t字カミソリの特徴を覚えて髭剃りのやり方をマスターしよう

毎日の髭剃りに、多くの方がt字カミソリを使用していると思います。

しかし、t字カミソリは手軽に髭を剃ることができる反面、肌に負担がかかりやすいため、使用にあたっていくつかの注意点があります。

そこで、この記事でt字カミソリの特徴について確認し、髭剃りのやり方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪を切りすぎた!早く伸ばすために結ぶのは逆効果!

セルフや美容室などで「前髪を切ったけど、切りすぎてしまった」と切りすぎた前髪を抑えながら、落ち込んで...

髪の毛のアレンジはショートだって自由自在!コツは清潔感!

髪の毛を切りたいと思ったとき、どうしていますか?ただショートに短く切るだけではいまいちあか抜けな...

話題のヒゲトリマー!おしゃれアイテムはブラウンで決まり!

自分でヒゲのお手入れを手軽に格好良く仕上げられる「ヒゲトリマー」!様々なメーカーから様々な商品が...

髭剃りアイテムのブラシやカミソリ、100均商品のおすすめ!

男性のみなさんは、髭剃りにどんなアイテムを使っていますか?理容室で使われているような、石鹸を泡立...

髪の毛を守ってくれる?寝る時にかぶる夜の帽子とは

日本では、帽子というと日光を遮断してくれたり、おしゃれ目的でかぶることが一般的です。家の中で帽子...

汗で前髪がびちょびちょに!その原因と対策を知ろう

夏の暑い時期などに、汗で前髪がびちょびちょになり、おでこに張りついてしまっったことのある男性もいるか...

髭剃りは「ジレット」と「シック」どちらの製品を選ぶべき?

髭剃りで使用するカミソリのメーカーとして、人気を二分しているのは「ジレット」と「シック」ですよね。...

髪の毛のベタベタが取れない男性必見!原因と対処法

髪の毛がベタベタしている、といった悩みを持っている男性は少なくありません。また、シャンプーをして...

髪の毛がベタつく!前髪が脂っぽくなってしまう原因と対策

髪は女性のみならず、男性もキレイにサラサラな状態をキープしたいものですよね。しかし、毎日ちゃんと...

いつも髪型が気に入らないのはなぜ?人気の短い髪型もご紹介

みなさんは髪の毛を切るとき、美容師さんにどのように髪型を伝えていますか?雑誌の切り抜きを持って伝...

白髪は紫に染まるの?パープルヘアになってしまう理由

上品なマダムが白髪を紫に染めているのを、見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。徐々に減っ...

髭剃りはt字カミソリ?電気シェーバー?徹底比較してみた!

髭剃りのツールとして人気を二分する、t字カミソリと電気シェーバー。あなたは普段どちらを使っていま...

おしゃれな髭の作り方!どんなスタイルが日本人におすすめ?

おしゃれな髭は、「ワイルドさ」や「男らしさ」が演出でき、カッコいいですよね。男性なら、一度は髭に...

子供の髪の毛の切り方!活発な男の子の髪を素早く切ろう

「いつも育児や家事、仕事に奮闘しているママの負担を少しでも軽くしてあげたい。」「子供が懐いてくれなく...

髪の毛のすき方を伝授!セルフカットで男性の髪の悩みを解消

男性は髪の毛が短いため、早めに美容院などに行かないと髪型全体のバランスが悪くなってしまいますよね。...

スポンサーリンク

髭剃りベーシックアイテム!t字カミソリの特徴

男性にとって最もベーシックな髭剃りアイテムは「t字カミソリ」でしょう。

t字カミソリの特徴として、その種類の多さがあります。

t字カミソリと一言にいっても細かな差異があり、例えば刃数は1~5枚のものがありますし、さらに電動タイプや両刃タイプといった様々な種類の違いもあるため、自分の肌質・髭の硬さ・剃り方に合わせてt字カミソリを選ぶことができます。

