髭剃りにはカミソリか電動かどちらが良い?その比較を知る!

男性が毎日行っている身だしなみの一つは、髭剃りですよね。

そんな毎日の髭剃りをする上で、カミソリか電動シェーバーかどちらを使おうか悩む方も多いのではないでしょうか。

それを選ぶには、カミソリと電動シェーバーのそれぞれの違いを知ることが大切です。

そこでこの記事では、カミソリと電動シェーバーの比較から、それぞれの正しい髭の剃り方までご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髭剃りを清潔にしたい!ブラシなどの掃除やメンテナンス方法

普段、電気シェーバーで髭剃りをしている人は、定期的に電気シェーバーのメンテナンスが必要です。メン...

産毛は剃ると濃くなるって本当?事実を知って正しいケアを!

男性はほぼ毎日、髭のお手入れをしていることでしょう。最近の男性は髭だけでなく、顔の「産毛」も気に...

男前度をアップ!輪郭別のオシャレに髭を伸ばす方法とは

ワイルドで男らしい雰囲気を高めてくれる髭。しかし、髭の作り方次第では、周囲からの印象が良くも悪く...

髭剃り用シェーバーで肌に優しいものはこれ!使い心地を検証

敏感肌であったり、肌荒れしやすい男性の方は、肌に優しいシェーバーを利用したいと考えるでしょう。こ...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか?剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と忘れ...

髭のおしゃれがしたい!濃いより薄い方がしやすいって本当?

「男らしくおしゃれな髭を生やしたいなぁ」ため息をつき、あごをさすりながら諦めがちにつぶやく男性の...

深剃りが出来る「髭剃り用カミソリ」正しいやり方はこれ!

毎日の髭剃りにカミソリは欠かせません。特に髭の濃い方は、電気カミソリではなく、手動カミソリで深剃...

髭剃り用のジェルは電動シェーバーでも必要?おすすめは?

電動シェーバーで髭剃りを行う男性の方は、ジェルなどのシェービング剤を使用しない「ドライ剃り」をされる...

髭剃りの細かなお手入れにヒゲトリマーが便利!使い方とは

髭剃りの際、髭をファッションの一部として残している男性の方も多くみられます。そのような方は、当然...

在宅療養の際の髭剃りなどの整容看護の手順と注意点について

例えば、ご両親が高齢になった時に、在宅療養になる場合があります。特に独身男性の場合は、主な看護を...

髭にも育毛剤があるって知ってた?中でもおすすめはこれ!

「髭と育毛剤」この二つが結び付く方は、とてもお洒落な髭マイスターかもしれませんね。実は髭にも、髭...

髭剃りを旅先でも!飛行機で注意したい電動髭剃りの扱い方!

飛行機を利用するとき、旅先でも機内でも、身だしなみを気にされる方にとっては、電動髭剃りを持っていきた...

髭剃りに使うシェーバーとカミソリ!その種類や特徴は?

男性は、身だしなみを整える上で髭剃りは欠かせません。髭剃りに使う道具といったら、「シェーバー」か...

肌を傷めずスムーズに髭剃りするコツとは?カミソリ派必見!

男性にとって、毎日欠かせない習慣となっている、「髭剃り」ですが、カミソリを使用している方は多いのでは...

髭をおしゃれに決めたい!お手入れを知って清潔感をアピール

髭はおしゃれに決めたい男性には欠かせないポイントです。服装だけでなく髭にまで気を配れれば、男性と...

スポンサーリンク

髭剃りにはどちらがいいの?カミソリのメリット・デメリット

髭剃りをする上で、カミソリか電動シェーバーかで悩むことは、男性の誰もが通る道ではないでしょうか。

その髭剃り選びには、両者の違いを照らし合わせることが、自分に合った髭剃りを見つける近道になります。

では、まずはカミソリから見ていきましょう。

一般的に、髭剃りにおいて主流になっているのは、T字タイプのカミソリです。

刃の枚数は2~5枚のものがほとんどで、枚数が多いほど肌への負担を軽減することができます。

以下がカミソリのメリット・デメリットです。

【メリット】

・深剃りができるため、比較的きれいに剃れる

・価格がリーゾナブル

【デメリット】

・摩擦面が大きいため、電動シェーバーよりも肌への負担が大きい

・肌を傷つける場合がある

・シェービング剤を塗るなど、剃る前の下準備に一手間が必要

・洗面所といった、使用する場所が限られる

・定期的な刃の交換が必要(1~2週間に1度)

以上が、カミソリを使用する上でのメリット・デメリットです。

では続いて、電動シェーバーを見ていきましょう。

電動シェーバーのメリット・デメリットを知ろう!

まず、電動シェーバーの構造としては、外刃と内刃で成り立っており、この外刃を肌に押し当てることで髭を押し出し、内刃で髭を剃っていきます。

髭を剃る仕組みから分かるように、内刃が直接肌に当たらないため、比較的肌への負担は少なく済みます。

では、電動シェーバーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

・比較的肌へのダメージを抑えられ、敏感は肌な人にも優しい

・場所を選ぶことなく、髭剃りが手軽に短時間でできる

・刃の交換は1~2年に1度で済む

【デメリット】

・カミソリと比べると、剃った後にザラついた感触が残りやすい

・細い毛や細かい部分の処理がやや難しく、うまく剃れないことがある

・シェーバーの洗浄など、メンテナンスをそのつどする必要がある

・カミソリと比べるとハイコスト

以上が、電動シェーバーのメリット・デメリットです。

カミソリと比べると、やはり肌を傷つけるリスクを軽減することが魅力的です。

しかしながら、肌へのダメージは少なからずあるので、髭剃り後の肌のケアは十分に行いましょう。

髭剃り選びの費用を比較!カミソリのコストを細かく分析!

