歯ブラシのせい…?歯茎を傷つけてしまった時の原因と対処法

歯磨きをしている時に、歯ブラシで歯茎を傷つけてしまったことはありませんか?

本来ならば歯をきれいにするための歯磨きですが、そのやり方を間違えてしまうと逆に歯を傷つけてしまうことになってしまいます。

歯や歯茎などの口内は、全身の健康に密接に関わる大事な身体の一部です。

歯茎を傷つけてしまった時の原因とその対処法を知り、歯茎を傷つけないためのオーラルケアを目指していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前歯の隙間が茶色になっている!これって虫歯?その原因とは

「歯の隙間が茶色い」「磨いても茶色い部分が取れない」など、歯の悩みをお持ちの男性はいらっしゃいません...

歯茎の色でお口の健康度合いがわかる!あなたは何色ですか?

プライベートやビジネスシーンにおいて、爽やかな笑顔は重要です。そのため、最近では歯のホワイトニン...

舌で分かる健康状態!全体がつるつる?一部だけざらざら?

ご自分の舌を鏡で観察してみてください。舌の状態はどうなっているでしょう。つるつる、あるいはざ...

歯石除去を歯医者で受けよう!その予約から治療までご紹介!

口臭の嫌な臭いや、歯茎からの出血はありませんか?もしかしたら、その原因は歯石にあるかもしれません...

歯を白くする歯磨き粉!ライオン「ブリリアントモア」の効果

歳を重ねるにつれて、歯に汚れが溜まり黄ばみも目立ち始め、「歯を白くしたい」と願う男性は増えてきます。...

マウスウォッシュは使い切りタイプが便利!薬局で買えます!

仕事中での昼食後、できれば歯を磨きたいところですが、なかなか時間が取れないという方も多いと思います。...

入園で必要な歯ブラシやコップを入れる巾着は買う?作る?

お子さんが入園に必要な物のひとつに、歯ブラシやコップを入れる巾着があります。今では100均一ショ...

使いやすい歯ブラシホルダーは100均で手に入れよう!

お口の健康は歯磨きが基本ですね。歯磨きも大事ですが、歯ブラシも清潔にしていますか?毎日使う歯...

両親の歯並びは子供に遺伝するの?しないの?どっち?

歯並びで悩んでいるかたの多くが、子供に遺伝しないか気になるところですよね。父方も母方も歯並びが悪...

歯石除去にかかる料金はいくら?通院回数はどれくらい?

皆さんは歯石除去を行っていますか。放っておくと虫歯や歯周病の原因となる歯石は、定期的に歯科医院に...

歯ブラシに消毒は必要?紫外線は効果があるの?

毎日使っている歯ブラシ、きちんと消毒をしていますか?実は、使用した歯ブラシにはたくさんの菌がいる...

口臭?美白?用途に合わせて歯磨き粉選び!メーカー一覧表

歯磨きをする時には、大体の方は歯磨き粉を使っていると思います。しかし、皆さんは歯磨き粉をちゃんと...

歯ブラシが臭い!携帯用の歯ブラシを清潔に保つ方法と対策!

外出先や出張先などで、携帯用の歯ブラシを使っているという方は多いと思います。持ち運びには便利です...

歯磨き粉は掃除に使える優れもの!風呂の頑固汚れも落とす!

風呂掃除をちゃんとしていますでしょうか。「女性に風呂を見られることはないから汚れていてもいい」と...

外出時でもマウスウォッシュを!携帯に便利な容器をご紹介!

ビジネスマンの大事な身だしなみの1つに、口臭が挙げられます。そんな口臭ケアにオススメのアイテムは...

スポンサーリンク

歯ブラシで歯茎が傷ついてしまう原因とは?

歯磨きをして歯茎が傷ついた場合、最も考えられる理由としてあげられるのが「磨きすぎ」です。

ごしごしと力任せにブラッシングする、この磨きすぎの状況を「オーバーブラッシング」とも呼びます。

オーバーブラッシングでは歯の汚れは除去できません。

逆に、歯や歯茎を傷つけてしまうのです。

本来歯磨きは、歯ブラシの毛先で磨くことが重要です。

磨く時に力を入れすぎてしまうのは、使い古した毛先の開いた歯ブラシで磨いているようなものです。

毛先の開いた歯ブラシでは磨き残しも出やすく、歯磨きの効果が出にくいといわれています。

せっかくブラッシングしているのに、逆に歯と歯茎を傷つけている磨き方だなんて、悲しいですよね。

正しいブラッシングでは、毛先が広がらないくらいの力加減で優しく磨くのがポイントです。

歯茎が傷ついてしまうとどうなるの?

