初めのヘルスケアはウォーキング!歩数と距離の関係はある?

歳を重ねるごとに気になってくるものにヘルスケアがありますよね。

「若い頃は健康なんて気にせずに元気に過ごしていられたけど、最近はやっぱり体力が落ちたり、体の不調を感じる…」

そんな方のために、今回ウォーキングにおける歩数と距離の関係を中心にお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エラ張り顔さん必見!エラの筋肉マッサージで小顔になろう!

エラが張っていることが悩みの種の男性も多いでしょう。エラ張り顔は残念なことに、顔が大きく見えます...

敏感肌の改善方法!保湿化粧水が効果的?プチプラ商品

敏感肌な男性は意外と多く、肌のかゆみや炎症に悩んでいても、丁寧に対処できていないケースもあるようです...

男性向け歯ブラシ収納術!吊るすのはアリ?役立つアイディア

歯ブラシをどのように収納したり、置いておくかは人それぞれですが、なるべく衛生的に保っておきたいですよ...

耳かきにはイヤースコープを!スマホに映しながらの耳掃除

普段の耳掃除に耳かきや綿棒を使っている男性は多いですよね。しかし、自分で耳かきや綿棒を使うと、実...

目の下にくぼみができてる!?発生理由と改善方法について

目の下のくぼみ、これは女性だけではなく男性の方のお悩みでもあります。目の下にくぼみが現れてしまう...

足の臭い問題を重曹で根こそぎ解決!靴の悪臭対策でスッキリ

「足の臭いがとれず、コンプレックスになってしまっている…」「臭さに気づかれるのが心配で、人前で靴...

石鹸ギフトが今大人気!贈り物でおしゃれな演出してみない?

今、おしゃれな石鹸がギフトとして大人気なんです。見るからに可愛らしいパッケージに、うっとりとして...

ストレスが喉のつかえ感を生じさせる!ツボを押してみよう

現在、喉のつかえ感が発生していて困っているという男性はいらっしゃいませんか?その喉のつかえ感は、...

もてる男の基準にもなる清潔と不潔!果たしてその概念とは?

「〇〇さんって清潔感があって素敵!」「××さんは不潔っぽくて無理!」こういった言葉をちまたの...

制汗剤が危険って本当?シーブリーズを愛用している男性へ

制汗剤は汗かきの男性にとって欠かせないものですよね。汗が抑えられるだけでなく、気分もスーッと爽快...

洗顔後の化粧水・乳液・パックなどのお手入れ!その順番は?

美肌を目指す男性にとって欠かせないのが日頃のスキンケアですよね。洗顔をはじめとしたお肌のお手入れ...

顎が長いと非イケメンとは限らない!顎の長さを活かす髪型

「顎が長いね。」と言われて、誉め言葉だと受け取れる人は少ないかもしれませんが、顎が長くてもイケメンな...

汗で前髪などが崩れる!その原因はワックスだった!?

汗で前髪などが崩れることがよくありませんか?くせの強い方ですと、汗により元のくせの前髪に戻ってし...

オイリー肌の男性におすすめ!テカリ防止下地ランキング

男性の中でも、オイリー肌で悩まれている方は多いでしょう。毎日朝晩しっかりと洗顔しているのに、午後...

鼻毛が伸びるスピードが早いのはなぜ?その原因を徹底調査!

鼻毛が嫌われているわけではありませんが、人と接する上でも見えないように手入れしておくのが最低限のエチ...

スポンサーリンク

ヘルスケアの必要性

日々騒がれる健康問題。

加齢につれて、大事になってくるヘルスケア。

健康のためにやらなければならないことはたくさんあります。

ヘルスケア専用のアプリや機械も出回っており、人々の健康に対する関心も高まっていることでしょう。

最近は、ヘルスケアアプリなんかで日々の運動によってどのくらいの歩数になるのか測れるものがあります。

そこから、もしウォーキングに換算したときにどれくらいの距離を歩いたのか、を推測する機能も備えていたりします。

健康のためにどんなことをやらなければならないか、その具体例を挙げる前にまずはヘルスケアの必要性についてご説明していくことにしましょう。

そもそも、ヘルスケアとは健康のために何かすることを指します。

ヘルスケアを行っていると言えば、健康のために何かしていると言えるでしょう。

ヘルスケアは生活習慣の乱れや食生活の乱れ、運動不足などが懸念される現代人の生き方において、日々叫ばれていることです。

そのため誰しもが重要視する必要があり、健康のために何かしら行動を起こす必要があると言えるでしょう。

健康促進のため今からできることがありますので、何を始めても遅いということはないでしょう。

ヘルスケアのためにはウォーキングがいい!?

