白髪染めで厄介な色落ち!タオルに色がついたらどうする?

ある程度、白髪が目立つようになると「白髪染め」が習慣になりますよね。

中でも、美容室へ足を運ぶ必要がなく、自宅で簡単にできる「セルフの白髪染め」は人気がありますが、タオルや衣類などに色落ちしやすいのが難点です。

そこで、今回の記事では、セルフでおこなう白髪染めの成分やメカニズム、色落ちなどの対処法についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「前髪の幅を広くしすぎた!」困ったときの対処方法とは?

男性でも1度くらいは経験したことがあるであろうセルフカット。「時間がない」とか「美容室・床屋に行...

白髪対策に業界初!Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)で頭皮ケア

「白髪対策に白髪染めやカラートリートメントをしているけれど、根元からすぐに白髪が目立ってきて面倒…」...

べたつく前髪の油!解消法にはベビーパウダーが効果的!

毎日ちゃんとお風呂に入っているのに、どうしても油でべたついてしまう前髪。特に、前髪がべたつきやす...

頭皮のトラブルを解決しよう!頭皮の毛穴を開く方法とは?

女性にはお肌の悩みがあるのと同じように、成人男性にも、歳をとるにつれて、髪や頭皮の悩みを抱える人が多...

薄毛の理想の髪型とはどんなもの?セット方法もご紹介!

薄毛でお悩みの方をさらに悩ませるのが「髪型」のようです。お洒落なヘアスタイルセットを参考にしても...

薄毛の男性のワックス選び!おすすめのワックスや髪型は?

薄毛の人が気になるのが髪の毛のボリュームでしょう。髪の毛にボリュームを出すために、整髪料としてワ...

髪の毛がショートならアレンジが楽?基本を覚えれば楽になる

今やメンズのヘアスタイルもショートだけでなくいろいろなスタイルがあります。ショートといってもベリ...

ヘルメットの蒸れ防止対策をしよう!バイクでハゲないために

男のロマンに「バイク」を挙げる方もいるのではないでしょうか。しかし、最近ではある理由から男性のバ...

髪の毛のチリチリが気になる!数本でも抜いたらNG!?

なぜか、チリチリとした髪の毛が数本生えてきてしまうことってありませんか?なぜ、このようなチリチリ...

ドライヤーの正しい使い方を知ろう!薄毛に冷風は使うべき?

薄毛でお悩みの男性の多くは、毎日の洗髪がとても大切だということをご存知でしょう。しかし、シャンプ...

石鹸で髪を洗う!洗い方のコツを知ってその良さを実感しよう

男性の皆さんは何で髪を洗っていますか?市販の合成シャンプーで洗っている人、石鹸で洗っている人、お...

頭皮にほくろが出来た!大きくなったり痛い場合は要注意?!

美容室で髪を切っているときに指摘されたり、髪を洗っているときに気になるほくろはありませんか?身体...

髪型を変えたい!面長の顔に合う30代男性のヘアスタイルは?

季節が変わるように、髪型も季節によって変えたくなりますよね?しかし、顔のタイプによって、似合う・...

髪の毛を茶色にしたい!メンズの印象を変えるヘアカラーとは

「髪」だけでも人の印象は大きく変化します。髪型が似合うかどうか、髪の毛の色が明るいかなどで全く異...

美容室で髪型を失敗した!似合わない時はどう対処する?

せっかく美容室に行って新しい髪型にしたのに、失敗してしまうことがあります。似合わない髪型になって...

スポンサーリンク

一般的な「混合液タイプ」の白髪染め!その仕組みとは?