そして、t字カミソリは電動シェーバーと比べて安価であり、気軽に購入できるという特徴もあります。

また、カミソリの刃を直接肌に当てて剃るため、髭を深剃りしやすく、細かい部分を剃りやすいのも大きな特徴と言えるでしょう。

以上のことから、髭が濃い人や多い人、伸びるのが早い人にはt字カミソリが向いていると言えます。

一方で、t字カミソリは電動シェーバーよりも肌との摩擦が大きいため肌に負担をかけやすく、また慎重に剃らないと肌を傷つける恐れがあるというデメリットもあります。

そのため、t字カミソリを安全に使うためには、正しいやり方を覚えることが大切です。

t字カミソリを使った正しい髭剃りのやり方①

t字カミソリは刃が肌に直接触れるため、使用時には肌への配慮がとても重要になります。

そこでここでは、t字カミソリを使った正しい髭剃りのやり方をご説明していきます。

1.肌の汚れを落とす

髭を剃る前の下準備として、洗顔フォームを使って顔の汚れを落とします。

2.毛を柔らかくする

蒸しタオルなどを顔に当てることで髭が柔らかくなるため、髭が剃りやすくなり、肌への負担が軽減されます。

特に髭が濃い人や硬い人は念入りに行うといいでしょう。

もし時間がないのであれば、ぬるま湯で顔を洗うことでも髭を柔らかくすることができます。

3.シェービング剤を塗る

肌に何もつけずに髭を剃ってしまうと、肌に大きな負担をかけてしまいます。

また、カミソリの刃にも負担がかかるため、カミソリの寿命を縮めてしまうことにもつながります。

以上のことから、髭剃り前には必ずシェービング剤を使用しましょう。

肌にシェービング剤をつけたら30秒ほど待つことで、シェービング剤が髭の根元まで浸透し、更に髭が柔らかくなって滑りもよくなりますよ。

t字カミソリを使った正しい髭剃りのやり方②

続いて、t字カミソリを使った正しい髭剃りのやり方をご説明していきます。

4.毛の流れに沿って剃る

肌にシェービング剤がなじんだら髭を剃っていきますが、その際には髭の生えている方向(毛の流れ)に沿って、上から下へと剃っていきます。

全体を大体きれいに剃ることができたら、剃り残した髭があるかどうかを確認し、剃り残しがあった場合は今度は毛の流れに逆らうように剃っていきます。

髭を逆らって剃る場合には、必ず1回に収め、軽い力で剃るようにしてください。

5.きれいに剃り終わったら、シェービング剤を冷水で洗い流します。

顔を冷水で洗うことで皮膚が収縮して引き締まるので、毛穴などに雑菌が侵入しにくくなり、肌荒れを防ぐことに繋がります。

6.ケアをする

髭を剃ったあとは、しっかりと肌のケアを行いましょう。

髭剃り後の肌は角質層が削り取られているため、肌内の水分が逃げてしまいやすい状態です。

肌は水分を保有することで乾燥や雑菌の侵入を防いでいるため、傷ついた肌には化粧水や乳液でしっかりと保湿をしましょう。

以上が、t字カミソリを使った髭剃りのやり方になります。

正しい髭剃りを行うことで、肌への負担を大幅に減らすことができます。

t字カミソリで間違ったやり方

ここでは、t字カミソリを使った間違った髭剃りのやり方についてご説明していきます。

1.毛に逆らって剃らない

t字カミソリでも電動シェーバーでも、髭剃りの基本は毛の流れに沿うことです。

毛の流れに逆らって行う「逆剃り」は、髭だけでなく肌表面を削ってしまうため肌へのダメージが大きく、肌荒れやニキビの原因になるといわれています。

2.力を入れて剃らない

剃り残しが気になって、どうしても肌にカミソリを押しつけるように剃ってしまいたくなりますが、カミソリを肌に押しつけて剃ると肌に大きな負担を与えてしまいます。

肌に負担がかからないように、ほどよい圧力で剃りましょう。

3.同じ箇所を何度も往復しない

同じ場所を何度も剃ると、知らず知らずのうちに肌に過大なダメージを与えてしまうことになります。

また、往復するような剃り方も望ましくありません。

なるべく少ない回数で剃るようにしましょう。

t字カミソリに関する注意点

続いて、t字カミソリに関する注意点についてお伝えします。

●カミソリの刃は適度に交換すること

カミソリの刃は使用するたびに消耗しています。

切れ味が悪くなった刃では髭をきれいに剃ることができないため、何度もカミソリを肌に当ててしまうことになりがちで、結果として肌を傷めてしまう原因になります。

また、長く使用しているカミソリの刃には雑菌や汚れが溜まっていることも多く、これらが肌の炎症やニキビの原因になることもあります。

そのため、カミソリの刃は長くても1ヶ月を目安に取り替えるようにしましょう。

●カミソリを浴槽に置かない

髭の処理をお風呂場で行う方もいらっしゃると思いますが、カミソリは浴室に置いたままにしないようにしましょう。

その理由として、浴室は高温多湿になりがちな場所であるため、雑菌が繁殖しやすい環境と言えるからです。

雑菌が付着したカミソリで髭を剃ると、炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。

また、高温多湿の環境はカミソリの刃を劣化させる原因にもなります。

正しい手順とやり方を守って、髭剃りのトラブルを回避していきましょう。

肌にとって負担が少ないt字カミソリの選び方

ここまで、t字カミソリを使った髭剃りのやり方をご紹介してきました。

肌へ余計な負担をかけないためにも、ここまでに紹介した内容を参考に、正しい方法で髭を剃ってくださいね。

最後になりますが、この項ではt字カミソリの選び方についてご紹介していきます。

t字カミソリは100円から1,000円程度まで価格に幅があり、種類も大変多いです。

ここで注意したいのが、安く済ませようと100円程度のカミソリを購入しないことです。

安いカミソリは刃の枚数が少なく、肌への圧力が高くなってしまうため、肌に大きく負担をかけてしまうことになります。

また、肌との摩擦を軽減する「スキンガード」がついていない商品がほとんどです。

安いものには、安いなりの理由があるのです。

髭剃りは毎日行う男性が多いでしょうから、肌に大きく負担をかけるような安価なカミソリを日常的に使用することはおすすめできません。

そこでおすすめなのは、刃の枚数が多いt字カミソリです。

刃数が多いほど、肌への負担は軽減されます。

また、肌にフィットするようにヘッドが動く首降り機能や、軽い力で剃れる電動タイプなど、さまざまな工夫がされた商品も販売されています。

ご自分の用途に合わせて、ピッタリなカミソリがみつかるといいですね。

正しい髭剃りで肌の負担を減らす

t字カミソリは肌に直接当てて剃るため、きれいに髭を剃れるというメリットはありますが、反対に肌荒れを起こしやすいというデメリットがあります。

この記事では、肌への負担をなるべくかけないようにする髭剃りのやり方をご紹介しましたので、肌荒れをしやすいという方はぜひ実践してみてくださいね。