これまでに、カミソリと電動シェーバーの髭剃りのメリット・デメリットをご説明してきました。

ざっくり見ると、電動シェーバーは肌に対して優しく、カミソリはコスト面に魅力があります。

しかし、カミソリのデメリットをよく見てみると、刃の交換頻度が1~2週間と多く、本当に電動シェーバーより安価で済むのか気になるところではないでしょうか?

そこで、両者のコスト比較を細かく分析して見ていきましょう。

カミソリの場合、一般的には1,000円前後で販売されており、それとは別に、替刃が4個入りでおおよそ1,500円前後で購入することができます。

また、カミソリに必要なシェービング剤は500円前後で入手できます。

上記の内容を年間で計算してみましょう。

なお、カミソリ一つの使用寿命は1~2週間、4個入りは2ヶ月で計算します。

(本体費用:1,500円) + (1,500×6 = 9,000) = 10,500円

では、次に電動シェーバーを見ていきましょう。

電動シェーバーのコストを分析!そこから見る比較は?

それでは、カミソリに続いて、電動シェーバーのコストを細かく見ていきましょう。

電動シェーバーの場合は、比較的手頃な値段だと、10,000円前後で販売されており、基本的に外刃が約1年、内刃が約2年の交換目安があります。

販売価格は、ざっと内刃が3,000円、外刃が4,000円程度で考えます。

上記を2年間で計算してみましょう。

(本体費用:10,000円) + (3,000×2 + 4,000) = 20,000円

カミソリの場合は、年間コストが10,500円なので、2年利用の場合だと、電動シェーバーの方が安いことが分かります。

ただ、もう少し安価なカミソリを使えば、長期的にはカミソリの方が安くなる場合もあるので、一概に電動シェーバーが安いとも言えません。

また、電動シェーバーと言っても、高額なものから安価なものまでピンきりで販売されており、最近ではリーゾナブルな価格で販売されているものも多くあります。

いずれにしても、これまでの説明を参考に、自分に合った髭剃り選びをしていくことが大切と言えますね。

髭剃りを肌に優しく!カミソリの正しい剃り方

これまでに、カミソリと電動シェーバーを比較しつつ、長期的なコスト面を分析してきました。

先にも述べましたが、両者のいずれを使うにしても、肌へのダメージを全くなくすことはできません。

そこで、髭剃りをする上で、より肌に優しい方法を知っておくことが重要だと言えます。

ではまず、T字カミソリを使った、正しい髭剃りのやり方をご紹介していきます。

①まず髭を剃る前に、軽い洗顔をする

②蒸しタオルを顔に乗せ、毛穴を開かせる

蒸しタオルの作り方は、ぎっちり絞ったタオルをロール巻きにし、電子レンジ500Wで1分程で出来上がります。

熱すぎると肌に良くないので、電子レンジから取り出したら熱さを確認しましょう。

③シェービング剤を髭につけ、30秒ほどそのまま置く

根元まで浸透させ、髭をふやけさせるために放置させます。

④髭の生えている方向に向かって、上から下へ剃っていく

剃り切れない部分があれば、髭の流れとは逆方向に剃りましょう。

⑤髭剃り後、水でシェービング剤を洗い流す

⑥タオルで水分をとったら、化粧水や乳液で肌のケアを行う

髭剃り後は、カミソリによって肌の角質層も剃り取られている状態なので、十分なケアを行うことが重要です。

以上が、T字カミソリのより良い髭剃り方法です。

間違ったそり方は、肌にダメージを与えて、肌トラブルの原因にも繋がります。

カミソリでの髭剃りは、肌に傷がつかないように慎重に行い、肌へのアフターケアも入念にしましょう。

髭剃りをよりきれいに!電動シェーバーの正しい剃り方

では続いて、電動シェーバーの正しい剃り方について、ご説明していきます。

①肌に対して直角に刃をあてる

しっかり垂直にあてないと、中途半端な長さになってしまい、きれいに剃れません。

また、肌を傷つけないように軽くあてて、刃を滑らせるように剃るのがポイントです。

②毛を立たせる

顎下などの寝ている毛は、肌を伸ばして毛を立たせましょう。

髭の毛を立たせて剃ることで、きれいに剃ることができます。

③ゆっくり逆剃りしていく

シェーバーを早く動かさずに、ゆっくりと動かしながら剃っていきます。

顎下の髭のように、生える方向がまばらな場合は、髭の流れと逆の向きに剃っていきましょう。

④もみあげ部分はトリマー刃で

多くの電気シェーバーには、際剃り用のトリマー刃が搭載されています。

刃穴に入りにくい、もみあげのような長い毛は、本体背面に付いているトリマー刃を使うのがベターです。

以上が、電動シェーバーで、より優しくきれいに剃る方法です。

電動シェーバーでも、すくなからず肌へのダメージはあるので、カミソリ同様、髭剃り後の保湿ケアは怠らずに行いましょう。

自分に合った髭剃り選びのために

まず、髭剃り選びをする際には、カミソリと電動シェーバーの違いを比較し、よく理解することが大切です。

髭剃りはほとんど毎日行うことでしょうから、なおさら自分に合ったものが良いでしょう。

また、両者いずれにしても肌への負担があるので、髭剃り後の肌ケアは、肌荒れ防止のためにしっかりと行うことがベターです。

毎日の髭剃りを、気持ちの良いものにしていきましょう。