歯茎のマッサージしてますか?指を使った簡単な方法をご紹介

お口の健康のために、虫歯予防はもちろんのことですが、歯茎も気にしてみませんか。

健康な歯を保つためには、歯周病を予防することがとても大切なことです。

男性の場合は、綺麗な歯と歯茎を保つことでより爽やかな印象を与えるでしょう。

それでは、お口にまつわる情報と、歯茎を指や道具を使ってマッサージする方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

舌のむくみが気になる!原因を取り除くための改善方法は?

舌を見れば自分の体の異変にすぐ気づくことができます。鏡で舌をチェックした時に、「普段と比べて舌が...

舌の体操には驚く効果が期待できる!小顔男子を目標に!

今回ご紹介したいのが、近年人気が高まっている舌を使ったエクササイズの「舌回し体操」です。舌回し体...

前歯の隙間が茶色になっている!これって虫歯?その原因とは

「歯の隙間が茶色い」「磨いても茶色い部分が取れない」など、歯の悩みをお持ちの男性はいらっしゃいません...

歯ブラシの消毒は保育園でしてる?子供が使うものは清潔に!

共働きが当たり前になりつつある時代ですね。それに伴い、子育てに協力的なパパさんも増えてきています...

歯ブラシの消毒に効果的なものとは?熱湯消毒でも大丈夫?

生活の中で欠かせない歯磨きは、皆さん毎日行っている習慣だと思います。汚れや歯垢、細菌など、口内は...

歯石除去を歯医者で受けよう!その予約から治療までご紹介!

口臭の嫌な臭いや、歯茎からの出血はありませんか?もしかしたら、その原因は歯石にあるかもしれません...

お洒落にそして機能的に!歯ブラシスタンドは百均で調達!

百均ショップの歯ブラシスタンドは、見た目にお洒落なものから女性や子供が喜びそうな可愛いもの、実用性を...

歯磨き粉の落とし方!スーツについた歯磨き粉は落ちる?

朝の出勤前、急いで歯磨きをしていたら、うっかり歯磨き粉がスーツについてしまったご経験ありませんか?...

歯ブラシを持ち運びして使うと不衛生?歯ブラシケース選び方

出張が多いお仕事だと、マイ歯ブラシを携帯している方も多いと思います。ホテルにもありますが、汚れを...

歯磨き粉に含まれているフッ素!本当に危険な成分なのか?

現在市販されている、大半の歯磨き粉にはフッ素成分が含まれています。また、歯科医院では、フッ素が虫...

歯ブラシの持ち歩き用ケースは「歯磨き男子」の必需品!

ランチタイム後に洗面所で歯を磨くのは、今や女性だけではありません。身だしなみに気を使う男性も、オ...

意外と知らない歯磨き粉の研磨剤の成分!研磨剤の役割とは?

日常生活で、毎日ごく当たり前に使用している歯磨き粉。ところで、この歯磨き粉が一体何からできている...

舌の筋肉を鍛えよう!舌のトレーニングの方法と効果は?

舌にも筋肉があることを知っていますか。舌の筋肉が衰えると、私たちの体には悪い影響が表れ始めます。...

入園で必要な歯ブラシやコップを入れる巾着は買う?作る?

お子さんが入園に必要な物のひとつに、歯ブラシやコップを入れる巾着があります。今では100均一ショ...

マスク姿で接客するのは失礼?マスク許容派が増える理由

以前、接客業をしていたときに、風邪をひいてマスク姿で出勤したら先輩に注意されたことがありました。...

スポンサーリンク

歯茎の手入れやマッサージが必要なワケは?

