SOCIAL MEDIA

│オトコの悩み相談室

歯磨き粉を飛行機機内に持ち込みたい!その方法を知ろう!

2018.6.30

遠方や海外に行く際、旅行に向けて荷造りするのはわくわくしますが、その一方で少しややこしくなってくるのが、飛行機機内に持ち込む手荷物です。

「歯磨き粉って機内に持ち込めたっけ?」

実は、国内線か国際線を使うかで、液体物の持ち込み規則が変わってきます。

そこでこの記事では、歯磨き粉を含めた液体物の機内持ち込みについて、国内線、国際線とそれぞれにご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ストレスから口内炎ができるのは本当?口内炎の原因と予防法

「最近、仕事関係の飲み会続きで、口内炎がよくできて、食事をする時に痛い…」というお悩みをお持ちの...

歯ブラシを使い捨てられる!100均の便利で衛生的な商品!

100均で販売されている「使い捨ての歯ブラシ」を、旅行などで、上手に活用している人もいることでし...

歯ブラシを大切な人へのプレゼントに!高級でも価値はあり!

いつもあなたを支えてくれる家族や友達、彼女の記念日には、日頃の感謝を込めて何かプレゼントをしたい...

マウスウォッシュを携帯したい男性必見!薬局でも買える!

日頃から、口臭が気になる方や、仕事が忙しくて、昼食の後などにゆっくり歯磨きをする時間がないという...

舌をチェック!歯型がついていたら疲れのサインかも?

自分の舌をあらためてじっくり見たことありますか? あまり気にしたことがないかもしれませんが、舌...

歯を白くする歯磨き粉!ライオン「ブリリアントモア」の効果

歳を重ねるにつれて、歯に汚れが溜まり黄ばみも目立ち始め、「歯を白くしたい」と願う男性は増えてきま...

歯茎のマッサージしてますか?指を使った簡単な方法をご紹介

お口の健康のために、虫歯予防はもちろんのことですが、歯茎も気にしてみませんか。 健康な歯を保つ...

マウスウォッシュで清潔に!携帯用は薬局でも気軽に購入可能

自宅で使用することが多い「マウスウォッシュ」ですが、コンパクトなサイズになっている製品を持ち歩け...

高級歯ブラシ「ミソカ」その使用方法や口コミが気になる!

歯磨き粉を使用しない高級歯ブラシ「MISOKA(ミソカ)」をご存知ですか? 日本の職人が丁寧に...

歯ブラシの保管はどうしよう?職場での正しい保管方法とは?

食後に歯磨きの習慣がある方にとっては、お昼を挟む職場にも、歯ブラシを持参していることだと思います...

雑菌だらけ!?歯ブラシの除菌には哺乳瓶消毒用ミルトン

日頃皆さんが歯磨きに使っている歯ブラシですが、実は雑菌だらけになっているかもしれません。 歯ブ...

たっぷりついた舌苔の嫌な臭い!その原因と対策を知ろう!

年齢を重ねていくうちに、気になり始める口の臭い。 特に、飲酒が多かったり、喫煙をしている男性に...

歯ブラシスタンドが使える!無印の歯ブラシスタンド活用術

無印良品の中で人気商品の1つ「歯ブラシスタンド」をご存知でしょうか。 その名前の通り、歯ブラシの...

歯磨き男子は歯ブラシにこだわれ!ガムのおすすめはこれだ!

健康な歯を意識している「歯磨き男子」が、歯ブラシに求めるポイントはなんでしょうか? 歯垢をしっ...

歯ブラシ除菌は「紫外線」が効果あり!その実力とは!?

キラリと輝く健康的な白い歯は、爽やかで素敵ですね。 女性は、思いのほか男性の口元をチェックして...

スポンサーリンク

国内線の飛行機に歯磨き粉は持ち込めるの?

