脂肪でお腹がポッコリ!脂肪を少なくするマッサージ方法

みなさんのお腹周りはポッコリしていませんか。

顔や手足はスリムなのに、お腹だけ出ている男性は意外と多いですよね。

年齢を重ねるにつれ基礎代謝は低下し、脂肪が燃焼されにくくなっていきます

何も対策をしないままでは、どんどんお腹に脂肪が溜まっていってしまいます。

お腹の脂肪を自分でマッサージして落とせたらいいですよね。

そこで今回は、お腹の脂肪を落とすマッサージ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眉毛の幅は何ミリがおすすめ?ナチュラル眉毛を目指そう!

最近では、男性が眉毛を整えるということが当たり前になってきました。若かったころは気にしていた眉毛...

すね毛の処理には「すきカミソリ」を!100均商品がおすすめ

すね毛の濃さを気にして、処理しようと思っている男性はいませんか?ショートパンツのように足を出す服...

汗で前髪などが崩れる!その原因はワックスだった!?

汗で前髪などが崩れることがよくありませんか?くせの強い方ですと、汗により元のくせの前髪に戻ってし...

なぜエラは張るのか?エラの張りを解消する3つのポイント

エラが張っていると、顔が四角く大きく見えてしまうため、悩まれている男性も多いでしょう。しかし、エ...

石鹸ケースってどんなもの?持ち運びの方法をご紹介

毎日使っているお気に入りの石鹸を、旅行や出張などの外出先でも使いたいと思うのは女性だけでなく、男性も...

汗疹やニキビの跡が消えない!跡を薄くするケアアイテムとは

外仕事の男性も多く、特に高温多湿の季節は沢山の汗をかきますよね。その汗を放置すると、汗疹ができて...

男性の眉毛は何ミリが理想?バリカンで3mmのカットは可能?

最近の男性はとても「美意識」が高く、眉毛をバリカンで整えるという方も増えています。眉毛カット専用...

鼻毛のお手入れは慎重に!入口部分の処理だけで十分!?

不意に鼻の入口から顔を出す一本の鼻毛。これには、「99パーセント手中に収めた彼女の気持ちも離れて...

肌の古い角質や皮脂を取り除くには顔のパックがおすすめ!

肌に不要な皮脂や古い角質が溜まってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。男性の場合は女性...

ミョウバン水で靴を除菌!その他さまざまな消臭方法もご紹介

たとえどんなにイケメンだとしても、飲食店などで靴を脱いだ瞬間に足の臭いが漂うような人は幻滅してしまい...

眉毛の位置を下げるとイケメンに!イケメン眉を知ろう!

顔がのっぺりした印象であることにお悩みの方はいますか?もしかしたら、眉毛の位置が悪い影響を及ぼし...

加齢臭対応のボディソープをご紹介!資生堂と加齢臭の関係

「最近、枕が臭い…」と奥様に言われたことのある男性もいらっしゃるのではないでしょうか。40歳を過...

悩みのエラをなくす近道は「マウスピース」

男性の象徴ともいえる「エラ」ですが、顔が大きくみえてしまったり、角ばっていることでキツイ印象を与えて...

汗で服が黄ばみだしたら!脇や襟を真っ白に戻す方法!

汗っかき体質にお悩みの男性の方は、これまでにも衣服が黄ばんでしまった経験があるのではないでしょうか。...

オイリー肌向けのスキンケアアイテム!おすすめの市販品は?

男性は女性と比較すると、皮脂の分泌量が約2倍もあると言われています。一方、お肌に含まれる水分量は...

スポンサーリンク

男性は内臓脂肪が溜まりやすい

お腹の脂肪が気になるのは、女性だけではありません。

男性も、見た目で目立ってしまうポッコリお腹は気になりますよね。

ですから、知らず知らずにお腹周りをさすってマッサージしている方も街で見かけます。

きっと「少しでもお腹の脂肪を減らしたい」、という深層心理が表れているのでしょうね。

お腹の脂肪がつく原因には、単純に食べ過ぎや、加齢に伴う筋肉の衰え、運動不足などが考えられます。

女性は皮下脂肪が溜まりやすく、男性は内臓脂肪が溜まりやすくなります。

実は、男性につきやすい内臓脂肪は女性の皮下脂肪と比較すると、分解されやすく落ちやすい特徴があります。

その理由として内臓脂肪は、その名前の通りに、お腹にある内臓の近くにつくからです。

人間のお腹部分には、毎日フル稼働してくれている胃や腸がありますよね。

そのため、身体がエネルギーを必要とする際に、活用されやすいのです。

内臓脂肪とは反対に皮下脂肪は、内臓から離れたところにつきやすいので、即戦力のエネルギーとして活用されにくいので、一度身体についてしまうとなかなか落ちにくいのです。

お腹の脂肪を落とすにはどんな方法がある!?