歯磨きと同様に、歯茎の手入れをすることは、虫歯や歯周病を予防するために重要です。

なぜ、歯茎を手入れすると予防につながるのかをご説明します。

歯と歯茎の間の溝に歯垢が蓄積されると、歯周ポケットと呼ばれる病的な溝ができます。

歯周ポケットが深くなると歯ブラシで歯垢をとりきれないため、虫歯や歯周病につながってしまうのです。

さらに進行してしまうと、「歯槽膿漏」という重度の歯周病の状態となり、最終的には抜歯をするようになってしまう可能性もあります。

そのようにならないためにも、定期的に歯科クリニックに診てもらうことが大切です。

歯科クリニックで、歯垢が溜まりやすい場所を教えてもらうと自分で手入れするときに気を付けることができます。

自分でできる歯周病予防が、「正しい歯磨き」と「歯茎マッサージ」になります。

歯茎マッサージは、指を使うことでお金をかけず簡単にでき、直接歯茎に触ることで、変化にも気が付きやすいという利点があります。

毎日の習慣である歯磨きに、歯茎マッサージをプラスすることで、歯茎が健康な状態を維持し、歯や歯茎の不調が起きたら素速く発見できるため、虫歯や歯周病を予防につながります。

正しい歯磨きの方法

歯茎マッサージが大切だということはお伝えしました通りですが、その前に日頃の歯磨き方法を見直してみませんか。

それでは、歯磨きのポイントをご説明します。

●最適な歯ブラシ

歯ブラシは毛先が広がる前に交換することが理想です。

定期的に新しいものに交換しましょう。

歯ブラシは、ヘッドがコンパクトなものにすると、磨きにくい奥までしっかり磨くことができます。

また、柄はまっすぐなもので、毛の硬さは「普通~柔らかめ」を選ぶようにしましょう。

●歯ブラシの持ち方

ペンを握るように持ち、指に力が入り過ぎないようにします。

●歯を磨く順番

まずは、自分なりの磨く順番を決めましょう。

右左と往ったり来たりするのではなく、「一筆書き」のように、流れを作って磨くことで、磨き残しを防ぐことが来ます。

●歯ブラシの当て方

歯と歯茎の間に毛先をいれ、斜め45度で小刻みに左右20~30回動かします。

また、前歯の裏は歯磨きを縦に持ち、歯ブラシの角を使い、かきだすように磨きます。

犬歯や歯並びの悪いところは、歯磨きを縦にして一本ずつ磨きます。

特に、歯垢の溜まりやすい場所は注意して磨きます。

・歯と歯茎のさかいめ

・歯と歯の間

・奥歯の裏側

・奥歯の溝

以上が歯垢が溜まりやすい箇所です。

正しい歯磨きの方法を覚えて、習慣にしましょう。

指を使った簡単な歯茎のマッサージ方法

正しい歯磨き方法を身に付けたら、いよいよ歯茎マッサージを行いましょう。

①手を清潔にします。

爪は長いと歯茎を傷つけてしまいますから、爪のチェックも同時にします。

②正しい歯磨きを行いましょう。

指でマッサージする前に、歯磨きをして口腔内をきれいにしておきましょう。

③人差し指の腹を使い、歯と歯茎のさかいめと、歯茎全体をなでるようにマッサージします。

「歯と歯茎のさかいめ」、「歯茎全体」2回に分けて行います。

④奥歯から前歯にかけて、歯の付け根から歯茎の部分を、指の腹で円を描くようにマッサージします。

前歯は唇をめくり、付け根まで指を入れてマッサージしましょう。

下の歯から進めて、上の歯も同様に行います。

⑤上下の一本一本の歯と歯茎のさかいめを指の腹で小刻みにマッサージします。

爪で傷をつけないように小刻みに動かしましょう。

⑥頬と上あご・下あごとのさかいめをマッサージします。

歯茎だけでなく、口腔内を刺激しましょう。

以上でマッサージは終了となります。

歯茎には、「目」「内臓」「関節」などのツボがあり、マッサージを続けることで全身に刺激を与えることができます。

歯周病の症状が気になる方は、「1日3回」行いましょう。

歯周病予防のために行う方は、「1日1回」行いましょう。

歯茎マッサージで指に道具をつけると効果的に?

