SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

髭剃りの刃はその捨て方で大丈夫?その処理方法をご紹介!

2018.7.27

男性の皆さんにとって、日頃の身だしなみには髭剃りが欠かせないですよね。

不要になった髭剃りの刃は、皆さんどのように処分していますか?

刃がむき出した状態で、不燃ごみの袋に捨ててはいないでしょうか。

また、それに加え、電気シェーバーの処分に困る方も少なくないと思います。

そこで、この記事では、髭剃りの刃や電気シェーバーの捨て方について、詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りを毎日すると肌によくない?正しい方法で肌を守ろう!

「髭剃りは、毎日するのが日課」という男性は多いと思います。 しかし、髭を剃ったあとに肌がピリピリ...

産毛の処理が顔の印象を変える?!男も必見!産毛の対処法

男性のみなさんは、顔の「産毛」を気にしたことありますか? 髭は気にするけれど産毛までは気に...

髭剃りに使うカミソリの替刃の寿命はいつ?寿命を延ばす方法

髭剃りに使っているカミソリの替刃は、見た目で寿命が判断しにくい点もあり、「まだ剃れるから」という...

前髪を伸ばす方法ってある?なるべく短期間で伸ばす方法

ついつい、前髪を切りすぎて失敗してしまったことってありませんか? 前髪は顔の印象を大きく変えるも...

髭剃りするなら深剃りしたい男性必見!肌に優しい髭剃り方法

男性には毎日欠かせない髭剃りですが、「深剃りをしてすっきりしたいけど、カミソリ負けやニキビなどで...

髭剃り用シェーバーの人気機種はこれ!プレゼントにも最適

男性にとって、髭剃りは日課です。 そんな髭剃りに使う電動シェーバーは、カミソリに比べると価格も高...

あなたは敏感肌?ならば髭剃りは電気シェーバーがおすすめ!

敏感肌の人にとって、髭剃りは厄介事の一つでしょう。 カミソリ負けによって肌を痛めてしまいがちで...

髭剃り用のジェルは電動シェーバーでも必要?おすすめは?

電動シェーバーで髭剃りを行う男性の方は、ジェルなどのシェービング剤を使用しない「ドライ剃り」をされ...

髭剃り徹底比較!パナのラムダッシュ対ブラウン・シリーズ9

髭剃りはほとんどの男性にとって日課ですよね。 この機会に髭剃りの道具を最新の電動シェーバーに交換...

髭剃りでおすすめの人気カミソリはコレ!失敗しない選び方

髭剃りに使うカミソリは、さまざまメーカーから販売されており、また価格もピンからキリまであるので、ど...

前髪や髪が剛毛・量が多い男性必見!それぞれの解消方法

男性の髪の悩みで「髪が少ない」「薄毛にならないか心配」というのはよく聞きますね。 一方で「前髪...

深剃りが出来る「髭剃り用カミソリ」正しいやり方はこれ!

毎日の髭剃りにカミソリは欠かせません。 特に髭の濃い方は、電気カミソリではなく、手動カミソリで...

髭の臭い、対策してる?簡単なケアで清潔感に磨きをかけよう

最近は、ファッションの一部として、オシャレに髭を生やす男性も多いですね。 もちろん、すっきりと...

整髪料の特徴!ジェルの使い方に気をつけないと薄毛の一因に

ヘアスタイルをばっちり整えてくれるワックスやジェルですが、使い方に気をつけないと頭皮に良くない、...

髭剃りにシェービングクリームは必要?代用できるものとは?

毎日髭剃りをする男性にとって、シェービングクリームは必需品という方も多いことでしょう。 しかし...

スポンサーリンク

髭剃りの刃の捨て方を知る前に!髭剃り刃の交換目安は?

髭剃りの刃の捨て方を知る前に、まずは、カミソリ刃の交換目安を知っておきましょう。

カミソリのタイプには、替刃式と使い捨て式の主に2種類があります。

その中でも、現在主流になっているのは替刃式で、電気シェーバーとは違い、交換して使っていく消耗品でもあります。

替刃式の寿命としては、1日1回を目安に使った場合、長く使えても約2週間が限度とされています。

しかし実際、刃の交換をせずに少なくとも1ヶ月使い続けている方が、なんと8割以上にも上るのが現状です。

一般的に、カミソリの刃は2~5枚付いており、毎日使っていくうちに、刃は磨耗されていきます。

それに加え、髭というのは思った以上に硬い性質を持っているので、毎日使う刃へのダメージはかなり大きく、その証拠に刃こぼれも起こります。

そんな状態の刃を使っていれば、髭剃り負けを起こしたり、肌トラブルにも繋がってしまいます。

したがって、替刃式のカミソリは、2週間を目安に交換するのがベストと言えますね。

では続いて、電気シェーバーの寿命について見ていきましょう。

電気シェーバーの寿命とは?髭剃り刃とバッテリーで異なる!