ヘルスケアが大事だということはお分かりいただけたこととして、それでは一体どんなことをしたらいいのでしょうか。

ヘルスケアとしてやるべきことの一つとして、今回はウォーキングを中心に考えていきましょう。

まずウォーキングの効果についてご説明すると、ウォーキングは身体全体を温め、免疫力を高めるきっかけになります。

身体全体が温まると、内臓の働きも活発になり、代謝を促し汗をたくさんかくことで、体に溜まった老廃物を外に出す働きもしてくれます。

ウォーキングをする際には、正しい呼吸法をすることで呼吸器官を強くすることもできます。

ウォーキングは体にいいことだらけですね。

ですから、ヘルスケアとしてウォーキングを積極的にすることをおすすめします。

それでは次に、正しいウォーキングの仕方について歩数と距離の関係性を交えてご説明していくことにしましょう。

ウォーキングの歩数と距離の関係

いよいよウォーキングの歩数と距離の関係についてご説明していくわけですが、少し難しいかもしれませんので、理解できるまでここは何度か読み返してみると良いかもしれません。

まず、ゴール地点を同じと捉えるとします。

するとウォーキングの歩数と距離の関係性は、歩数が増えれば増えるほど、一歩ごとに歩く距離は少なくなっていき、逆に歩数が少なければ少ないほど、一歩ごとに歩かなければならない距離は増えてきます。

歩数の違いによって一歩踏み出すごとの距離も変わってくるのです。

このことを考えると、ヘルスケアとしてどっちの方がいいのでしょうか。

歩数が少ないほど、ペースはゆっくりになってきますので、楽なウォーキングと言えるでしょう。

逆に歩数が多いと、歩くペースは速くなるため、少し大変なウォーキングとなるでしょう。

この辺りを意識しながらウォーキングをすればいいのかと、なんとなく分かってきましたね。

歩数よりも距離が大事!?

歩数と距離の関係性が分かってきたところで、次にウォーキングにおいてどう意識したらいいのかについてご説明しましょう。

結論から言いますと、ウォーキングにおいて歩数をあまり意識する必要は、必ずしもありません。

歩数が分かれば、ヘルスケアアプリである程度の距離を割り出すことができます。

そこまで正確さを求める必要はなく、むしろどのくらいの距離を歩くことができたかを重要視する必要があります。

何より自分のペースでウォーキングすることが大事なのです。

それはモチベーションにも繋がりますし、自信にも繋がってきます。

うまく続けることができれば、より健康を維持することができるかもしれません。

とは言ったものの、距離を稼ぐのはどうすればいいか考えるところ。

どうにかして距離を伸ばしたいですよね。

せっかく運動しているわけですから、ほんの少しの距離を歩くだけでは、大した効果も得られないでしょう。

そこで次に、ウォーキングにおける歩数よりも距離を稼ぐ手段について詳しくご説明していきましょう。

歩数よりも距離を稼ぐ方法

ヘルスケアにおけるウォーキング。

歩数よりも距離の方が大事であり、意識するべきだということはお分かりいただけたことでしょう。

それでは歩数よりも歩く距離をより伸ばすためには、一体どうしたらいいのでしょうか。

今回はそのことについてご説明していきましょう。

距離を多く伸ばすためには、なるべく同じ時間内で歩く歩幅をより広くし、早く歩くように意識することです。

確かに自分のペースでウォーキングをすることは大事ですが、慣れてきたら次第に距離を伸ばしていくと良いでしょう。

長い距離を歩くことができれば、それだけ体を温められることになり、より健康的だと言えます。

歩幅を広くするためには筋肉をより動かさなければなりません。

ですから、距離を伸ばした最初のうちは、ペースが上がって筋肉痛になる恐れがあります。

早く歩く際、腕の振りもそれに呼応させて動かすようにしましょう。

息は短く吸って吐くを繰り返し、リズミカルに歩くことを心がけましょう。

身体的な苦痛もありますが、精神的なものもあることを考えると、リズミカルにすることで気持ち前のめりに楽しくウォーキングをすることに繋がります。

先ほども述べましたように、気持ちが前向きなのは非常に重要なことです。

やる気は物事を進める原動力になります。

もちろんウォーキングをすることでもやる気や元気は湧いてくるでしょう。

ウォーキングを日常生活に取り入れてヘルスケアに!

健康的な体を維持するためにヘルスケアは大事な要素になってきます。

そのためにはウォーキングがかなり有効な手段であります。

ウォーキングは比較的楽な有酸素運動になるため、軽い気持ちで始めてみてもいいかもしれません。

ウォーキングは歩数を意識して変化させる必要は必ずしもなく、距離を伸ばすことでその効果を高めることができます。

自分のペースでやることは大事ですが、だんだん自分のペースを上げていき、距離も伸ばしていくことで徐々にウォーキングに慣らしていきましょう。

普段の自己ベストとして、距離を覚えておくのも良いでしょう。

ウォーキングは始めるのも辞めるのも簡単にできるため、続けて行うことが何より大事になります。

継続は力なりです。

健康的な趣味はいくつあってもいいかもしれません。

また、ウォーキングをするべき時間帯というのもあり、朝の日課として起きた後のウォーキングが効果的です。

体を動かすことで目を覚まし、日光を浴びることで夜眠りにつきやすくします。

毎日するのもいいですし、最初のうちは少しでいいので時間をとって、家の庭を歩いてみたり近所を回ってみたりしてもいいかもしれません。

そして、いずれ私生活にうまく取り入れることができれば、立派な趣味と呼べるものになるかもしれません。

それほどウォーキングはヘルスケアとして大きな効果が期待できるものなのです。

ウォーキングは無理なく徐々にこなそう

これまでご説明してきたように、ウォーキングはヘルスケアとして期待され、もっとも始めやすい運動の一つと言えます。

軽い気持ちでいいので、今からでも健康のためにウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。

最初は自分のペースというものが掴みづらく、ハイペースによって足の故障になってしまわないよう、注意しましょう。

習慣づけとして、朝の日課にするのも一つの手段ですね。