頬から生えてくる産毛の処理、すっきり処理してお悩み解決!

「気がつくと頬から産毛が生えていた…」体毛が濃い男性であれば、よくあることです。

しかし、顔のパーツであることから人の目が気になるという方もいらっしゃいます。

処理を怠れば不潔に見えるし、かといって誤った処理方法をすればお肌にダメージを与えてしまいます。

そこで今回は、そんな産毛について適切な処理方法などをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肌に優しい髭剃りには「シック クアトロシリーズ」がおすすめ

毎日の髭剃りでシックのカミソリを使っている方は多いと思います。世界シェアではジレットに大きく引き...

産毛の処理が顔の印象を変える?!男も必見!産毛の対処法

男性のみなさんは、顔の「産毛」を気にしたことありますか?髭は気にするけれど産毛までは気にしたこと...

髭剃りにベストな時間帯ってあるの?平均時間を短縮する術

毎日行う髭剃り、時間を短縮したいと感じたことありませんか?ただ、時間を短縮したいからといって、雑...

すね毛の正しい処理方法を伝授!清潔に見せたいメンズ必見!

ちまたでは、すね毛が生えていることを気にして剃るというメンズが増えているようです。すね毛が濃いと...

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。しかし、シェーバーはカミ...

髭剃りに使うカミソリの替刃が高い!コスパがいいものは?

髭剃りに使用するカミソリといえば、定期的に替刃に交換する必要があります。しかし、カミソリの替刃は...

すね毛が薄くなる?その原因とは!ムダ毛に悩む男性必見!

すね毛をコンプレックスに感じて、悩んでいる男性はいませんか?ワイルドさより清潔感が求められる現代...

濃いすね毛に悩む男性へ!仕上がり別のお手入れ方法教えます

肉食メインの食生活、生活習慣の乱れ、強いストレスなど何らかの理由で、男性ホルモンが過剰分泌された場合...

髭剃りのときの洗顔は「先?」「後?」正しい順番はある!?

毎日何気なくやっている髭剃りですが、洗顔は「先?」「後?」と、迷っていませんか?結論から言うと、...

おしゃれな髭の作り方!どんなスタイルが日本人におすすめ?

おしゃれな髭は、「ワイルドさ」や「男らしさ」が演出でき、カッコいいですよね。男性なら、一度は髭に...

髭のおしゃれがしたい!濃いより薄い方がしやすいって本当?

「男らしくおしゃれな髭を生やしたいなぁ」ため息をつき、あごをさすりながら諦めがちにつぶやく男性の...

鼻毛の持つ役割や伸びる原因は?適切な処理方法を学ぼう!

鼻毛の処理は、清潔な男性を印象付けるための最低限の身だしなみです。大事な商談や大切な人との食事の...

髭剃りの正しいやり方をご紹介!電動シェーバー派の人必見!

電動シェーバーでの髭剃りは、カミソリに比べて「肌に優しく安全」と言われています。しかし、正しいや...

すね毛の処理は何でする?おすすめのボディーシェーバー

おしゃれで清潔感のある男性は、美容にも力を注いでいます。現代では、毛深いことと男性らしさは、必ず...

メンズ美容電化製品で人気なのは?男に磨きをかけるアイテム

女性は美容に関心が高く、男性は美容意識が低いという時代ではありません。今や、男性向けのメンズ美容...

スポンサーリンク

なぜ産毛が生えてくる?

基本的に人間の体にあるほとんどのものは、必要があるから存在しています。

もちろん、頬の産毛にも存在理由となるものがあって当然なのですが、皆様はご存知でしょうか?

産毛の存在理由・役割としては次のことが考えられています。

・毛穴の清掃
・皮膚の保護

産毛のヘアサイクルはおよそ2ヶ月とされています。

つまり、産毛は2ヶ月で抜けて新しい産毛に生え変わるわけですが、その際に毛穴に詰まった老廃物を一緒に取り除いてくれているようなのです。

また、皮膚を熱気や寒気、塵や埃、紫外線、摩擦や外的衝撃などから守ってくれる働きも併せ持つようですね。

そうなると、「産毛を処理してしまうとこれらの効果が失われてしまうのでは?」といった不安もありますが、これらは肌ケアにより充分にカバーができますので、そこまで神経質になる必要はありません。

また、この他にも産毛処理をすることにより次のような不安の声も上げられています。

・ニキビが増えるのではないか

この疑問は特に心配する必要はありません。

むしろ、肌ケアで皮膚環境を清潔にすることにより改善されることの方が多いのです。

・剃ることにより産毛が濃くなるのではないか

これは髭などの処理でもよく耳にすることですが、実際には根元の毛が目立って見えるだけで濃くなってはいません。

ただし、毛の処理の際に肌がダメージを負ったとき、毛を育てる細胞が毛を濃くさせることもあります。

処理する程に産毛が濃くなる?

