SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

髭剃りに使うカミソリの替刃の寿命はいつ?寿命を延ばす方法

2018.10.12

髭剃りに使っているカミソリの替刃は、見た目で寿命が判断しにくい点もあり、「まだ剃れるから」という理由で交換せずに使い続けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、寿命が過ぎたものを髭剃りに使用し続けると、肌荒れなどの肌トラブルに発展する可能性もあるためおすすめできません。

この記事では替刃の寿命の見極め方、また寿命を延ばす方法についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りを旅先でも!飛行機で注意したい電動髭剃りの扱い方!

飛行機を利用するとき、旅先でも機内でも、身だしなみを気にされる方にとっては、電動髭剃りを持ってい...

髭剃り論議!「シック」か「ジレット」か?果たして結論は?

「シック」と「ジレット」の髭剃り論議は、繰り返し行われていて尽きることがありません。 「好みの...

髭剃りにシェービングクリームは必要?代用できるものとは?

毎日髭剃りをする男性にとって、シェービングクリームは必需品という方も多いことでしょう。 しかし...

髭剃り後の嫌な臭いはどこからくる?その原因と対策を知る!

男性の髭剃りには、一般的にT字カミソリや電気シェーバーが使われていることがほとんどです。 しか...

髭剃りで肌荒れしやすい方に!敏感肌におすすめのシェーバー

髭剃りは毎日行うのが日課という男性も多いはず。 しかし、髭剃りの問題といえば「肌荒れ」ですね。 ...

前髪を伸ばす方法ってある?なるべく短期間で伸ばす方法

ついつい、前髪を切りすぎて失敗してしまったことってありませんか? 前髪は顔の印象を大きく変えるも...

自分に合った髭剃りは、t字カミソリか?電気シェーバーか?

毎日の髭剃りに何を使っていますか? 安価で手に入りやすい「t字カミソリ」でしょうか。 それと...

髭剃りのウェットシェービング!ジェルと泡の違いについて!

髭剃りでウェットシェービングをする上では、シェービング剤選びも迷うところですよね。 特に、髭が...

肌を傷めず髭剃りをするために!替え刃の交換時期を知ろう!

男性のみなさんが、毎日の習慣として行なっている髭剃りですが、髭剃りに使っているカミソリや電気シェ...

髭剃り用シェーバーの人気機種はこれ!プレゼントにも最適

男性にとって、髭剃りは日課です。 そんな髭剃りに使う電動シェーバーは、カミソリに比べると価格も高...

肌を傷めずスムーズに髭剃りするコツとは?カミソリ派必見!

男性にとって、毎日欠かせない習慣となっている、「髭剃り」ですが、カミソリを使用している方は多いの...

髭剃りにベストな時間帯ってあるの?平均時間を短縮する術

毎日行う髭剃り、時間を短縮したいと感じたことありませんか? ただ、時間を短縮したいからといって、...

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。 しかし、シェーバーはカ...

肌に優しい髭剃りがしたい!敏感肌用シェーバーランキング

髭剃りを行ったあと、いつも肌が荒れてしまうという敏感肌の男性はいませんか? 実は髭剃りのトラブル...

髭剃りには電動シェーバー?それともカミソリ?違いを検証!

男性の毎日の習慣に「髭剃り」がありますよね。 その髭剃りを普段、電動シェーバーとカミソリのどち...

スポンサーリンク

髭剃りに使うカミソリの替刃の寿命はどのくらい?

髭の硬さは人によって異なりますが、一般的には同じ太さの銅線程度の硬さであるといわれています。

それほど硬い髭を剃っていれば、カミソリの刃は当然痛んで切れ味が悪くなるでしょう。

替刃の寿命は、髭の濃さや硬さ、髭剃りの頻度によって異なりますが、平均的に2~3週間ごとの交換が目安とされています。

ただし、髭が濃い男性の場合、その分刃に大きな負担をかけていることになりますから、10日前後で交換する必要がある場合もあります。

また、シックハイドロシリーズのようにカミソリの刃の上部にジェルがついているカミソリがありますね。

こういったタイプの剃刀の場合には、ジェルが薄くなったと感じたら寿命を迎えたという1つの目安になります。

カミソリの寿命というものは、はっきりと「○日で交換」と明記しているものではないので、あくまで上記でお伝えしたものは目安となります。

では、はっきり交換時期と分かる基準となるものはないのでしょうか。

替刃の寿命が過ぎたと分かる判断基準とは

先ほど、カミソリの替刃の交換時期の目安についてお伝えしました。

ただし、これはあくまでも目安となるため、髭の質によっては多少なりとも変化することになります。

では、はっきりと寿命と判断できるものはあるのでしょうか。

○切れ味・サビ・ニオイ

カミソリの替刃を交換するタイミングとしては、「切れ味・サビ・ニオイ」で判断することができます。

特に、切れ味に関しては、髭剃りの際に分かりやすい部分ですから、少しでも違和感を感じた場合にはすぐに交換することをおすすめします。

しかし、多少切れ味が悪くても髭は剃れてしまいますので、切れ味が悪くなったと感じてもそのまま使用し続ける方もいますが、その分肌に負担をかけることになるので、避けた方がよいでしょう。

サビについては、分かりやすい目安かと思います。

カミソリの替刃にサビが発生すると、剃り味は格段に落ちますので、即座に交換するようにしましょう。

最後にニオイですが、カミソリの替刃は顔の皮脂や汚れなどが付着しています。

もしこれらをエサにしている雑菌が増殖すると、カミソリから嫌なニオイが発生することがあります。

このような状態になると、カミソリは不衛生な状態ですから、気持ちのよいものではありませんね。

ですから、ニオイがしたカミソリも寿命である目安の1つとなります。

寿命が過ぎた替刃を髭剃りに使用し続けるとどんなリスクがある?