飛行機での移動時、国内線でも国際線でも、口腔ケアを常に気にかけている方にとっては、歯磨き粉を機内に持ち込みたいと考えるのではないでしょうか。

そこで、注意したいのが、機内に持ち込める規則が国内線、国際線で異なってくることです。

まず、国内線についてご紹介していきます。

国内線を利用する上では、歯磨き粉を含めた液体物に対して、国際線のような厳しい制限は設けられていません。

ペットボトル飲料、お茶などは、制限なく機内への持ち込みが可能です。

ただ、お酒の場合は、アルコール度数が24%以上から70%以下のものは、一人につき5リットルまでとされているので、お酒好きの方は注意が必要です。

また、歯磨き粉や化粧品、医薬品などに関しても、以下の条件下であれば機内に持ち込むことができます。

・一つの容器につき0.5kg、あるいは0.5リットル以下であること
・一人につき2kg、あるいは2リットルまでであること

以上のように、一般的な化粧品、普通の化粧品や歯みがき類であれば、特に気にする必要はありません。

飛行機を安全に運行するために、保安検査場ではX線検査機に通す必要がありますが、そこまで厳重なチェックは行わないでしょう。

ちなみに、飲みかけのペットボトル飲料に関しては、保安検査場でチェックが行われますので、それも頭に入れておくと良いでしょう。

では続いて、国際線で歯磨き粉を持ち込む場合を見ていきましょう。

国際線の機内持ち込み!歯磨き粉は制限対象!

飛行機で国際線を利用する場合、長時間空の上で過ごさなければならないので、なおのこと歯磨き粉を持ち込みたいと考える方もいることでしょう。

しかし、国際線は国内線とは違い、特に液体物に対して厳重な持ち込み制限があります。

液体物と言えば、基本的には液体状の物をイメージすると思いますが、ペースト状の物も液体物としてみなされます。

したがって、歯磨き粉も液体物として認識されます。

また、歯磨き粉以外にも、様々な食品や化粧品、衛生用品が制限の対象になります。

・飲料:お酒、お茶、ペットボトル飲料など

・食品:漬物、加工水産物、瓶詰、缶詰、味噌、ヨーグルト、ゼリー、アイスクリーム類など

・化粧品類:化粧水、下地クリーム、マスカラ、香水、口紅(スティック状ならば可)など

・衛生用品:ボディソープ、ハンドソープ、日焼け止め、ハンドクリーム、ジェル状リップクリーム、ヘアスプレーなど

以上が主な対象物になりますが、上記以外にも対象になるものが多くあるので、詳しくは利用される各航空会社のサイトでご確認ください。

では、このような制限下にある液体物を機内に持ち込みたい場合、どのようにして持ち込めば良いのでしょうか?

次項で詳しく見ていきましょう。

国際線の飛行機は注意!歯磨き粉などの液体物の持ち込み方

前項では、歯磨き粉以外にも、様々な物が液体物とみなされ、飛行機機内への持ち込みに制限がかかることが分かりました。

では、そのような液体物の持ち込みルールをご説明していきます、

・1つの容器につき100ml以下の容量

・複数持ち込む場合は、縦横40cm以内の「開け閉めが可能な透明の袋(ジッパー)」に入れる
 
・持ち込むことが可能な透明袋は1人につき1つまで

以上の持ち込み規定を満たさない物は、検査場で没収されてしまうので、機内で使わない物であれば、前もって預け入れ荷物に入れておいた方がベターでしょう。

特に国際線を利用する上では、当日その場でバタバタしないためにも、上記のような規定を事前に確認しておくことが大切です。

ただし、液体物であっても、上記のような制限をされずに、例外として持ち込むことが可能なものもあります。

では、どのようなものが制限されずに持ち込めるのでしょうか?

例外もある?国際線でも持ち込み制限のかからない液体物!

