

・深剃りできるので、剃った後の爽快感がある

・導入時のコストが安い

・カミソリ負けしやすい

・シェービング剤を使用するため、場所を選ぶ

・ランニングコストがかかる

【電気シェーバーのメリット・デメリット】

・いつでもどこでも使うことができる

・肌にやさしく、スピーディーに剃ることができる

・深剃りしづらい

・導入時のコストが高い

以上のように挙げてみると、カミソリにはデメリットが多いように見えます。

しかし、髭をしっかり剃れる点で考えると、カミソリは爽快感を多く得られるという大きなメリットがあります。

一方、電気シェーバーは、髭を剃るのに場所を選ばないため、気になったら剃ることができるという点が、最大のメリットでしょう。

長い目で見たコストも大切ですが、自分の肌と好みに合った道具で、髭剃りをすることをおすすめします。

替え刃の交換時期を見極めて、肌の健康を守ろう!

今回お話ししたように、交換時期を過ぎた刃を使って髭剃りを続けていると、肌を傷めたり、肌荒れを引き起こすことにつながります。

刃や切れ味の状態から、交換時期を見極めて、肌を傷つけてしまう前に、新しい替え刃に交換するようにしていきましょう。

コストを少しでも抑えるためにも、カミソリの刃が長持ちするように、正しい髭剃りの仕方とカミソリの保管も見直していくと良いでしょう。

 - 髭の悩み