当然、電気シェーバーにも寿命はありますが、バッテリーと刃の寿命はそれぞれ異なります。

では早速、それぞれの寿命を見ていきましょう。

・バッテリーの寿命

大半の機種が、およそ3~4年であるとされています。

というのも、電気シェーバーに使われている、リチウムイオン電池にその理由があります。

リチウムイオン電池の充電回数の限度は、約300~500回とされているので、3日に1度の充電をすれば、長く使えて大体4年になります。

・刃の寿命

シェーバーの刃は、基本的に外刃が約1年、内刃が約2年の交換がベストと言われています。

先の述べたカミソリ刃と同様に、使えば使うほど刃は劣化していきます。

また、刃の劣化は、髭の剃り具合にも影響するので、髭剃りの時間も長くなります。

そうなってしまうと、バッテリーへの負担も増えて、バッテリー自体の寿命が短くなってしまいます。

したがって、シェーバーの刃の交換は、怠らずに行うのがベターと言えますね。

以上が、電気シェーバーのバッテリーと刃の寿命目安になります。

では、寿命になった髭剃りの刃や電気シェーバーは、どのような捨て方が良いのでしょうか?

まずは、髭剃りの刃からご説明していきます。

不要になった髭剃りの刃!正しい捨て方を知っておこう

髭剃りの刃を捨てる際、刃がむき出したまま処分してしまうことはないですか?

使用済みの髭剃り刃は、回収する方への配慮を一番に考えましょう。

そのため、捨て方には十分な注意が必要です。

注意することとしては、刃がむき出しにならないように、新聞紙やガムテープなどで刃を覆うようにしましょう。

その上で、収集袋には「キケン」「カミソリ」と記載するようにすると、回収する方も注意して取り扱うはずです。

また、髭剃り刃の分別としては、一般的に不燃ごみの対象とされていることが多いです。

しかしながら、地域によっては、危険物の対象とされていることもあります。

また、回収方法も自治体によって異なるケースがあるため、思い込みで捨てる前にそれぞれの自治体に問い合わせるのが良いでしょう。

捨て方に注意!電気シェーバーの処分はどうすればいい?

前項では、髭剃り刃の正しい捨て方についてご説明しました。

では次に、電気シェーバーの捨て方について見ていきましょう。

大半の地域では、電気シェーバーは不燃ごみの対象とする場合が多いです。

しかしながら、自治体によっては、電気シェーバーを「小型家電」として回収しているところもあります。

というのも、平成25年に「小型家電リサイクル法」が施行され、多くの地域で処分方法が変わっています。

したがって、電気シェーバーの処分を「小型家電」として扱う地域では、公共施設や家電小売店などに設けられた回収ボックスに捨てるのが良いでしょう。

いずれにしても、身勝手な方法で電気シェーバーを処分することのないよう、まずはお住まいの自治体に確認することがベストです。

また、それに加え、電気シェーバーの捨て方については、使われている電池にも注意を払う必要があります。

次項で詳しく見ていきましょう。

電気シェーバーの電池にも注意!リチウムイオン電池の捨て方

前項に続いて、電気シェーバーの処分時に気を付けてほしいのが、使用されている電池です。

現在流通する電気シェーバーの多くは、リチウムイオン電池が使われており、従来使われていたニッカド電池やニッケル水素電池と比べると、出力密度も高く、寿命年数も長くなりました。

そのリチウムイオン電池本体にはリサイクルマークが記載されており、捨て方としては以下の通りです。

・プラス・マイナス極をセロテープなどで覆う

・最寄のリサイクル協力店の回収ボックスに捨てる

上記の処分方法を守らずに、そのまま不燃ごみに捨ててしまうと、断裂ショートによって出火する恐れがあり、場合によっては重大な火災に繋がる危険性もあります。

そのため、間違って電気シェーバーと一緒に不燃ごみとして捨てないようにすることが大切です。

電気シェーバーを捨てるときには、まずリチウムイオン電池が入ったままになっていないかを確認しましょう。

その上で、髭剃り刃や電気シェーバーと同様に、リチウムイオン電池の捨て方にも十分注意して捨てるようにしてください。

より長く使っていくために!電気シェーバーのメンテナンス

これまでに、カミソリ刃と電気シェーバーの寿命から、それぞれの正しい捨て方までをご説明してきました。

必ず寿命が来るとは言え、電気シェーバーの場合は、できるだけ長く使っていきたいものですよね。

電気シェーバーの寿命を延ばすには、日頃のメンテナンスが大切です。

しかし、ただ寿命を延ばすためだけのメンテナンスではありません。

というのも、シェーバーによる毎日の髭剃りは、髭だけではなく、同時に皮膚表面の汗や皮脂汚れも剃っています。

したがって、それらの汚れを蓄積させることで、内部は細菌が住み着く温床となり、臭いが発生してしまうかもしれません。

また、メンテンスをしないと刃にも影響があり、切れ味が悪くなることで肌トラブルの引き金になりかねないのです。

それを防ぐためにも、シェーバーの定期的なお手入れは欠かせません。

シェーバーの基本的なメンテナンス方法は、ブラシがけや水洗い、そしてオイル差しです。

自動洗浄機が付いていない電気シェーバーの場合は、特に上記の定期的なお手入れを忘れないようにしましょう。

自治体のルールに沿った捨て方を

髭剃り刃や電気シェーバーの捨て方は、その地域によって決められているため、分からなければ必ずその自治体に確認することがベストです。

特に、電気シェーバーに使われているリチウムイオン電池に関しては、現在でも出火事例が多くあり、捨て方には十分に気を付ける必要があります。

いずれにしても、回収する方のことを配慮しながら、自治体のルールに従った捨て方を心がけましょう。

 - 髭の悩み