SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

髭剃りは電動シェーバー派!シェービングクリームは必要?

2018.10.1

電動シェーバーは、場所を選ばずに髭剃りができるので、忙しい男性の中では愛用している方も多いようです。

しかし、髭剃り後の肌の状態はいかがでしょうか。

もし、電動シェーバーを使っているにも関わらず、肌の調子があまり良くないという場合は、シェービングクリームを使ったウェットシェービングをおすすめします。

今回は、「電動シェーバー+ウェットシェービング」のメリットと、シェービングクリームの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髭剃りの疑問「電動カミソリは髭が濃くなる」って本当!?

髭剃りをしているときに「髭の濃さ」が、気になることはありませんか。 朝しっかり髭を剃っても夕方...

髭剃りで深剃りするコツ!シェーバーの正しい使い方

髭が濃い男性の場合、なるべく「深剃りしたい」と思う方もいるかと思います。 しかし、シェーバーはカ...

髭剃りで肌荒れしやすい方に!敏感肌におすすめのシェーバー

髭剃りは毎日行うのが日課という男性も多いはず。 しかし、髭剃りの問題といえば「肌荒れ」ですね。 ...

髭剃りで人気のジレットを使い捨てと替え刃タイプでご紹介!

髭剃りのアイテムとして主流なカミソリですが、みなさんはどんなカミソリをお使いでしょうか。 「な...

髭剃りのウェットシェービング!ジェルと泡の違いについて!

髭剃りでウェットシェービングをする上では、シェービング剤選びも迷うところですよね。 特に、髭が...

髭剃りの刃はどのくらい使える?正しい交換のタイミングは?

髭剃りの刃は定期的に交換していますか? 剃り味が悪くならない限り、刃を変えるタイミングは意外と...

整髪料は種類が豊富!ムース・ワックスなどの使い方をご紹介

出かける際に、身だしなみとして髪の毛をセットする男性も多いと思います。 そんな人の中で、美容院...

髭剃りの刃は交換してる?交換タイミングと古い替刃の捨て方

皆さんは日頃髭剃りに使っているカミソリを、定期的に新しいものに交換していますか? 使い捨てでも...

髭剃りはとにかく深剃り!深剃りのコツとおすすめアイテム!

男性にも清潔感が求められる今の時代、髭剃りは男性の大事な身だしなみの一つですね。 しかし、髭の...

髭剃りするなら深剃りしたい男性必見!肌に優しい髭剃り方法

男性には毎日欠かせない髭剃りですが、「深剃りをしてすっきりしたいけど、カミソリ負けやニキビなどで...

髭剃りにシェービングクリームは必要?使わない方法もある!

CMやドラマ、映画などでよくみるクリームを使った髭剃りのワンシーン。 何となく見ていても、「実...

髭剃り用カミソリの人気ランキング!剃れるT字カミソリは?

毎朝の髭剃りにT字カミソリを使っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、カミソリにもたく...

毎日の髭剃りにおすすめ!肌弱い人にも大丈夫な髭の剃り方

肌の弱い人にとって、毎日の髭剃りは辛いですね。 そんなに強くやっていないのにヒリヒリしたり、ひ...

シェービングフォームの代用品!関係ないけどスライムって?

シェービングフォームを愛用している場合、きらしてしまったり旅先で忘れてしまったら、何で代用してい...

前髪を伸ばす方法ってある?なるべく短期間で伸ばす方法

ついつい、前髪を切りすぎて失敗してしまったことってありませんか? 前髪は顔の印象を大きく変えるも...

スポンサーリンク

電動シェーバーでの髭剃りは「ドライ派?」それともクリームを使う「ウェット派?」

毎日の髭剃りはどのような方法で行っていますか。

髭剃りをする方法は「ドライシェービング」と「ウェットシェービング」の二つあります。

「ドライシェービング」は、髭を濡らしたり、洗い流したりする必要がなく、場所を選ばずにどこでも髭剃りをすることができます。

電動シェーバーを使っている方は、手軽なこの方法で髭剃りをしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、肌が乾燥した状態のままで髭を剃るので、仕上がりのスベスベ感が劣ったり、肌トラブルを起こしやすいデメリットがあります。

一方「ウェットシェービング」は、髭剃り前に、シェービングクリームを使って肌を濡らし、髭に水分を与えてから剃る方法です。

カミソリを使う場合は、この方法での髭剃りがほとんどかと思いますが、電動シェーバーを使う場合はどうでしょうか。

肌へのダメージが少ない電動シェーバーなので、わざわざ「ウェットシェービング」をしていないという方もいると思います。

しかし、肌にやさしいはずの電動シェーバーでも、トラブルが起きないとは限りません。

電動シェーバーでの髭剃りでなぜ肌トラブルが起きる!?

