髪の毛の量が多い!量が多くて悩んでいる男性はこれで解決!

男性は女性と違って、「ハゲたらどうしよう」と1度くらいは心配したことがあるのではないでしょうか。

髪の毛の毛量が少ない方も多くいらっしゃいますが、実は毛量が多い方もたくさんいます。

量が多いと「膨らむ」「頭が大きくなる」などの悩みが出てきます。

そうならないようにするプロのテクニックをお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

つむじの分け目を変えたい!毛の流れに逆らう方法

髪の毛の分け目を流す方向は、つむじの位置で決まるものです。ですが、つむじの流れにそって髪の毛をセ...

髪の毛で印象を変えたい!ショートはメンズの王道スタイル

メンズのヘアスタイルにもショートからロングまでいろいろなものがあります。ショートの中にもデザイン...

髪の毛にタオルを巻くと男らしさアップ!?巻き方をご紹介

暑い時期や、外仕事で働いている男性に多く見られるのが、頭の髪の毛にタオルを巻くというスタイル。実...

前髪の生え際から産毛が伸びない!もしかしてM字ハゲ?

男性の中には、生え際の後退によるM字ハゲに、頭を悩ませている人も少なくないと思います。「前髪の生...

前髪だけで印象が変わる!前髪をセットする簡単な方法!

顔の印象を決める前髪。朝、前髪のセットがうまくいくだけで、その日一日気分がいいものですよね。...

自宅でヘアカラー!初めてのセルフで失敗しないための方法!

セルフカラーリングは、何より安く簡単にできるので、節約しながらオシャレをしたい男性の方には便利ですよ...

パーマのやりすぎで髪の毛を溶かす?アミノ酸が重要な理由!

男性でも今はオシャレをする時代です。オシャレをするために普通にやっている「パーマ」や「カラー」。...

ドライヤーの冷風機能を使って乾かす効果が凄い!

ドライヤーには、温風と冷風の機能がついていますが、冷風は使わずに温風のみで乾かしている人は多いのでは...

クセ毛対策!汗で前髪がうねるときのセット方法と対処法

家を出てすぐに前髪がうねって、セットが崩れてしまうことありませんか?特に梅雨時期のじめじめしたと...

アデノバイタルシリーズ!スカルプトリートメントの使い方

資生堂というと少し高級なイメージがあり、品質がよく安心できるということで、幅広い層の方に人気です。...

薄毛の理想の髪型とはどんなもの?セット方法もご紹介!

薄毛でお悩みの方をさらに悩ませるのが「髪型」のようです。お洒落なヘアスタイルセットを参考にしても...

白髪も改善!メカニズムから知るドクタートウヒとは?

男性の皆さんは、若いうちを過ぎると、年齢を重ねていくごとに薄毛や白髪に悩まされますよね。薄毛では...

髪の毛にエクステをつけたい!おすすめの種類はどれ?

「今までの髪型に飽きた」「新たな自分を見つけたい」と思っている男性はいませんか。そのようなときは...

髪の毛がくるくるしてしまう原因は?癖毛の種類と対処方法

「髪の毛が癖毛で気になる」、「雨の日は特に髪の毛がくるくるになる」と悩んでいる男性はいませんか。...

いつまでも若々しく!白髪のリタッチをセルフでやってみよう

男性でも白髪が生えていると老けて見えてしまいます。白髪がなければもっと若く見えるという人もいます...

スポンサーリンク

髪の毛の量が多いのは男性だけ?

髪の毛は男性でも女性でも、それぞれ量や生え方が全く違います。

男性だけが多いのではなく、女性も毛量が多い方はたくさんいます。

量が多い方の主な悩みは「膨らんでしまう」ということです。

髪を切ってから1カ月もしてくると、どんどん全体が膨らんできてしまいます。

マメにカットをすれば、いつも清潔感を保つことができます。

しかし、男性の方で毎月美容室に通う方はどのくらいいるでしょうか?

美容師さんに聞いても、毎月来店する方は2~3割程度だと言います。

もちろん、美容室によって違うと思いますので参考程度にしてください。

つまり、毎月髪を切る男性は少ないということです。

では、毎月髪を切らなければこの悩みは解決できないのでしょうか?

家でもある程度悩みを解決できる方法を聞いてきました。

しかし、その前に大前提のことをお伝えします。

髪の毛の量が多い男性は美容室で1度切ってもらう

まず大前提としては、美容室で髪を切ってもらうことが最優先です。

髪の毛を切ってもらい、量が多いところを「たくさんすいてもらう」ことが重要です。

今は男性でも普通に美容室には気軽に入れるので、怖がらないで予約してください。

すくだけではなく、美容師さんのカットの方法で「持ちが良くなる」ことをしてもらいます。

ベース(土台)をしっかり切ってもらうことです。

このベースがしっかり切られていないと髪型は長持ちしません。

上手なベテランの美容師さんに切ってもらいましょう。

そして、この時にたくさん量を減らしてもらうことでしばらくはキープできます。

新人の美容師さんなどが切ると、ベースがしっかり切れない場合もあるそうです。

このベースは後々、長持ちするかどうかに大きく関わってきます。

ベースが悪いと2週間も持たなくなったりします。

キレイに切れていても、大体1か月しないくらいから徐々にまとまりが悪くなり始めます。

つまり、膨らんできたり頭が大きく見えてくる時期ということですね。

しかし、美容師さんに上手に切ってもらっていればさほど気にはなりません。

では、家でどのようにすれば膨らみを抑えられるのでしょうか?