前項では、国際線において、飛行機機内への持ち込み制限が厳しい液体物は、規定されたルールに則っていれば、歯磨き粉でも機内に持ち込めることが分かりましたね。

その一方で、制限されずに機内に持ち込める、例外な液体物もあります。

例外として、それらの対象物は100ml以上の液体物であっても、機内持ち込みが可能になります。

主な例外品目としては、以下になります。

【子供用品】

・ミルク、水、離乳食、ジュースなど

【医療品】

・処方医薬品:医師の処方箋のある薬品

・市販医薬品:液状の風邪薬、胃腸薬、咳止めシロップ、鼻腔スプレー、コンタクトレンズ保存液、目薬など

以上が、制限されずに持ち込むことが可能な液体物ですが、いずれも飛行旅程に適した容量のみが許可され、それと同時に、セキュリティチェック時に申告が必要になります。

特に医療品に関しては、医師による診断書や処方箋のコピーを事前に用意しておくと、チェック時もスムーズに行えます。

また、出国手続き後に、免税店などで購入した飲み物なども、機内への持ち込みは可能です。

ただし、他の空港で乗り継ぎがある場合は、乗り継ぎ先の保安検査で破棄されてしまうことがあります。

したがって、免税店で液体物を購入したい際には、最終乗り継ぎ空港の免税店で購入した方がベターと言えますね。

国内線と国際線で持ち込みが禁止されているものは?

これまでに、国内線・国際線それぞれの、歯磨き粉を含めた液体物の持ち込み制限、そして、例外で持ち込める液体物をご紹介してきました。

それに加えて、国内線と国際線を利用する上で、飛行機機内に持ち込めないものもあります。

では、どのようなものが機内に持ち込むことができないのでしょうか?

具体的な例:

ナイフ
包丁
ハサミ
カッター
スキー用のピッケルやアイゼン
トレッキングポール
ゴルフクラブ
竹刀
サーフボード
先が金属でできている傘

上記のものなどが挙げられ、刃物類や先端が尖っているような、凶器となりうるものが禁止されています。

また、医療用品ではない酸素ボンベやガスボンベ、更に、殺虫剤、冷却スプレー、ガスライターなども機内への持ち込みはできません。

自分で判断することが難しければ、前もって利用される航空会社へ問い合わせてみるのも良いでしょう。

では、実際に機内持ち込みの検査が行われるとき、どのような流れでチェックされるのでしょうか?

次項でご説明していきます。

飛行機搭乗前に!保安検査場での流れを知ろう!

最後に飛行機機内への搭乗前に行うことを知っておきましょう。

基本的には、保安検査場でのボディチェックと、機内へ持ち込む手荷物の検査が行われます。

そこで、国際線に搭乗する場合のチェックを見ていきましょう。

①身に付けている以下のものは、X線検査装置に備え付けられたトレーに乗せてください。

・スマホ、携帯、時計などの電子機器類
・財布
・アクセサリーなどの金属類
・金属の装飾の付いたベルト
・チャックの付いた上着

また、ポケットの中もよく確認しておきましょう。

②バッグも備え付けのトレーに置きます。

歯磨き粉を含めた液体物は、先に述べたようなパッキングを施し、同じようにトレーに乗せてください。

また、バッグの中のPC、タブレットなどの電子機器も、バッグから取り出して別のトレイに乗せます。

③金属探知機ゲートをくぐります。

④ベルトコンベアーで流れてくるトレイを受け取ります。

以上が、保安検査場の流れになります。

また、保安検査場には廃棄箱がありますので、持ち込むことのできないものはそこで破棄されます。

持ち込み手荷物は、事前にしっかりと整理しておきましょう。

事前によく確認して素敵な旅を

飛行機機内へ液体物を持ち込む際には、国内線と国際線では制限ルールが変わってくることがわかりましたね。

事前にしっかり把握しておかないと、必要だったものが破棄されてしまったりなど、旅先で楽しむ前からがっかりしてしまいます。

旅行を満喫できるように、前もって国内線・国際線の持ち込み制限を確認しておきましょう。

 - 口臭の悩み