前述のように、電動のシェーバーを使っている男性は、手軽なドライシェービングの方法で髭剃りをしているという方も多いでしょう。

そもそも、電動シェーバーは、刃が直接肌に触れないので、比較的肌へのダメージは少なく済みます。

しかし、肌とシェーバーの摩擦で、角質が剥がれてしまい、肌トラブルを起こしてしまうこともあるのです。

剃り残しをなくそうと、シェーバーを何度も同じ場所で往復させてしまったりする経験は、誰でもあるのではないでしょうか。

これは、肌にとって大きな負担となります。

また、切れ味の悪くなった刃を使い続けると、髭が引っかかりやすくなり、肌へのダメージを残します。

髭剃り時にヒリヒリしたり、髭剃り後に痒みや赤みを起こしたり、出血してしまうことはありませんか。

このような髭剃り負けのような症状は、皮膚が弱い人だけに限りません。

そんな方は、シェービングクリームを用いて、ウェットシェービングすることをおすすめします。

ウェットシェービングを試したくなるメリットは多くありますので、次項でご紹介しましょう。

「電動シェーバー+ウェットシェービング」のメリットとは!?

最近では、電動シェーバーでも「ウェットシェービング」に対応しているものが多く販売されています。

では、そのメリットについて見ていきましょう。

・電動シェーバーは、刃が直接肌に触れないのでカミソリよりも肌にやさしい

・ウェットシェービングは、ドライシェービングよりも肌トラブルを防ぐ

・シェービングクリームをつけることで、髭と肌が水分をたっぷり含み、髭が柔らかくなった状態で剃ることができる

・剃り心地が快適である

・肌とシェーバーの摩擦が小さくなり、滑らかな深剃りができる

・必要以上に角質を剥がしてしまうトラブルを防ぎやすい

・髭剃り後は、ツルツルした肌触りを実感できる

このように、「電動シェーバー+ウェットシェービング」にはメリットが多くあり、肌に一番やさしい髭剃り方法といえるかもしれません。

ドライシェービングをしていて、髭剃り時になんらかのトラブルを抱えている方は、一度ウェットシェービングを試してみてはいかがでしょうか。

「電動シェーバー+ウェットシェービング」のデメリットとは!?

「電動シェーバー+ウェットシェービング」にはメリットだけではありません。

デメリットについてもしっかり知っておきましょう。

・シェーバーの手入れをする必要がある

・刃がさび付く可能性がある

・髭剃りをする場所が限られる

・時間が掛かる

・シェービングクリームなどを準備する必要がある

このように、「電動シェーバー+ウェットシェービング」には、いくつかデメリットもあります。

しかし、髭の剃り残しや肌トラブルのない男性は、とても清潔感のある印象を与えます。

お手入れに多少手間はかかりますが、男性の身だしなみの一つとして、「電動シェーバー+ウェットシェービング」での髭剃りを試してみてはいかがでしょうか。

その前に、お使いのシェーバーが「ウェット剃り」「お風呂剃り」に対応しているモデルであることも、必ず確認してくださいね。

水洗いできるシェーバーであっても、「ウェット剃り対応」でないと故障の原因になります。

髭剃りの必需品!シェービングクリームの選び方!

ここでは、「電動シェーバー+ウェットシェービング」のときに活躍する、シェービングクリームについてご紹介します。

シェービングクリームは、どの商品もしっとりとした使用感があり、髭剃り後のかさつきが抑えられるのが特徴です。

肌を保護する働きがあり、滑らかなが剃り心地が実感できるでしょう。

選ぶときのポイントは、含まれている成分の内容です。

炎症や肌荒れに作用する成分や、潤いを守る成分、保湿成分など、含まれる成分が自分に合っているかチェックしましょう。

また、シェービングクリームには、泡タイプと、ジェルタイプのものが多く販売されています。

髭が濃く太い方には、泡タイプのものがおすすめです。

また、シェービングクリームを使っての髭剃りに慣れていない方や、髭剃り負けをしやすい方には、ジェルタイプのものをおすすめします。

このように、髭の濃さや肌質、目的を考慮して、シェービングクリームを選んでください。

電動シェーバーにも使えるおすすめシェービングクリーム!

シェービングクリームの選び方のポイントはお分かりいただけましたでしょうか。

それでは、たくさんある商品の中からおすすめのシェービングクリームをご紹介します。

【DHCforMEN:薬用シェービングジェル】

電気シェーバー専用のシェービングジェルです。

スキンケア効果の高い、薬用成分と植物成分が配合されています。

肌の弱い男性にもおすすめです。

【サクセス:ウェット剃りシェーバー専用ジェル】

こちらも電気シェーバー専用です。

うるおいの保護膜をつくり、肌の負担を抑え、ツルツルに仕上げます。

化粧水成分で、髭を柔らかくすることで、深剃りが実現できます。

【P&G:ジレットシェービングフォーム ピュア&センシティブ】

ほのかな香りのする泡タイプのシェービングクリームです。

たっぷりの泡が髭を包み込みスムーズな髭剃りができます。

いつもの髭剃りでヒリヒリしてしまう方におすすめです。

シェービングクリームは、カミソリでしか使えないタイプもあるので、電動シェーバーでも使えることを確認してから購入してくださいね。。

「電動シェーバー+ウェットシェービング」は手間を上回るメリット有!

「電動シェーバー+ウェットシェービング」が習慣化すると、肌の状態を良好にし、肌荒れやヒリヒリ感も徐々に抑えることが期待できます。

髭剃りをする場所が限られたり、手間は掛かってしまいますが、その手間を上回るメリットがあるはずです。

これまでドライシェービングでの髭剃りで、肌トラブルを起こしていた場合、ウェットシェービングをぜひお試しください。

 - 髭の悩み