徐々に量が多くなってきたら「ドライヤー」を使う

髪の量が多い方は膨らむ時期になると、イライラしやすくなります。

この時期の出かける前に「ドライヤー」を使うだけでも膨らみを抑えることが可能です。

どのようにドライヤーを使うかというと「上から抑えるように乾かす」だけです。

例えば、朝起きて髪の毛が寝ぐせで膨らんでいるとします。

男性はショートが多いので、寝ぐせはとてもつきやすくなります。

寝ぐせの特徴として「1度濡らさないと直らない」という特徴があります。

つまり、朝起きてから一度全体を濡らしてあげることです。

そして、全体が濡れた状態になったらドライヤーを上から抑えて乾かすと良いです。

髪の毛は外に外にと膨らんでいきます。

この時に、濡れている状態で上から抑えるとコンパクトに収まって乾いてくれます。

例えば、適当に下から上にドライヤーで乾かしてしまうと上に膨らんで乾きます。

乾かす方向によってボリュームを抑えてしまえば気にならなくなってきます。

ドライヤーの風向きを意識して乾かしてみてください。

男性は美容室に行きたがらない!

男性の方の中には、面倒で美容室に行きたがらない方も多いです。

髪の毛の量が多い方に限って、そういう方も多かったりします。

3カ月そのまま放置していても気にならないという方もいます。

しかし、量が多い方はそれでは見た目がとてもおかしくなってしまいます。

では、ある程度放置していても膨らみを抑える方法はないのでしょうか?

ドライヤーの他にもう1つだけ方法があります。

それは「セット剤」をしっかり使って抑える方法です。

量が多くて膨らみやすい方の髪の毛は、水分が少ない特徴があります。

その水分を髪の毛に補充するようにしてあげるイメージです。

例えば、水分の多めな柔らかいワックスを使うとボリュームが少し収まります。

しかし、柔らかいワックスの場合はセット力が少し弱いので崩れやすくなります。

そこで、水分が少ないのですが固めのワックスを使うとキープ力があるので長持ちします。

上からボリュームを抑えるようにつけると、引き締まりが出てスッキリします。

これで、2カ月くらいは持ってくれるのではないでしょうか。

髪の毛の量が多い部分は決まっている

髪の毛の量が多い方は、時間が経つにつれて膨らんでくるのが最大の悩みです。

ボリュームを抑えるためには、ドライヤーやワックスを使うと収まります。

しかし、3カ月ともなるともう限界が出てきます。

髪の毛は外に向かって、どんどん膨らみを出そうとしてしまいます。

周りからは「頭がすごい人」「ボサボサな髪の人」というようなイメージを与えてしまいます。

男性で3カ月髪を切らないという方も多いので、この場合でも抑えられないものでしょうか?

実は、髪の毛の多い部分というのは決まっています。

どこが1番多いかというと、サイドと後ろの部分です。

ここの部分がスッキリしていれば、見た目が全然変わってきます。

スッキリ見せるためには、美容師さんのカットが重要なのが大前提です。

重く残していなければ伸びてきたときにもある程度カバーできます。

量は増えてきますが、ドライヤーとセット剤でカバーできてしまうのです。

サイドと後ろを上からドライヤーで乾かせば大丈夫です。

逆にトップの部分は多少ボリュームがあるくらいでもバランスはおかしくありません。

トップもつぶれてしまうと、ヘルメットみたいな頭になるので気を付けましょう。

髪の毛の量が多い方はどの髪型が似合う?

髪の毛の毛量が多い方は、抑えることに専念してしまいます。

しかし、抑えるだけではバランスが悪くなってきます。

しっかりとした似合うバランスがあります。

一体似合うバランスとはどのようなものなのでしょうか?

上記でお伝えしたように、トップのボリュームはつぶれないほうがいいです。

つぶれると丸みが出てしまいヘルメットみたいになります。

理想の形は男女とも「ひし形」のシルエットが1番バランスが良く見えます。

つまり、ひし形に見えれば量が多くても少なくても関係ありません。

ボリュームを抑えるだけではなく、シルエットも意識してみてください。

美容室に行った時に美容師さんに「ひし形のシルエットにしてほしい」と注文すれば良いです。

あとは、髪質を見て長さなど細かいところを美容師さんがアドバイスしてくれます。

ベースをしっかり切ってもらえれば、ある程度長持ちする髪型になるはずですよ。

量が多い男性はマメにカットかドライヤーセット剤を使う

髪の毛の量が多い方は膨らまないようにするにはカットが大事です。

カットの質が良ければある程度長持ちします。

更に持たせるために、ドライヤーやセット剤を使ってボリュームを抑えましょう。

そして、ひし形の形を目指して髪型を作ってもらいましょう。

せひ、参考になればと思います。