老け顔は改善できる!20代から本気で変わりたい方へ

子供の頃から老け顔だと言われながらも、どこかあきらめてしまっていた方に朗報です。

20代から、自分のメンテナンスをしてあげることで、同い年の人と比べて逆に若く見える方法があるんです。

どんな改善方法があるのか、ということをまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

濃い眉毛を薄くするには?清潔感のある眉の切り方

眉毛が濃いとそこばかりが強調されてしまい、思いのほかキツイ印象を持たれてしまいます。「整えた方が...

メンズ必見!自分流のスクラブの作り方!簡単なレシピご紹介

綺麗な肌は、人に好印象を与えます。女性だけでなく男性も、綺麗な肌は清潔感を生み、ビジネスやプライ...

朝の髭・眉毛ケアを楽々済ませる!便利なシェーバーの使い方

「忙しい朝の時間を有効活用したい」という悩みがある男性は、毎朝の髭や眉毛のケアに何を使っていますか?...

眉毛のお手入れで印象が変わる?!パッとしない男性必見!

みなさんは、眉毛のお手入れをしていますか?年代によっては、男性はお手入れをしていないという方が多...

顎が細い理由とは?男性で悩んでいる方は髪型でカバー!

最近では「顎が細い」という方が、男性女性共にどんどん増加しています。実はこれには「ある理由」があ...

耳垢の正しい取り方は?奥まで押し込まないように注意しよう

耳垢はいらないもの、体から出る老廃物というイメージがあるかもしれません。耳の中をきれいにするため...

眉毛の手入れに失敗!?また生えるまでの時間はどれくらい?

眉毛の処理をしている最中、うっかり剃りすぎて失敗してしまった経験はありませんか?特に男性だと、女...

汗や湿気にも負けたくない!前髪に悩む男性向けのキープ術!

「汗や湿気で思うように前髪がセットできない…」「汗のせいで前髪がすぐ崩れてしまう…」これから...

小顔に見せたい男性必見!エラをなくす方法をご紹介!

最近の若者は食生活の違いからか、それとも生まれつきなのか、小顔で顔もシュッと細く、カッコいいですよね...

眉毛を剃ったら青い!男性にあるあるの困った悩みを解決!

「眉毛を剃った場所が青い!」こんな失敗をしてしまった男性は、少なくないのではないでしょうか。...

臭い靴下をどうにかしたい!効果的な洗濯方法やその対策は?

「毎日ちゃんと洗濯をしているはずなのに、靴下の臭いが落ちない!」このようなことは、特に男性にとっ...

男性も紫外線対策をしよう!色による効果の違いは?

昔は今ほど紫外線対策の必要性が感じられておらず、子どものころに一日中真っ黒になって遊んだ記憶がある男...

男性も眉を整えよう!眉毛シェーバーを使った整え方をご紹介

今まで自分で眉毛を整えたことがない男性も、意外と多いのではないでしょうか。しかし、今は男性も女性...

休日は手作り石鹸や泡アートで子供とたくさん遊ぼう!

仕事がない休日は、子供とたくさん遊んであげたいですよね。しかし、いざ遊びに行こうと思うと、天候が...

汗をかいたら塩が服に!塩が残ってしまう原因と対策方法は?

汗をたくさんかいた後、服に白い塩が浮き出てきた経験はないでしょうか?特に、女性よりも発汗量の多い...

スポンサーリンク

老け顔だと言われる顔の特徴!20代からメンテナンスして差をつける

老け顔に見える特徴は、いろいろと考えられますが、シワやシミ、クマ、面長な落ち着いた顔立ち、頬のたるみなどが挙げられます。

シワの中でも老けて見られやすいほうれい線は、重力で頬が下がってくると、どんどん目立ってきてしまいます。

鼻の横にできるほうれい線は、10代~20代くらいから目立つ方はいますが、頬のたるみが原因で、さらに老けて見られる形へと変化していきます。

これは、表情筋が弱くなることや頬杖をつく習慣なども原因だと考えられます。

また、目の下のクマや窪みも老け顔として見られるだけでなく、不健康そうなイメージを与えます。

これも、目がくっきりと大きいハーフ系の顔立ちの方は特にできやすいようです。

睡眠不足や、疲れの蓄積、血行不良などが原因です。

そして、紫外線をなんの対策もせずに浴び続けていると、シミだけでなく、肌の老化につながります。

肌の赤みやムラ、キメの粗さにも影響してきますし、皮膚がんなどのリスクもあります。

こうしたことは、日頃のメンテナンスや心がけで改善できます。

20代のうちに何の努力もしなかった方と、20代から自分を客観的に見て若々しく見せる努力をされた方の差は、年齢を重ねるにつれてハッキリと表れてきます。

子供のころから「老け顔」だと思われてきた方は挽回のチャンスですので、これからご紹介する改善方法を参考にしてみてください。

老け顔の改善方法!20代からはスキンケアを始めてみる?