カミソリの替刃は意外にも寿命が短いものです。

「まだ剃れるから」といって寿命を過ぎたカミソリを使用し続けていると、どんなリスクがあるのでしょうか。

○肌荒れしやすくなる

寿命を過ぎたカミソリは、刃の切れ味が悪くなっている状態です。

切れ味の悪い、劣化した状態のカミソリで髭剃りをすると、髭を剃るときに大きな抵抗が生まれます。

すると、一度できれいに髭を剃り切ることができず、引っ張りながらちぎるように髭を切るので、毛穴を広げたり、剃り残しが多くなってしまいます。

一度のストロークで髭を剃り切ることができなければ、その部分を何度もカミソリで滑らせることになりますから、肌への負担も大きくなります。

また、同じカミソリを長く使用していると、それだけ肌の皮脂や汚れが蓄積されていきますので、雑菌が溜まりやすい状態になります。

もし、切れ味の悪い刃で肌を傷つけ、その傷口に雑菌が侵入すれば、肌荒れを引き起こしやすくなります。

このように、「まだ剃れるから」という理由で替刃を交換しないことはとても危険な行為でもあります。

寿命がきたと感じたら、すぐに新しい替刃に交換しましょう。

カミソリの替刃の寿命を延ばす方法①

カミソリの替刃は定期的に交換する必要があります。

しかし、替刃が高いと感じたことありませんか?

ここでは、替刃の寿命を延ばす方法についてお伝えしてきます。

○髭剃り前に髭に水分を与える

最初にお伝えしたように、髭の硬さは銅線に並ぶ硬さです。

ですから、髭を剃る前にしっかりと髭に水分を浸透させ、柔らかくしてから髭剃りを行いましょう。

髭は水分を含むと、40%程度膨張し、柔らかくなるという性質があります。

これにより、カミソリの刃に負担をかけずスムーズに剃り落とすことができるので、カミソリの替刃の寿命を延ばす効果があります。

髭を柔らかくする方法としては、髭に蒸しタオルを当てることや、シェービング剤を使用することが挙げられます。

カミソリの替刃の寿命を延ばす方法②

○カミソリの保管

カミソリは刃が何枚にも重ね合わさっている製品が多いので、なかなか内部まで洗浄することは難しいものですよね。

ですが、カミソリを使用するにあたり、皮脂や汚れの付着は避けられません。

これらの汚れは、空気と触れることで酸化し刃の劣化に繋がります。

ですから、刃の寿命を延ばすためには、酸化を防ぐための汚れの除去が大切です。

髭剃りを終えたら、すぐにカミソリの刃をきれいに掃除しましょう。

また掃除し終えたら、しっかりと水気を切り、できるだけ湿気のない場所で保管します。

もし、浴室などの湿気が多い場所に保管している方は、保管場所を変更するだけでも、替刃の寿命は大きく延びると思われます。

また、替刃がセットになった製品の保管は、ジップロックやジッパーつきの袋に乾燥剤と共に入れて保管することをおすすめします。

間違っても、湿気の多い浴室や洗面台付近には置かないようにしてください。

このような場所に保管していると、使用する前に刃の劣化が進んでしまいます。

髭剃りでの剃り味が復活!?カミソリ刃シャープナー「Razorpit」とは

カミソリの替刃の寿命を少しでも延ばせたらうれしいですよね。

そこで、おすすめの商品をご紹介します。

その商品は「Razorpit(レイザーピット)」です。

レイザーピットは、カミソリに付着した皮脂や汚れなどを取り除き、切れ味と清潔さを保つために生まれたカミソリ刃シャープナーになります。

使い方は、非常に簡単です。

まずシェービング剤をレイザーピットに塗り、カミソリの刃を押し付けるように滑らせます。

その際、髭剃りの時とは反対方向に3~4回滑らせます。

最後にカミソリについたシェービング剤を洗い流せば完了です。

このレイザーピットは、刃を直接研磨するわけではありませんが、カミソリ汚れをすっきりと落としてくれるので、切れ味が復活するというものです。

実際の口コミでも、「切れ味が復活した」「コスパがよい」という高評価も多く見られます。

中には、「替刃が3ヶ月も持った」という口コミもありましたので、試してみる価値はありそうですね。

替刃は定期的に交換を

髭は思っているよりも硬い物質です。

ですから、カミソリの刃は定期的に交換する必要があります。

「まだ剃れるから」「もったいないから」という理由で使用し続けていると、肌荒れを起こすリスクが高くなります。

一般的な交換目安としては2~3週間ですが、それ以前に違和感を感じた場合には、すぐに交換することをおすすめします。

 - 髭の悩み