まずは、「白髪染めで白髪が染まる仕組み」からご説明していきます。

市販の白髪染めは、主に「混合液」をつくるタイプが多いのですが、「1剤」と「2剤」で、配合されている成分と役割は異なります。

《1剤と2剤に含まれている成分》

●1剤(酸化染料+アルカリ剤)

1剤には、髪を着色する「酸化染料」と、髪の表面をおおっている「キューティクル」を開かせる「アルカリ剤」が含まれています。

●2剤(酸化剤)

2剤には、過酸化水素や過炭酸ナトリウムなどの「酸化剤」が含まれており、化学反応による発色を促すために必要とされています。

これらを踏まえた上で、白髪が染まっていく流れを見ていきましょう。

《混合液タイプによる白髪染めのメカニズム》

①1剤と2剤を混ぜることで、化学反応が起きる

②「アルカリ剤」がキューティクルを開かせる

③「アルカリ剤」と「酸化剤」がメラニン色素を壊し、髪の内部まで入り込んでいく

④「酸化染料」が結合し、キューティクルの内部にたどり着く

このように、髪の表面を傷つけ着色させていくのが、一般的な白髪染めの仕組みです。

そのため、開いてしまったキューティクルから着色成分が抜け出てしまうと、タオルや衣類への「色落ち」につながってしまいます。

色落ちを防ぐコツや対策については、後ほどご紹介していきますが、最近よく目にする「トリートメントタイプ」の白髪染めについても学んでおきましょう。

「トリートメントタイプ」の白髪染めは髪にやさしい!

セルフで白髪染めができるトリートメントには、主に以下の成分が配合されています。

《白髪染めトリートメントに含まれている成分》

●ヘアカラー染料

前項に出てきた「酸化染料」よりも、分子の小さな染料です。

キューティクルを傷つける「酸化剤」を使用しなくても、着色することができます。

●トリートメント成分

髪のダメージを補修する効果があります。

●塩基性染料

マイナスイオンなどの分子に癒着し染色するのですが、その効果は長持ちしません。

●植物染料(天然染料)

ヘナ系・アナトー系・クチナシといった、植物成分由来の染料です。

このような成分が配合されている白髪染めトリートメントは、混合液タイプの白髪染めとは違い、髪にやさしいのが特徴です。

しかし、いくつかデメリットもあるので確認しておきましょう。

《白髪染めトリートメントのデメリット》

・1回では染まりにくい

・効果を感じにくい

・タオルや衣類に色落ちしやすい

やはり、髪や頭皮を傷めない分、着色効果が薄いことがネックのようです。

前項でご紹介した内容も含めて、どういった白髪染めが自分に合っているか、じっくり考えてみることが大切かもしれませんね。

タオルに色落ちしたときの対処法はあるの?

前述した通り、セルフでの白髪染めは「混合液タイプ」「トリートメントタイプ」共に、色落ちする可能性があります。

もしも、大切なタオルやパジャマに色移りして、シミができた場合「どうにかして元通りにしたい!」という方がほとんどだと思いますが、残念ながら、白髪染めの染料は落ちにくいものが多いと言われています。