お腹の脂肪は大きく2つに分類されます。

皮下脂肪と内臓脂肪です。

男性に多いポッコリお腹の正体は、内臓脂肪です。

前項でお話ししたように内臓脂肪は、身体から除去しやすい特徴があります。

今回は、マッサージでお腹の脂肪を落とす方法にスポットを当ててご紹介しますが、その他の基本的なことにはどんな方法があるのでしょうか。

●筋トレで筋肉量を増やし、基礎代謝を良くする

●カロリー密度の低い食事をとる

これらは当たり前のことだと思いますよね。

しかし、多くの人があまり効果的でない筋トレを行ったり、食事のコントロール方法を間違えているのです。

筋トレ自体の消費カロリーに大きな期待を寄せても、残念ながら簡単に痩せることはできません。

運動による消費カロリーは、「運動時間の長さ」と「運動強度」に比例します。

例えば、腕立て伏せを思い出してみてください。

運動強度は高いですが、運動時間は短いですよね。

筋トレはあくまでも「筋肉量を増やし、基礎代謝を良くするため」のものと考えましょう。

基礎代謝が良くなれば、太りにくい身体作りをすることも可能ですよ。

そして筋トレと同時に必要なことは、カロリー密度の低い食事をとることです。

カロリー密度の高い脂質は控えて、少しの糖質とタンパク質や食物繊維、水分を沢山含む食事をとることで、満足感も得られて、なおかつ低カロリーになるのです。

野菜スープ・味噌汁・赤身の肉・納豆・卵などを積極的に摂取しましょう。

お腹の脂肪を落とすマッサージ方法①

それではいよいよ、お腹の脂肪を落とすマッサージ方法についてご紹介していきます。

ついつい求めてしまいがちな即効性はありません。

しかし毎日継続することで、お腹の脂肪とサヨナラできるはずです。

何事もそうですが、根気よく継続することが大切ですよ。

「スリムなお腹は一日にしてならず!」です。

①みぞおちに両手を当てます。

下の方へずらしていき、時計回りに回して、脚の付け根部分に流し込みます。

②腰骨のすぐ上あたりから時計回りに回し、少し力をいれてマッサージし、脚の付け根部分に流し込みます。

③数回行なったら今度は回さずに、腰骨のすぐ上あたりからそのまま脚の付け根部分に流し込みます。

さするようにして、力をこめないように気をつけましょう。

④みぞおちの横から時計回りに、小さな丸を描くようにマッサージしましょう。

そして、鎖骨リンパ節に向かうイメージで流してください。

⑤腰骨のすぐ上あたりから、そのまま脚の付け根部分に流し込みます。

⑥お腹全体を時計回りに回し、脚の付け根部分に流し込みましょう。

お腹の脂肪を落とすマッサージ方法②

お腹の脂肪を落とすマッサージ方法はまだありますよ。

このマッサージ方法は洋服の上からもできます。

仕事の休憩時間などに、習慣化して行えるといいですね。

では、見ていきましょう。

①まず最初に、腸の動きに合わせてマッサージをしましょう。

この時、ひらがなの「の」の字を描くように回してください。

②次に、お臍の下あたりから始めて右側に引き上げて、左方向に持っていき肛門方向へ流し込んでください。

マッサージをする際は、人差し指から小指までを使いましょう。

ここで注意点があります。

それは、肩の力をいれすぎないようにすることです。

「効果を得るためにはちゃんとマッサージをしなければ!」と意識してしまうと、肩の力が入り過ぎてしまうことがあります。

あまり意気込み過ぎずに、リラックスしてマッサージを行ってくださいね。

③ ②を20回くらい繰り返します。

お腹の脂肪を減らせる呼吸法&マッサージ方法

ここでは、お腹の脂肪を減らすのに効果的な呼吸法とマッサージ方法をご紹介します。

「呼吸法でお腹の脂肪が減らせるの!?」と少し疑ってしまいますよね。

実は、お腹の柔軟性が良くなると脂肪が落ちやすくなるのです。

これからご紹介する呼吸法とお腹のマッサージを併用することで、お腹の脂肪は落ちやすくすることができますよ。

日頃の呼吸をちょっと意識して変えるだけですが、結果に違いが出てきますよ。

まずは、呼吸法のやり方です。

①3秒くらいかけて鼻から息を吸い込み、お腹を膨らませます。

②そして1回息を止めましょう。

③10秒~15秒かけて、口からゆっくりと息を吐いて、お腹をへこませます。

お気づきの方もいると思いますが、これはメジャーな腹式呼吸方法です。

常日頃から腹式呼吸を心がけている方もいるかもしれませんね。

腹式呼吸を行うことで、インナーマッスルが鍛えられます。

次は、マッサージ方法についてです。

先ほどご紹介した腹式呼吸と合わせて行いましょう。

①呼吸法の吐くタイミングに合わせて、お腹の左右をグーッと押しましょう。

②次に、息を吐きながらお臍の上もグーッと押します。

③ ①と②を5回~10回繰り返してください。

お腹のたるみを解消!リンパマッサージ方法

年齢を重ねることによって男女問わずに、お腹のたるみがでてきてしまいます。

たるんだお腹を見て、「歳をとったな…」と痛感する方もいるでしょう。

お腹のたるみの原因の一つに、むくみがあります。

ですから、内臓脂肪と同様にお腹のたるみも、マッサージでリンパの流れを良くしてあげることで、改善効果が期待できるのです。

最後に、お腹のたるみを解消してくれるリンパマッサージ方法をご紹介します。

①顔は正面を向いてキープしたまま、身体を横にひねりましょう。

②脇腹に両手を当てて、左右交互に絞るように動かしてください。

この時のポイントは「ギュッ!ギュッ!」とリズミカルにマッサージすることです。

③お臍の下に両手を置いて、お腹全体に大きな円を描くように、時計回りにマッサージしましょう。

指のお腹全体を使うように意識してください。

④両手の掌で、お腹全体を優しく叩いてください。

力強く叩くことは痛いだけで何もメリットはないので、絶対にしないようにしてくださいね。

女性と比較して、男性で悩んでる方は少ないと思われますが、便秘や冷え性改善にも効果が期待できますよ。

マッサージでお腹の脂肪を改善しよう!

あっという間にお腹に脂肪はつきますが、年齢とともにお腹の脂肪は落ちにくくなってきます。

しかし、今回ご紹介したマッサージを継続すれば、お腹の脂肪をスッキリさせる効果は期待できます。

マッサージと同時に、筋トレをしたり食生活に気をつけることも大切です。