まずは、老け顔の改善方法として、「スキンケアを始める」ということをオススメします。

20代になるまで、スキンケアを行ってこなかったため、スキンケア自体がどういうものなのか、分からない方もいるかもしれませんね。

洗顔料で顔を洗い、水分を拭き取った直後に、化粧水、乳液などを肌につけることが、基本的なスキンケアです。

美容への意識が高い方の中には、定期的にパックをしたり、ピーリングをしたりする場合もあります。

男性でも、スキンケアへの関心は高まってきていて、そのようなスキンケアアイテムをたくさん揃えている方がいます。

20代までこのようなケアに興味がなく、男らしく若く見えればいいと思う方は、そこまでこだわる必要はありません。

安価な化粧水一本でも十分ですし、乾燥肌なら、その後に乳液をつけるかオールインワンゲル(化粧水と乳液などが一つになったもの)を使うことで、楽にケアすることができます。

「コットンを使うこと」「化粧水と乳液の間に少し時間をおくこと」など、細かい方法を挙げればキリがないですが、簡単な方法でも効果は期待できます。

その際には、なるべく自分の肌に合う化粧水を選びましょう。

老け顔の改善方法!化粧水選びは大切 ①

20代からはじめる改善方法の一つとして、化粧水などによるスキンケアをご提案しました。

化粧水には、いくつかのタイプがあり、引き締め効果があったり、保湿効果が高かったり、敏感肌に安心な成分でできていたりします。

また、美白効果やニキビの予防・改善効果がある化粧水もあります。

この選び方を間違えると、逆に肌が荒れてしまったりする可能性もありますので、自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です

しかし、はじめて選ぶ場合は、どれが自分の肌に合うのかわかりにくいかと思います。

例えば、皮脂の分泌が多いオイリー肌の場合は、保湿タイプよりも、引き締めタイプの化粧水を選ばれるといいでしょう。

収れん化粧水とも言われるこちらのタイプは、肌のキメを整えたり、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐ効果があります。

毛穴が開いて老け顔に見られてしまうことに悩んでいる場合、効果を実感できる化粧水です。

しかし、乾燥肌や、肌の内側が乾燥している肌、敏感肌の方には向きません。

老け顔の改善方法!化粧水選びは大切 ②

乾燥肌の場合にも、シワが目立ったりして老け顔に見えることがありますが、その対策になる化粧水はもちろん保湿タイプです。

保湿効果の高い「ヒト型セラミド」「大豆レシチン」などが含まれている化粧水に注目してみてください。

また、付け方にもコツがあります。

化粧水は、もったいぶらずにバシャバシャとたくさん使うのがオススメです。

少ししか付けないと、乾燥肌の方は特に、つっぱるような感じになることがあり、効果は期待できません。

また、化粧水で保湿成分を毛穴に染みこませたら、それに蓋をするために乳液やクリームをつけましょう。

一方で、毛穴の黒ずみを改善したい場合の化粧水ですが、アルカリ性化粧水か、美白効果のあるタイプがオススメです。

アルカリ性の化粧水は、毛穴の汚れを防ぎ、同時に落とす効果が期待できます。

そして、美白効果のある化粧水は、メラニン色素でできた黒ずみに有効です。

20代で老けて見られたり不健康に見られる場合も、肌のくすみがとれて、肌色が明るくなることできっと、若々しく見られるようになりますよ。

働き盛りの20代!生活習慣を改善して老け顔脱却

続いて、内側からの老け顔改善方法をご説明していきます。

よく言われることですが、睡眠・食事・運動・ストレス解消は若々しく見えるためには注意しなければいけません。

睡眠時間があまりとれない場合でも、良質な睡眠にしていくことで、疲れが解消しやすくなります。

寝る前にパソコンやスマホをいじることをやめたり、飲酒を控えめにしたり、自分に合った寝具で寝るようにすると、もしかしたらクマが改善されるかもしれません。

また、栄養面でも、ジャンクフードやスイーツを控えめにして、3食バランスよく食べ、水分をこまめにとることが大切です。

もし食生活が乱れがちになってしまうのなら、サプリを飲んでみてもいいでしょう。

ビタミンや亜鉛などの品質のよいサプリを飲むと、見た目だけではなく、疲れにくくなったりする効果が期待でき、仕事や趣味に全力で打ち込めるようになるかもしれません。

そして、運動やストレス解消ということについてですが、20代くらいの若いうちによい習慣をつけておくことは、年齢を重ねるほどに貴重な財産になります。

そこで出会った人たちが、長い人生の中で励まし合い支え合う、よき友になることもありますよね。

表情筋の衰えも老け顔の原因!改善するマッサージ

最後に、顔のマッサージでの、老け顔の改善方法をご紹介します。

さきほど申し上げましたが、老け顔の特徴である顔のたるみやほうれい線などは、表情筋の衰えによって引き起こされます。

無口な方や、デスクワークが多く表情が変わらないお仕事の場合、20代でも表情筋は衰えやすくなります。

といっても、非常に簡単なマッサージです。

例えば、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と声に出さずに大きく口を開けるだけでも、表情筋に効果があり、続けると顔がポカポカしてくるのを感じると思います。

上を向いて、のどのところを伸ばして行ったり、逆に下を向いて行ったりしてみましょう。

また、口の中に親指を入れて、ほうれい線の裏側に触れ、外から人差し指や中指でつまむようにほうれい線をのばすマッサージもあります。

右のほうれい線を伸ばすときは左手、左のほうれい線を伸ばすときは右手で行い、手を清潔にしてから行いましょう。

もちろん、マッサージに頼るのではなく、実際に誰かと話し、自然に笑ったり驚いたりして表情を変えることが、心身面でも良い影響を与えます。

老け顔は改善できる!

バリバリ働いたり、趣味に打ち込んだりしていると、つい見た目のチェックがおろそかになる方も多いと思います。

メンテナンスを怠った結果、気が付くと実年齢よりずっと老けて見られるようになってしまうこともあります。

20代くらいからスキンケアや食事、マッサージなどに気を配ることで、いつまでも若々しく見られることも夢ではありません。

何よりも心を若々しく保ち、向上心を持って充実した毎日を過ごすことを意識してみてください。