指を使った歯茎のマッサージ方法は、道具を使うことでさらに効率が上がります。

また、指を使わないでマッサージするための道具も合わせてご紹介します。

●歯茎マッサージ用ジェル

歯茎を引き締めたり、血行促進、口臭予防を目的としています。

また、ミントやアロマを使っている商品が多く、リラックス効果が期待できます。

●指サック

歯茎マッサージ用の指サックは、指サックの先に短いブラシがついているため、丁寧にマッサージすることができます。

もとは、赤ちゃん用に作られているものなので小さく作られていますが、大人でも安心して使用できます。

ここからは、指を使わないで行う歯茎のマッサージでのおすすめ道具をご紹介します。

●歯ブラシ

歯ブラシを終えたタイミングで、そのまま歯ブラシを使って歯茎をマッサージします。

指より刺激が強めになり、マッサージ効果を実感しやすいでしょう。

電動歯ブラシは、歯茎を傷つける恐れがありますから、おすすめできません。

●シャワー

入浴時に、シャワーを歯茎に当てることで血行促進につなげることができます。

体を洗うついでにできますから、男性でも取り入れやすい方法でしょう。

歯茎を指でマッサージすると小顔になる?

男性でも小顔に憧れる人は少なくありません。

歯茎をマッサージすることで、むくみ改善やフェイスラインのリフトアップ効果も期待できます。

なぜなら、歯茎をマッサージすることで、歯茎の血行が良くなるからです。

歯茎の血行が良くなれば、顔の老廃物が流れて、むくみの改善にもつながるのです。

むくみがなくなると結果的には、顔がシャープになります。

●圧迫マッサージ

まずは、ご紹介した方法で歯茎をマッサージします。

親指と人差し指で歯茎を挟み、気持ちよいと感じる力で歯茎を圧迫します。

歯茎全体に行いましょう。

歯茎のマッサージに合わせて行うと、さらに小顔効果が期待できる体操をご紹介します。

●舌で小顔体操

口を閉じたまま、舌で歯茎の表面をなぞり、ぐるぐると回します。

毎日20周を目安に行いましょう。

●あいうえお体操

大きく口をあけて「あいうえお」と言いながら、口や頬の筋肉を動かします。

一日数セット行いましょう。

●風船体操

口の中に空気を入れて頬を膨らませ、右に空気を移動させ5秒維持、左に移動させて5秒維持し、口をすぼませ両頬をへこませて5秒維持します。

一日数セット行います。

どれも、道具を使うことなくできる手軽な方法となりますから、小顔をめざして試してみてはいかがでしょうか。

歯茎をチェックして歯周病を予防しよう

歯磨きと歯茎のマッサージをしたら、歯茎のチェックをすることも習慣にしましょう。

特に、指で歯茎をマッサージすることは、歯茎の腫れが出ても早く気が付くことができます。

【歯茎のチェックポイント】

●歯茎の色

健康な歯茎は、「薄いピンク色」ですが、赤黒い色や白っぽく見える状態は、歯茎がうっ血している可能性があります。

●歯と歯の間の歯茎の先端の形

健康な歯茎はとがった三角形の形をしていますが、先端が丸くなっている場合や、根っこが露出して歯が長くなったと感じた場合は、歯周病のサインです。

●歯茎の出血、腫れ、膿

出血や腫れ、膿が見られるときは、歯周病の可能性が高いですから、早めに歯科クリニックを受診することをおすすめします。

お口の健康は、歯茎のチェックをすることはもちろんですが、口臭がきつくなったり、噛むと痛みを感じるときには早めに歯科クリニックを受診するようにしましょう。

続けることが予防への道

毎日、正しい方法で歯磨きや歯茎のマッサージを行うことで、些細な変化にも気が付くことができます。

また、歯茎や口腔内のツボを刺激することで、歯周病の予防だけではなく、小顔効果や全身の健康維持にもつながります。

指で手軽にできる歯茎マッサージは、お金もかからず得することがたくさんありますから、ぜひ、毎日の習慣にしてはいかがでしょうか。