産毛の処理にも関係するのでここでお伝えしておきますが、頬の産毛が処理を必要とする程に濃くなるのには、男性ホルモンが関係してくるようです。

男性も女性も体内には男性ホルモンと女性ホルモンがあります。

健全な場合には、バランスは程よくで保たれていますが、時折このバランスが崩れ男性ホルモンの分泌が多くなってしまうと、体毛が濃くなったりムダ毛の生成へと繋がってしまいます。

それでは、なぜホルモンバランスが崩れてしまうのでしょうか?

それには「食生活の乱れ」「快眠できない・睡眠不足」「ストレス」、さらには「遺伝」といった原因が存在します。

【食生活の乱れ】

肉中心の食事や、菓子やジュース類の過剰な摂取で男性ホルモンは増加してしまいます。

バランスの良い食事(特に大豆類は女性ホルモンを増加)に切り替える必要があります。

【睡眠】

睡眠は一日の疲れを癒すのに必要です。

仕事で遅くなったりして、夜更かしなどしていませんか?

これにより快眠が妨げられるとホルモンバランスは乱れてしまいますので、可能であれば時間を確保してぐっすりと眠るようにしましょう。

【ストレス】

現代においてストレスを無くすことは不可能と言えるでしょう。

しかし、発散や軽減させることは可能です。

「アロマ」「趣味」「運動」「快眠」など、極力ストレスを軽減させることに努めましょう。

ただし、無理をするとかえってストレス悪化の原因ともなりますので、ご自身にあった方法を見つけてください。

【遺伝】

遺伝的体質からくる場合がありますが、これは改善のしようがありません。

それ以上に原因となるものを増やさないことですね。

【不適切な処理】

前述でお伝えしたように、産毛は肌の保護を目的としています。

産毛の不適切な処理で必要以上に肌へのダメージが認められると、産毛は肌を守ろうとより強固になろうとしてしまいます。

その結果、産毛が濃くなってしまう可能性があるのです。

産毛の処理をする前に、産毛が濃くなる上記の原因が軽減するよう、改善できるものは改善していきましょう。

頬の産毛処理でやってはいけないこと

それでは、頬の産毛の処理方法をご紹介していきたいと思いますが、その前にやってはいけない禁止事項を先にお伝えしておきます。

【毛抜き】

よく毛抜きで毛を抜く人もいますが、毛穴の開きや肌へのダメージを考えたら、決してやってはいけない行為です。

一本一本毛を抜くのは、肌に負担がかかります。

上記の肌毛穴へのダメージに加え、黒ずみや埋没毛の原因ともなりかねません。

【除毛クリーム】

除毛クリームとは毛を溶かして取り除くものですが、頬の皮膚は非常に敏感で、毛と一緒に肌の成分も溶かしてしまう恐れがあります。

過度な使用は控えましょう。

【カミソリ使用時の注意事項】

次項でご説明いたしますが、産毛処理で有効的な方法にカミソリで産毛を剃るという方法があります。

その際には、次のことに注意しましょう。

・石鹸やボディソープをクリーム代わりにして剃らない

石鹸やボディソープは洗浄を目的としています。

これをクリーム代わりに使うと、必要な角質層までも剃ってしまったり、浮き出た汚れや雑菌が剃り跡に入ってしまう危険性があります。

シェービングクリームを使いましょう。

・乾いた肌で剃らない

シェービングクリームを使わず乾いた肌にカミソリをあててしまうと、肌への負担が非常に大きく肌を傷つけやすくなってしまいます。

​・逆剃りをしない

剃るときは毛流れに沿って剃りましょう。

逆剃りは一見よく剃れる気もしますが、肌への負担が大きくなります。

・過剰な頻度で剃らない

肌への負担を考え、産毛処理は多くて1週間又は2週間に1回程度にしておくことをおすすめします。

・お風呂場で剃らない

後処理やついでと考えると便利なのですが、風呂場は雑菌が多く存在します。

お風呂で柔らかくなった肌は繊細になりますので、そこで傷や雑菌となると危険が伴います。

以上を守って適切な産毛処理を行いましょう。

頬の産毛の処理方法「剃る」

それでは、前項でご説明いたしました注意事項を念頭に、頬の産毛の処理方法を見てまいりましょう。

【カミソリで処理】