オーバーブラッシングは、歯ブラシで口内の粘膜や歯肉に傷をつけてしまいます。

また、その乱暴なブラッシングが続いてしまった場合には、様々な口内トラブルを生じさせる可能性が出てくるのです。

例えば、歯茎の後退です。

歯茎が従来の位置よりも下がり、エナメル質の内側の象牙質がむき出しになってしまいます。

歯茎が下がり象牙質が露わになると、知覚過敏になり、エナメル質よりも柔らかくて酸に弱いため虫歯のリスクも高くなります。

また、オーバーブラッシングが続くと、磨きすぎにより歯の根元がすり減って楔(くさび)状になってしまう「楔状欠損」にもなってしまいます。

これも象牙質が露わになることから知覚過敏の原因となり、ひどい場合には歯が根元から折れてしまうこともあります。

削れてしまったところは、元通りになることはありません。

間違ったオーラルケアを続けてしまうと、さらに状況は悪化します。

口内を傷つけない正しいブラッシングを心がけましょう。

歯茎が傷ついてしまった時の対処法

歯ブラシなどにより歯茎が傷ついてしまうと、その傷口から細菌が入り込み、歯茎が腫れてしまったりします。

市販の口内炎の塗り薬を塗って、傷口を保護してあげるのも一つの方法です。

悪化すると化膿し、歯茎の内側に膿が溜まる「歯肉膿瘍」なってしまうので、注意しましょう。

痛みが強い場合には、歯科医へ行くのが一番です。

膿を出して洗浄してもらい、抗生物質などを処方してもらいましょう。

その時に、歯茎が傷つかないような正しいブラッシング方法を教えてもらうのもよいですね。

また、口内粘膜への傷から「カタル性口内炎」にもなる可能性があります。

この口内炎はそのままにしておいても1週間程度で治りますが、口内が汚れているとなかなか治りきらないようです。

早めに治癒できるよう、低刺激のマウスウォッシュなどを利用して口内を清潔にしていきましょう。

歯や歯茎を傷つけない!やさしい歯ブラシの選び方

ここからは、歯を傷つけないためのオーラルケア用品のポイントを確認していきます。

オーバーブラッシングなどにより歯茎が傷ついている場合には、これ以上傷つけないためにも、毛先の硬い歯ブラシではなく柔らかい歯ブラシを選びましょう。

歯茎が赤く腫れていたり、炎症を起こしているような場合も、柔らかい歯ブラシのほうがより刺激が抑えられます。

柔らかい歯ブラシは歯肉への当たりがやさしいので、安心して使用できますね。

その分、歯垢の除去率は少し低くなるので、より丁寧な歯磨きをすることが重要です。

毛先が開いた状態の歯ブラシでは汚れの除去率が低下するので、歯ブラシは1か月に1本を目安に交換しましょう。

その人その人の口内の状況によっても、最適な歯ブラシは変わってきます。

一度歯科医で自分の歯の状況を診てもらい、虫歯予防・歯周病予防などの目的を伝えた上で、おすすめの歯ブラシを紹介してもらうのもいいですね。

自分に合った適切なオーラルケアのために、しっかりとした選択を行いましょう。

歯や歯茎を傷つけない!歯磨き粉の成分と選び方

歯や歯茎を傷つけないためには、使用する歯ブラシだけではなく、歯磨き粉もとても重要です。

まずは成分表示を見て、歯磨き粉を選択していきましょう。

歯や歯茎を傷つけないためには、研磨剤の入っていない歯磨きを使用するのがおすすめです。

市販の歯磨き粉の大多数には、「無水ケイ素」「リン酸水素カルシウム」「炭酸カルシウム」「水酸化アルミニウム」など、研磨剤としての成分が含まれています。

研磨剤には歯の表面にある汚れなどを落として歯をつるつるにする働きがありますが、その分刺激も強いので、知覚過敏であったり歯茎が傷ついていたり炎症を起こしている場合には避けたほうがよいでしょう。

そして、「ラウリル硫酸ナトリウム」などの発泡剤成分が入っている歯磨き粉だと、泡立ちがよすぎるため磨いた気になってしまいがちです。

ブラッシングをしっかりと行うためにも、発泡剤不使用の歯磨き粉を選びましょう。

また、歯磨き粉にはペーストタイプとジェルタイプがあります。

ジェルタイプの歯磨き粉は、殺菌成分や配合されているフッ素などの成分が歯に留まりやすいのでおすすめです。

歯磨きだけではなく口腔内の保湿ジェルや歯茎マッサージジェルとしても活用できる製品もあるので、より効果的にオーラルケアが行えますね。

歯や歯茎を傷つけない!電動歯ブラシの注意点

毎日のオーラルケアに歯ブラシではなく、電動歯ブラシを取り入れている方もいるでしょう。

電動歯ブラシは大きく2種類に分かれます。

一般的な歯ブラシのようなブラシが高速振動する「音波振動式」と、丸形ブラシが回転して汚れを書き落とす「回転式」です。

一般的に、音波振動式は刺激が少なく、歯や歯茎にもやさしいといわれています。

対して回転式は、音波振動式に比べて歯垢を除去する力は強いものの、歯茎への刺激も強めになってしまうようです。

歯茎をあまり傷つけたくない方は、音波振動式の電動歯ブラシがおすすめです。

使用するときも、ブラシを強く押しつけるのは厳禁です。

デリケートな歯茎や口内の粘膜を傷つけてしまうからです。

歯と歯茎の境目にブラシを斜め45度にやさしくあてると、歯垢の歯周ポケットの汚れも除去できます。

また、使用する歯磨き粉は研磨剤・発泡剤不使用のものがおすすめです。

歯の磨きすぎを防ぎ、泡立ちすぎずに、しっかりとブラッシングに取り組めるからです。

正しい使い方で電動歯ブラシの最大限の効果を引き出しつつ、歯や歯茎にもしっかりと配慮しながら使用しましょう。

歯や歯茎を傷つけない!正しいオーラルケアをめざそう!

「歯が大事」という認識が浸透し、熱心にオーラルケアに取り組んでいる方も多く存在します。

ただ、せっかく真剣にケアしているのに、その方法が「逆効果」であれば悲しいですよね。

傷つけてしまうと痛い思いをするというだけではなく、毎日毎日傷つけていくことで、元の健康な状態に後戻りできなくなってしまうかもしれません。

歯や歯茎を傷つけないオーラルケア製品を選択し、正しいブラッシングで大事な歯を守っていきましょう。