そのため、クリーニング店へ持ち込んでも、返却されてしまうことさえあります。

しかし、リスクは高いものの、塩素系の漂白剤で汚れが落ちる可能性も考えられるので、試してみたい方に、その方法をご紹介します。

《布類についた白髪染めの染料を落とす方法》

①色移りしてもいいタオルを下に敷く

②塩素系の漂白剤を少し水で薄め、汚れに染み込ませる

③歯ブラシなどで、汚れを軽く叩く

④取扱説明書通りの濃度と時間を守り、つけ置きする

⑤通常通りに洗濯機で洗う

以上ですが、いくつか注意点もあるので必ず目を通しておきましょう。

《塩素系の漂白剤を使用するときの注意点》

・黄色く変色する可能性がある

・色柄物には使用できない

・シルクやナイロン素材には使用できない

・酸素系の漂白剤では落ちない

塩素系の漂白剤には、強力な洗浄効果が期待できますが、デメリットが多いことでも有名です。

また、必ず汚れが落ちるという保証はありませんので、あくまでも、最終手段として使用することがおすすめです。

タオルよりも深刻?「浴槽」や「床」に色移りしたケースの対処法

セルフの白髪染めによるトラブルは、タオルや衣類への色落ちだけに留まりません。

浴室や室内で白髪染めをしていると、染料がこぼれ落ち、さまざまな場所に色移りする可能性があります。

そこで、材質に合った汚れの落とし方を以下にまとめました。

《材質別 染料の落とし方》

●「洗面台」に染料が落ちた場合

硬くてツルツルした材質には、100円均一ショップやスーパーなどで売られている「メラミンスポンジ」を使いましょう。

細かい網目で構成されたメラミンスポンジは、消しゴムのような役割を果たします。

●「浴槽」に染料が落ちた場合

すぐにシャワーで洗い流すことが大切ですが、染料が落ちない場合は、塩素系の漂白剤を含ませたコットンを30分程放置することで、汚れが落ちることがあります。

ただし、色がついている浴槽は、変色する可能性もありますので、注意してください。

●「床」に染料が落ちた場合

濡れた雑巾で拭きとったあと、床の材質に適した中性洗剤を使用して、もう一度拭きましょう。

木材のフローリング以外だと、塩素系の漂白剤も使えます。

白髪染めの染料汚れにお悩みの方は、参考にしてみてください。

タオルは要注意!白髪染めの「色落ち」「色移り」対策を伝授!

ここまで、セルフの白髪染め染料による、色落ちや色移りについてお話ししてきましたが、事前に対策することも重要です。

まずは、色落ちを防ぐために注意すべきポイントをまとめました。

《色落ちを防止するためのポイント》

●髪が濡れたらすぐに乾かす

髪が塗れた状態だと、染料も落ちやすくなります。

また、汗をかいたときも同様です。

●白いタオルや新しいタオルは使用しない

特に、染めてから3日間は色落ちしやすいと言われています。

この期間は、汚れても構わないタオルを使用しましょう。

●枕カバーは柄物を使う

枕カバーへの色落ちは避けられないので、汚れが目立たない柄物や、濃いカラーリングのものを用意することがおすすめです。

次に、白髪染め使用時の色移りを防ぐためのポイントをご紹介します。

《色移りを防止するためのポイント》

●必ず新聞紙を敷く

染料がこぼれ落ちても問題のない、新聞紙やビニールマットを敷きましょう。

●事前に濡れ雑巾を用意しておく

すぐにこぼれた染料が拭けるよう、手の届く範囲に、濡れ雑巾やウェットティッシュを配置してください。

セルフで白髪染めをしている方は、上記のポイントに気をつけながら、トラブルを回避していきましょう。

色落ちしにくい市販のメンズ白髪染め紹介

最後に、「きれいに染まって長持ちする!」と好評な、市販の白髪染めをご紹介します。

タオルや衣類への色落ちを少しでも抑えたい方は、参考にしてみてください。

【ダリヤ:サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ】

無香料なので、白髪染め特有の独特な刺激臭が苦手な方にもおすすめです。

さらに、5分で染められる手軽さも特徴で、男性向けながら女性のユーザーも多い人気商品です。

【ホーユー:メンズビゲン ムースカラー】

専用のコームがついてるので、白髪染め初心者の方にもおすすめです。

ワンプッシュでムラなくしっかり染まるのが特徴で、自然な仕上がりにも定評があります。

【ルシード:ワンプッシュケアカラー】

こちらもワンプッシュタイプなので、簡単に白髪染めをすることができます。

また、ダメージ成分を大幅にカットしているので、髪や頭皮にやさしいのが特徴です。

白髪染めでのトラブル回避は、事前の対策が必須!

今回は、男性も気になる「白髪染め」についてお話をしました。

セルフの白髪染めには、「色落ち」や「色移り」といったトラブルがつきものです。

しかし、しっかりとポイントを押さえ、事前に準備することで回避することも可能になります。

今回の記事を参考にして、大切なタオルや衣類が汚れてしまわないよう配慮してみましょう。