まずは、最も簡単に行えるカミソリでの剃毛です。

この場合は、髭剃りで使うT字カミソリよりもL字型のものが細部の剃りもできるのでおすすめです。

安全ガードがあるとお肌を傷つける危険が減るので、なお良いですね。

産毛を剃る場合には、イメージとしては「上から下へ」「中央から外側へ」刃を滑らす感じで、力は入れずに行うと上手に剃ることができます。

ピーリング効果も期待できますので丁寧に行いましょう。

【フェイスシェーバーで処理】

髭や鼻毛、眉毛などの細部の調整も簡単にできるものもあるので、一つ持っていると便利です。

カミソリ、フェイスシェーバーいずれの場合にも「処理前の洗顔」「処理後は化粧水またはオイルで保水」を心掛けてください。

また、お風呂上りには肌も柔らかく、毛穴が開いているので対応しやすいかもしれませんね。

入浴ができない場合には、蒸しタオルでも効果的です。

なお、処理後の保水には「抑毛ローション」を使用する手段もあります。

産毛の生成を抑制する効果に加え、「保湿」「毛穴の引き締め」効果に期待できます。

スキンケアにもなる頬の産毛の処理方法!脱毛も今や一般的

前項に続いて、頬の産毛の処理方法を見てまいりましょう。

【パック】

便利な産毛パックというものがあります。

一般的なパック同様に「顔にパックを塗って剥がすだけ」で、産毛や古い角質なども一緒に除去してくれる優れものなのです。

この手軽さが受けて、人気の産毛処理アイテムとなっています。

パックなので、保湿などお肌ケアも同時にできるのが嬉しいポイントです。

こちらの場合にも、過剰な使用は毛穴の開きに繋がる可能性もあるようですので、使用頻度は週一回位が丁度良いようです。

【脱毛サロン】

「毎回毎回丁寧に手入れをするのは大変!」そう考えるのであれば、脱毛サロンでの脱毛も一考かもしれません。

男性が脱毛サロンにいくことに抵抗があるかもしれませんが、最近のお洒落男子の間では脱毛サロンに行くのはポピュラーです。

・レーザー脱毛であれば痛みは少ない
・見た目がツルツルになる

脱毛サロンでは、これらのメリットが考えられます。

それでも脱毛サロンに通うことに抵抗がある方は、「家庭用脱毛器」もあるようです。

広く普及はしていませんが、家庭でサロンと同様の効果が期待できると注目されています。

以上の中からご自身に合う処理方法を探されてみてはいかがでしょう。

頬の産毛を処理することで得られる効果

これまでにご説明してまいりましたように、頬の産毛を処理するには様々な方法があります。

この処理を施すには、「すっきりする」こと以外に次のような効果も得ることができます。

【明るくなる】

頬の産毛は他の体毛とは異なり薄く細い傾向にありますが、それでも黒い毛が顔を覆っているのですから、処理をしなければ顔色が暗くそして悪く見えてしまうこともあります。

男性でさらに体毛が濃ければ尚更のことです。

これを処理するのですから、顔色が明るくなります。

そうなると人付き合いにも影響がでるかもしれませんね。

【ニキビ予防】

産毛に絡まった雑菌や余分な皮脂が毛穴に詰まると、ニキビの発生源になりかねません。

しかし、絡まる産毛が無くなるので、このリスクは低くなります。

もちろん、産毛の役目としてある毛穴の掃除は普段の肌ケアで補ってのお話しです。

また、この皮脂の絡まりが無くなれば、皮膚のターンオーバーを促進することも期待できますね。

【清潔感アップ】

顔に産毛があると清潔感が低下して見られてしまいます。

しっかりケアで清潔感をしっかり取り戻しましょう。

このように良いことばかりのように思われる産毛ケアですが、もともとの産毛の役割を果たさなくなるリスクは心得て、その代わりとなるような肌ケアはしっかりと行いましょう。

適切な産毛処理で明るさと爽やかさをアップさせてみよう

今回、頬の産毛ケアに関して色々とご紹介してきました。

産毛は邪魔ではありますが、それにもやはり大切な役割もあるのです。

もちろん産毛を処理することは、明るく爽やかな印象がアップしますので喜ばしいことではあります。

きちんと適切な産毛処理と、その後の丁寧な肌ケアで、明るさと爽やかさをアップしてみてはいかがでしょうか。